新築住宅の見学会で抑えておきたいポイント

対策/チェックポイント
スポンサーリンク

新築住宅の見学会には大まかに2パターンがある

失敗しないために、ハウスメーカーや工務店を探すための手段と一つとして実際に現物を見る
という方法があります、それが「構造見学会」だったり「完成見学会」だったりします。

「構造見学会」と「完成見学会」の2種類の住宅見学会の違いを知っておきましょう

この2種類の見学会では「工務店がどのように家をつくり進め、どのような家を完成させたのか」
までを知ることができ「マイホームを注文住宅で建てたい!」と考えている方の

家がどのようにつくられるのか?実際に見てイメージ出来ることに最大のメリットがあります。

構造見学会

住宅が出来ていく途中経過を見ることが出来るため、普段見ることが出来ないところを見たり
構造(納まり)又、その特徴を学ぶことが出来ます。

構造見学会は建築中の家を内装工事に入る前に身をもって見学できるため
完成後では隠れて見えないような範囲を現場で実際に見ることができます。

工事の進捗状況にもよりますが、現地では実際の家の建築中の様子を見学しながら
家の土台となる基礎の部分、家を支える柱の太さ、屋根を支える梁の部分、柱の連結となる桁や

耐震性を高める筋交いの部材など建築物の骨組みを構成する構造方法を見ることができます。
また、建築にかかわっている現場の工事に携わっている人からも話を聞くこともできます。

メーカーによっては来客時は職人さんが作業をやらないように指示するメーカーもあります。
そうなった時は話を聞くのが難しいかも知れません。

構造見学会では家がどのように建てられるかを学び安心安全を確認できます。

完成見学会

自分たちが家を造るにあたり、参考にしたいアイディアがたくさん詰まったところを見ることが出来ます。
なぜ、こうしたのか?なぜ、こういった物を使っているのか?

コンセプトやこだわりを実際の物をみながら確認できるところが最大のポイントです。
完成したばかりの家の施主様のご厚意でご入居前に工務店が施主様よりお借りして内覧しているものです。

見学会は実際にこれから住まわれる方の要望を取り入れた家の外観デザイン、外壁材、内装材
生活動線など家具の搬入前の住まいをみることができます。

そのため自分たちの暮らしを想像し参考にしたいところを見ることができます。
実際の広さ、大きさを実感できるので自分たちのイメージと照らし合わせて考えることが出来ます。

以上が住宅見学会の大きな2つの種類です。

家を建てるにあたり、失敗しない為にもメーカー、工務店を探すには
実際の「構造見学会」「完成見学会」のどちらにも足をはこんでみましょう。

現場見学会で抑えるポイント

見学する前に質問したいことをまとめておく

家つくりの建築工法や構造方法は工務店によって違いがあります。
初めての構造見学会に行く前に工務店のホームページを見てこの会社の建築工法や構造方法などを

あらかじめ分かる範囲で少しでも情報収集し自分が何を知りたいのか?
きちんとまとめた上で見学した方が現地で説明された場合でも理解が深まることにつながります。

今見学している住宅は標準仕様なのか確認する

家づくりの構造、設備は施主からの要望で床暖仕様であったり、耐震強化対策に柱の連結金具を強化
していたりします。水回りでも食洗器を追加でつけていたり、断熱を1ランク上のものを使用していたりします。

工務店、ハウスメーカーの標準仕様を知っておくことは家つくりの予算にもかかわってくる大切なことです。
「この家は標準仕様ですか?」と質問してみましょう。

断熱、耐震、資材、連結金具、音漏れなどの対策は確認しておく

(断熱性)

壁、ゆか、屋根に断熱材をすきまなく詰め保温性を高めているのが一般的です。
その断熱材や断熱方法には様々な種類があります。
断熱材通常材(16kg品)の厚さでは
床、壁は100㎜が一般的です。また、小屋裏はブローイングを吹付していて厚さは250~300㎜が一般的です。

(耐震性)

耐震対策には建築工法によってさまざまです。金物はどんな金物を使っているか?
また、筋交いなどの位置も確認しておきましょう。安心を確保するためにも是非確認するべきです。

(資材)

建築に使用される柱や床材は工務店によって太さも厚みも材料も国産であったり輸入品であったり様々です。
家を支える大事な柱は是非、確認しておきましょう。
在来工法においては柱の寸法は105×105という角材を使っています。
床材(下地材)では最近、ネタレス合板を使用している場合が多いです。
厚さは24㎜が普通です。

(連結金具)

柱と柱をつなぐ連結金具はどのように使われているのか、その特徴など是非担当の者に聞いておくべきです。
これもまた、安心安全を守るためにも確認するべき項目の一つです。

(音漏れ)

音に関しては2階からの1階への床音など気になるところです。これは自分たちの範囲の中ですのでいいですが
例えば、お子様がピアノを習っていて弾くことが多々ある場合などは
設計の段階で自分たちの間取りばかりを気にして近隣への配慮を忘れがちになる場合もあります。
この音漏れ対策が構造においてどのように対処してあるかを現地で確認してみましょう。
構造見学会でしか確認できない完成後隠れてしまう部分はしっかり見ておきましょう

大工さんの対応をみる

家の構造、納め方などは完成してからでは見えなくなってしまいます。
なので家の骨組みを作っている大工さんへの質問、会話を重ねることで
大工さんのこだわりやプライドなどを確認できたりします。
大工さんのちょっとした気配りや気遣いなどが家つくりに活かされています。
見えない部分を確認できる構造見学会だからこそ大工さんの家つくりにおける
こだわりや気づかいを確認できるのではないでしょうか。

気配りをして工事をしてくれているか

構造見学会では内装仕上げで隠れてしまう部分を見ることが出来るので床下や資材置き場など
見ることで丁寧な仕事をしていてくれているかを確認できます。
床下にタバコの吸い殻や木くずが放置されていないか、資材置き場が整理整頓されているか
ご近所への安全配慮など工務店が丁寧な仕事をしているかを確認してみましょう。

完成見学会で抑えるポイント

見学する前に質問したいことをまとめておく

家族でどんなマイホームを建てたいか、今暮らしている家で不満を抱えていることなど
そういった希望、また不満の解消をしたい!と思うようなことをまとめておくと良いでしょう。
自分たちの理想とする家つくりの要望と完成見学会で違う部分を見ることができます。
こういった違いを自分たちの要望に対し工務店、メーカーがどの様な対処をしてくれるのか知るこも大切です。 工務店の家つくりのこだわりですべてを対処していただけるとは限りません。
質問事項をまとめておくことは工務店選びがスムーズに進みます。

今見学している設備品は全て標準仕様ですか?

工務店、メーカーの住宅設備品の仕様の基準はそれぞれ違いがあります。
見学会場でのキッチン、バスなど設備機器が最初から設備されている場合がほとんどです
しかし施主様の要望で入居される方の暮らし方によってキッチンの高さを変更したり
キッチン設備品を標準から上級に変更したり、浴槽などを標準設備品からサイズ変更される方があります。
また扉やサッシなどの建材品も標準品から「断熱を強化したい」などの要望から変更される方があります。
工務店の設備品の標準仕様を確認しておくことは家つくりの予算にもかかわってくるとても大切なことです。

工務店の入居される方への気配りができているか確認する

完成見学会場はどんな方がお暮らしになるか確認してその暮らし方をイメージし入居者への気配りやこだわり
間取り、生活動線、階段、窓、ご近所への気配りなどができているか
自分たちの生活パターンと照らしあわせて確認しましょう。
特に窓の位置などは土地図面から設計された場合はご近所との視線に対する配慮に欠けている場合があります。
バリアフリー対策や様々な質問を工務店に尋ねその対応から工務店選びをしましょう。

自分と担当者との相性がよいか確認する

担当者との相性や質問への対応が真摯であるか確認しましょう。
特に直近の見込み客であるかを工務店担当者は探ろうとします。
丁寧な対応、要望を取り入れたくない対応など会話を重ねることによって
相性や工務店選びに大きく左右する
でしょう。
理想の家つくりを叶えるために自分たちの要望にどのように応えてくれるのかは自分と担当者との
相性がとても工務店選びに大切なことです。

丁寧な仕事であるか確認しましょう

見学会では室内での内装の仕上げや階段まわりやてすりなど細かい作業の部分が丁寧に処理されているかをみることはとても大切です。 目にあまり届かない部分まで丁寧に仕事されている工務店であるかを知ることは工務店選びにとても大切なことです。

見学会のおよそのながれ

見学会の探し方

工務店のホームページ、新聞折込チラシ、住宅情報雑誌などから見学会の日程と案内場所を探します。
(工務店は地元を中心に営業活動されていることが多いため
手始めにご自身の地元工務店のHPを確認するのも一つです

予約について

工務店によっては予約が必要なところがあります
予約が必要なところは工務店の案内対応を効率よく丁寧にお客様に案内したいためです。
また、個人情報の考えから工務店も施主様も内覧を本当に必要な方だけに絞りたいため
予約形式にして現地詳細住所は返しメールなどにされている工務店もあります

予約が必要でないところは工務店社員総出およびキッチン設備などの納入会社まで会場で案内に携わっています。

現地での注意したいこと
<構造見学会の場合>

柱や床が建築途中のため現地スタッフの指示に従ってください。
そしてサンダルやヒールで行くことはとても危険であり現地ではヘルメットを着用します。
服装にも気をつかいましょう。またお子様の同伴は避けましょう。
やもえない場合はお子様一人での行動はさせないようにしましょう。

<完成見学会の場合>

現地では玄関室内に入るとスリッパと手袋が渡されます 施主さまの完成ご入居前大切なご自宅となります。
スリッパと手袋は現地で用意していただけますがあまり建築物には触れないほうが良いかと思われます。
またサイズを実際に測ってみたい場合は布製のメジャーを持参しましょう。

現地でのアンケートは名前だけで簡単にしましょう

工務店は家つくりの見込み客を探しています。
玄関より入室されるときまたは見学を終えて帰るとき見学会場でアンケート記入をお願いされます。
たいてい住所、お名前、建築予定などですが工務店より後日ダイレクトメール送付および
「工務店の見込み客獲得」のためです。
個人情報をあまり記入したくない場合はダイレクトメールやこの工務店の家つくりの情報を
今後も知りたい場合のみ電話番号や住所、建築予定を記入しましょう 

私の経験から建築予定が2~3年後であればダイレクトメールは届きますが電話はほとんどかかってきません。

見学会の見方

見学会では予約してある場合は営業担当となられる方から丁寧に時間かけてご説明いただけます。
普通40分くらいかと思います。会場では質問にもしっかり答えていただくことができます。
予約を必要としないようなところでは各間取りの部屋および屋外にも社員の方が多数控えているため
質問には丁寧に答えていただくことはできますが完成見学会では
基本「自由にご覧ください」というスタイルです。
構造見学会では自由見学でなく案内係が同行します。
構造見学会、完成見学会ともできればご家族での見学をお勧めしますがお子様同伴は
危険がともなったり予期せぬ事故を防ぐためにも避けられたほうがよいでしょう 。

まとめ

見学会で必ず押さえておきたいポイントまとめ

構造見学会の場合

  • 現地での質問事項を事前にまとめておく
  • 「この見学会の家はすべて標準仕様ですか?」と質問する
  • 断熱、耐震、資材、連結金具、音漏れ対策は確認しておく
  • 大工さんの対応をみる
  • 丁寧な仕事であるか確認する

完成見学会の場合

  • 現地での質問事項を事前にまとめておく
  • 「この見学会の設備品すべて標準仕様ですか?」と質問する
  • 工務店の入居される方への気配りができているか確認する
  • 自分と担当者との相性が良いか確認する
  • 丁寧な仕事であるか確認するそれぞれの見学会でポイントを必ず確認していただければ
    きっとあなたのマイホーム作りを叶えてくれる工務店が見つかるでしょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました