新築住宅の購入、工事での相談、疑問は誰に・・?これを見たら一発解決!

目次

新築住宅で悩んでいる方を徹底サポート

今の時代はネットが普及し、住宅、建築、不動産にまつわる情報があふれています。
いろいろな情報の中には、参考になるものやならないもの

正しい情報、間違った情報がたくさんあります。
これから家を買われたり、工事をする予定のある皆さんは

情報がありすぎて、すごく悩まれていると思います。
そんな悩みを少しでも軽減するために、この記事を参考にしていただきたいです。

簡単新築計画は、経験豊富な住まい造りのコンシェルジュが、数多くの実績と経験を
してきたハウスメーカーや工務店の間に立ち中立の立場から

新築計画のアドバイスを無料でいたします。

【完全無料での新築計画】相談は無料です。

無料サポートに関しての質問

どうして無料で提案してもらえるの?

かんたん新築計画は、住宅メーカーの広告費で運営しています。
この広告費は、プランのお見積りに上乗せされるものではなく

後から別途いただく広告費となっています。
新築計画のサービスはお客様に対しては無料でご提供できるのです。

ハウスメーカーの営業はしつこいって聞きますが・・・

かんたん新築計画では、お客様とメーカーの間に窓口担当者が立ちます。
ご契約前のメーカーとのやり取りは、お客様にご許可をいただくか

お客様がご希望されない限り、窓口担当者が代わりに行います。
面倒なやり取りや、言いづらいことなど、すべて担当者にお任せください。

土地が見つからないけど、どうしても住みたい地区がある・・・

下記の事例のように、難しい土地探しにも対応しております。
諦めないでまずはご相談ください!

  • 「どうしてもここに住みたい」という方がいらっしゃいましたが
    不動産市場にはその地区の土地はありませんでした。
無料相談では、実際にその地域へ出向き
駐車場や空き家などを見つけて所有者を調べ土地を売らないか、聞いて回りました。
最終的には土地の販売を希望する所有者さんから
土地を売っていただくことができました。

私たちのようにフットワークが軽い会社ならではの探し方もあります。
不動産市場に販売情報がないからと言ってあきらめずに
潜在的な供給情報を探します。

3つの徹底サポート

プロの視点でアドバイス

住まいのコンシェルジュが、複数のハウスメーカーや工務店とあなたの間に立ち
中立の立場から新築計画のアドバイスをいたします。

ワンストップでサポート

予算やご希望から、あなたにピッタリの住宅メーカーを紹介させていただき
注文住宅新築プランの手配をいたします。

資金計画や土地探しも、ワンストップでお手伝いさせていただきます。

完全無料でお手伝い

ハウスメーカー、工務店のご紹介やプランの手配、注文住宅の資金計画や
土地探しのお手伝いは全て無料で対応いたします。

気軽にご相談いただけます。

よくあるご相談内容

新築マンションをこれから買う方・すでに買われた方

  • いろいろ声をかけているのですが、三社のうち何処に頼んだら良いか
    決定しかねています。家族同士の意見がバラバラだったり、
    又土地の活用や立地条件などの話もあるので相談にのって欲しい。
  • 間取りの話をいろいろしているのですが、打合せを重ねるごとに
    何が良いのか解らなくなってきます。客観的な意見が欲しい。
  • これから工事予定だが、住宅メーカーのクチコミで悪いものをみかけた。
    本当に大丈夫だろうか、注意すべきことを教えてほしい。

新築一戸建てをこれから買う方・すでに買われた方

  • 新築又はマンションを買う予定だが、どちらの間取りにすればよいか
    悩んでいる。新築住宅やマンションのパンフレットを見ながら
    どちらにすべきかアドバイスしてほしい。
  • 自分の予算や収入で住宅を建てられるのか解らない。
  • そもそもこの物件の金額は妥当な金額なのか?
    ある程度、知識のある方に相談をしたい。

中古住宅を買いたい

  • 買うか悩んでいるマンションのマイソクしかないが
    それを元にまずいところがあれば教えてほしい。
  • 中古戸建を2つの物件で悩んでいる。
    資産価値や建物性能など比較した上でどちらが良いかアドバイスがほしい。
  • 旗竿地の中古戸建を検討しているが、旗竿地は資産価値や様々な面から
    リスクが高いとネットに書いてあった。
    謄本やマイソクなどを見ながらアドバイスしてほしい。
  • 中古マンションの長計が赤字になっている。このまま買ってもよいか心配。
  • 仲介から物件を勧められたが、プロの目から見て、この物件買っても大丈夫?

不動産(売買や土地購入)に関するご相談例

所有不動産を売却しての住み替えについて
  • 何から始めればいいのか、買い替えをスムーズに進める手順を知りたい。
  • 次の住まいの購入資金のため、できるだけ高く売る方法を知りたい。
  • 所有している古いアパートを売却するか建て替えるか検討したい。
不動産の購入について
  • 自宅を買いたいけど時期や予算を悩んでいる。
  • 検討している物件について相談したい。
  • 戸建てとマンション、どちらが良いか相談したい。

新築無料相談の評判・感想

新築無料相談の3つのお約束!

1・住宅メーカーの見積に、当社の手数料などを上乗せすることはありません。

2・特定の住宅メーカーを強引に紹介することはありません。

3・アドバイスは致しますが、しつこい営業は一切しません。

【3つの条件を信頼出来たら!無料相談をしてみる】

新築計画の流れ

ステップ1

ご希望の条件について簡単なヒアリングをさせていただきます。
住みたい家の、間取りやご予算のご希望などをお聞かせ下さい。

ステップ2

窓口担当者がお客様と直接お会いさせていただき
さらに詳しいご希望を、ていねいにお聞きします。
自己資金や年収など詳しいお話をお聞かせいただき
住宅メーカー数社の紹介をさせていただきます。

ステップ3

あなたに合った住宅メーカーから、オリジナルプラン・資金計画のご提案。
一日で複数の住宅メーカーとお話できるようにお打ち合わせを手配いたします。
気に入った住宅メーカーとは、さらに細かく打ち合わせをしていただけます。

ステップ4

土地をお探しの方には、ご予算にあわせて住みたい地域の土地を探します。
お住まいになりたいエリアを決めたら、様々なルートから土地の情報をあつめ
ご希望のご予算の土地をお探しします。

お客様の声

土地が見つからず進まなかった住まいづくりが、やっと前に進みました

通勤時間があまりかからないようにしたいという条件で土地を探していましたが
なかなか見つからず住まいづくりが進んでいませんでした。
相談したらすぐに条件を満たす土地を見つけてもらえて
住まいづくりを進めることができました。

共働きで時間がとれない中、住宅メーカーを効率よく検討できました

3社の住宅メーカーを紹介してくれて、一日でまとめて話が聞けるように
スケジュール調整をしてくれました。
しっかりとプランを比較検討した結果
自分の希望にそって家が作れて満足しています!

売却を良い条件で進めてもらえ、資金計画が楽になりました

もともと住んでいたマンションの売却をお願いしたのですが、思ったより高く
素早く決めてもらえました。
おかげで希望通りの新築計画をたてることができました。

担当者のサポートが心強かった

住宅メーカーの営業マンに対して、私が言いにくいことは
担当者の方がはっきりと伝えてくれるので、安心して任せることができました。

かんたん新築計画相談が選ばれる理由

 

面倒なやり取りは丸投げでOK!

複数のハウスメーカーを検討している場合や、一括見積サイトへ登録すると
何社もバラバラに連絡してきて対応が大変ですよね。

かんたん新築計画では、当社の窓口担当者があなたに代わって
面倒なやり取りをすべて引き受けます!

何社にも同じ要望を伝える必要もありません。
当社担当者が、あなたの要望をお聞きし、各ハウスメーカーを手配いたします。

メーカーにお断りの連絡を入れる際も、当社担当者にお伝えいただくだけで
当社からメーカーへ連絡いたします。

ご要望にあったプランを探せます!

経験・知識が豊富なコンシェルジュが、ご希望に合ったハウスメーカーをご提案!複数のハウスメーカーから具体的な提案を受けていただけます。

複数のプランを比較することができ、ハウスメーカー担当者とも、
当社のコンシェルジュともご相談いただけます。

二世帯住宅賃貸併用住宅店舗併用住宅などもお任せください!

土地探しも同時進行でスムーズに進みます!

注文住宅を建てる土地が決まっていない方には、
土地探しも当社の窓口担当者がお手伝いいたします。

土地・建物を窓口担当者が一括して行いますので、予算に合わせて
スムーズに進みます。

住まいづくりをトータルサポート!

家づくりだけでなく、住んでいるマンションなどの売却のご相談、
建て替えなどの際には建物の解体の手配、所有物件の賃貸経営のご相談や

仮住まい
のご紹介なども。
住まいづくり・住み替え・建て替えに関することをトータルサポート!

※お住まいの地域や建築予定地によっては、サービスの一部が提供できない場合がございます。予めご了承ください。

土地をお持ちの方で新築プランと資金計画だけ手伝って欲しい
そんな方にも丁寧に対応しています。お気軽にお問い合わせください!

提携ハウスメーカー・工務店

  • アイフルホーム
  • アキュラホーム
  • 川島建築事務所
  • 旭化成ホームズ
  • 大和ハウス
  • 三井ホーム
  • 日本ハウスホールディング
  • パナソニックホームズ
  • 住友林業
  • 長谷川建設

他・・・・・

「ハウスメーカー」にはローコスト住宅を得意にしている企業もあれば
ハイスペックな仕様の高級住宅を得意とする企業もあります。
いずれも、お客様のために「品質管理」「安全管理」の
基準を設けている場合がほとんどです。

ハウスメーカーに依頼するメリットは具体的には以下の通りです。

・品質が保たれやすい
ハウスメーカーは、世界共通の規格であるISO9001(※2)を
取得している会社も多く
全国の支店でバラツキなく高い「品質管理」が行われています。

(※2)ISO9001とは、企業などが、顧客や社会などが求めている品質を備えた
製品やサービスを常に届けるための仕組みについて「国際標準化機構(ISO)」が
定めた、世界共通の規格のこと。

・独自の技術工法などを持つハウスメーカーもある
メーカーによっては開発・研究施設を所有しており
独自の技術工法や仕様・デザインなど他社にはない
オリジナル住宅をブランド化しているハウスメーカーもあります。

・ローンの審査に通りやすい傾向がある
木造や鉄骨造など「特化した構造体」を得意とし
耐震基準を高く設定している場合が多いので
フラット35などの基準に比較的通りやすい傾向があります。

では、ハウスメーカーに依頼するデメリットも考えてみましょう。

・要望が伝わりにくい可能性がある
ハウスメーカー内では、担当が「営業」「設計」「工務」と
部署ではっきり分かれているため、社内での連携がなされてないと

施主側の要望が伝わらないケースが出てきます。
ほかにも、担当者の異動が多いハウスメーカーの場合は

竣工後、長い年月が経つとメンバーが変わってしまう可能性があります。
施主側の思い入れがある施工箇所や、経緯を知らない方が

担当者となることもあります。
数年後メンテナンスの際などに、当時の状況は

図面や議事録のみで判断されることになってしまいます。

・自由度が低い
ハウスメーカーは自社設計・施工が基本です。
建築基準法のレベルより厳しく設定していることも多く
自由設計に限度があることがデメリットとして挙げられます。

・価格が高い場合がある
会社の規模が大きいので、価格のなかに「本社経費」「支店経費」「広告宣伝費」「開発費」などが盛り込まれる分、割高になることがあるようです。

続いて工務店のメリット・デメリットを見てみましょう。
最近では、大手ハウスメーカーのように支店を各地に配置したり

規格型住宅を開発している工務店もあります。
よって、この記事での工務店は「地域密着・地元工務店」とします。

・設計の自由度が高い
工務店は自由な設計が可能で、専門的な設計が必要な場合には
建築設計事務所とのコラボレーションができます。

基本的に木造を得意とする工務店が多いですが
予算・住まい方・地盤の特性・用途地域の内容・必要な階数など

施主側の要望に合わせて木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の選定ができます。
また、工務店や設備機器メーカーによって仕入れ値の違いはありますが

基本的に全メーカーへの対応が可能なので
施主側の希望に沿ったキッチン・バス・トイレなどが選定できます。

・長期的なお付き合いが見込める
地域・地元密着という特色から長いお付き合いができるので
ライフスタイルの変化に合わせた改修や急なトラブルなどへの対応が柔軟です。

総じて、工務店に依頼すると自由度が高いので
家づくりのイメージがついていない人やこだわりがない人にとっては

工務店は合っていないかもしれません。
では、他にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

・工務店に依頼するまでの判断がつきにくい
今までの施工例を公開しているケースが少なく
工務店の力量やデザイン力を把握するのが難しいようです。

また、長年同じデザイン、工法で建て続けている会社が多く
最新の省エネ技術等に対応できていないケースがあります。

・融資に関して自分で動かなければいけない
さらに、住宅ローンへのアドバイス力が低い工務店もあり
銀行ローンやフラット35などの金利確認や支払い回数など
施主側が自身で動かなければ分からないこともあります。

ハウスメーカー、工務店どちらに依頼する場合も
自分たちに合っているかどうかが一番大切です。

住宅に求める条件を洗い出す
ハウスメーカーや工務店と打ち合わせが始まると、さまざまな提案をされるので
何が必要で何がいらないか混乱してしまうこともあります。

最初にご家族で方針を決めておくことが重要です。
以下のような点を事前に話し合っておきましょう。

作業1:
お金をかけたい部分・仕様と安くてもよい部分・仕様を分けておく
例:外壁 床材 断熱材 住宅設備機器 省エネ性能 耐震性能
バリアフリー仕様の有無など

作業2:
求める外周デザインのイメージを固める
例:一世帯・二世帯・三世帯での住まい、必要な部屋数、駐車場の有無(台数)
バルコニーの有無(設置場所)、オール電化かガス併用か
(特にキッチンのレンジ)など

メリット・デメリットを参考にどちらが合うか考える
インターネットや雑誌で、住宅展示場、工務店が開催する
見学会などを小まめにチェックして、希望に近いハウスメーカー
工務店に相談してみましょう。

家は傷むものですから、5年後・10年後にすべきメンテナンスの内容・費用なども
購入前に考えておく必要があります。

そのなかで長くお付き合いができるハウスメーカーや工務店と出合えるよう
地域の特性と合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

以下の項目をハウスメーカー・工務店選びの際、参考にしてください。

□信頼性、実績はあるか
よい会社とは単純な施工物件数の多さではない。
1件1件への思い入れがあるかどうか。
(大きな会社にとっては、多くの中のたったの1件だが
施主側にとっては1件がすべてである)

□品質、デザインは自分の要望に合うか
ハウスメーカーによっては材料のメーカーが規定で決められている会社もあるので
設備機器で幅広いメーカーの選択が可能であるか確認を。
また、施工実績からデザインの方向性や得意な外装材もチェック。

□費用は要望に合うのか
契約前の見積時に、地盤調査による杭工事の有無や仕様グレードが上がることによる施工費アップなどの可能性の説明などが詳しくあるか。
また、コストダウンする際の提案力があるか。

□アフターフォロー、保証期間の有無
10年瑕疵担保責任での保険加入になるが
瑕疵工事ではない不具合などへの対応をしてもらえる保証期間は何年間なのか
アフターフォローで1年点検・5年点検などがあるかなど。

□担当者と自分との相性
設計打ち合わせなどでは家族のキーパーソンの意見が取り入れられがちだが
ほかのご家族の意向も組み入れられる営業・設計者であるか。

報告・連絡・相談が書面などでしっかりと行われ、個人情報保護が
徹底されているか。
また、連絡後の返信などが早く返ってくるかなど。

ハウスメーカーや工務店を選ぶ際、まずはどのような家にしたいのか
仕様はどのようにするのかといった要望やイメージを持つことが大切です。

そのうえで、希望(予算・仕様など)に一致した依頼先を探さないと
ハウスメーカー・工務店側の提案に流されてしまうこともありますので

住んだ後に後悔しないよう中立の立場の人を交えて話し合いをすることが大切です。

(完全無料!新築計画の申し込み・ご相談)

 

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG