ハウスメーカーと工務店・・・実際の金額の差をズバリ比較

対策/チェックポイント
スポンサーリンク

ハウスメーカーと工務店なぜ工務店の方が安いのか

この記事内でもメーカーと工務店のメリット・デメリットを検討してみましたが
今回は価格の違いについて検討してみたいと思います。

最近は皆さんも住宅を建てるときは、勉強してきてるので
(ハウスメーカーが商品化してるプランでそのままの条件で家を建てた場合を除く)

希望の間取で住宅を造るのであれば工務店の方が安い!

とイメージが少しづつですが知られてきています。

それでも、やはり【ハウスメーカー = 安い!】というイメージの人がまだまだたくさんいます!

何故、安いと思ってしまうのか?

坪での価格で言うと坪40万円代、もっと言えば40万を切ってるなんてところもあります。
それはあくまで建物本体だけの価格表記だということを頭に入れておいてください。

照明器具、設備、申請等、調査、杭打ち・・その他費用は一切含まれていないということがほとんどなのです。
ちなみ自社では各建材、器具等のグレードは普通以上くらいのものを標準としてますが坪56万前後です。

以下に書く【工務店】での金額
照明器具、設備、申請等、調査、杭打ち・・その他費用を全て含んでの金額です。

ただし、杭打などのは住宅を建てる前に調査をしなければならないのです。
そういった費用は、業者にもよりますが先にお支払いしていただくか、完成後に

まとめて支払いいただくか、その業者によって違うととは思います。
もし、最終的にその業者で「建てたくない」と思っても。そのデータを他社の業者に渡せば

その業者は調査をしなくていいいので結局は金額に差はないのです。

話を戻しますが当然、仕様の変更でもっと下がったり、上がったりすることはあります。
坪だけの話だと、照明器具、設備、申請等、調査、杭打ち・・その他費用を

含むと含まないとでは異常なほどの差がでます!

 

以下で説明する数値にはすべての物が含まれています。※カーテンのみ別途になります。

これは実際の話です

自分に某ハウスメーカの住宅を買おうとしていた知り合いがいて相談にのって欲しいとの事でした。

 

このプラン(有名ハウスメーカーの提案)の内容なんだけど実際どうなの?
プランは一か所、気に入らないないのがあって金額もこんなもんかな~!!

とは思ってるんだけど、どうなのさ?

どうなのさ?って言われても、自分が納得してるんであればいいんでないのwwなんて返答をしました。

でも、比べる意味でも俺の納得のいくプランを作って金額を出してみてもらえる?

解った!

 

こんなようなことから、とりえあえず見積もりをしてみることにしました。
打合せを何回かこなして12日位で見積もりが出来上がりました。

結果以下の金額となりました。

 

金額はほぼ一緒と言っていいくらいですが内容が違うことを是非見てほしいです!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【ハウスメーカー】

決まったプランで31坪で土地(500万)建物(2300万) 2800万

内 容

1F・居間、ダイニング12畳程度・キッチン・洋室4.5畳・吹き抜け・UT・トイレ

2F・洋室5.5畳が2つ・寝室6畳+2畳ウォークインというプラン!

【 工 務 店 】

要望を取入れたプランで40坪で土地(500万)建物(2350万) 2850万

内 容

1F・居間、ダイニング15畳・キッチン・和室4.5畳・パソコンルーム・書斎収納室・サンルーム・UT・トイレ

2F・トイレ・洋室7.5畳2つ・洋室6畳・寝室7.5畳といったプランでした!

結果、消費税すべて込で2350万程度となりました!
カーテンのみ別途となります。

プラス50万となりましたがほぼ同じ金額で建物が出来るという結果でした。

 

みなさまならどちらを選ぶでしょうか?

これには個人差があると思います。
やはり一流で名の知れたメーカーでないと信頼できないと思う人もいると思います。

その一方で、知名度が高い方が安心できるけど、絶対こっちの方が値段的にも部屋的にも
満足できると思われる人もいるのではないでしょうか?

なんでこんな差が出るの?

ハウスメーカーと工務店が建てた
同じような外観、面積、間取り、内装材、設備の住宅が2棟あるとします。

この場合、2棟にはある程度の価格差が発生し、もちろんハウスメーカーの方が高くなるはずです。
その理由は、大きく以下のような理由にまとめられます。

  1. 住宅を構成する素材による価格差
    ハウスメーカでは自ら資材を開発し生産しているケースも あります。 詳細は検証、開発費用などがあげられます。
  2. 売上高や人員などの規模による価格差
    メーカーと工務店の違いで分かりやすいのが、売上高や人員などの規模です。ハウスメーカーの場合、出張をはじめとしたさまざまな経費が発生します。
  3. 広告費や展示場出展などによる価格差
    メーカーでは自社のアピールに使われる広告費、その他展示場、モデルルーム、その建設費用、運営費用など。当然ながらそれも建築費用の一部となります。
  4. アフターサービス・メンテナンス費用で生じる価格差
    メーカーではアフター専門のスタッフが多く存在します。
    その人の人件費、事務所。光熱費、通信費などの運営費用も
    当然ながら建築費用に含まれてくるわけです。
  5. 販売戦略の違いに伴う価格差
    近年メーカーは高級路線にシフトしており、
    ゼロエネルギーハウス!親しみがあるのはみなさんも聞いたことがあると思うのですが、イゼッチハウスなんで宣伝をみたことりませんか?要はゼッチハウスのことです!
    使った光熱費等を太陽光などを設置しその発電した電気を売った分で±0にしようという考え方をいいます。それに対応するための初期費用、研究費も当然含まれてきます。
  6. 他に価格差が生じる原因
    よく聞く話ですが、他社が作成した図面、見積もりを見て
    「うちならもっと安くできますよ」という感じです。
    設計、見積もりにに対する手間(経費)は一人で行うと1週間以上はかかります。
    なので見せられた業者からすれば儲けもので、当然安くできるというわけです。
    いわば後出しジャンケンのようなものです。

①~⑤についての経費、研究費、広告費などが建築費用に
含まれてくるので結果、工務店が安くできるということになります。

というようなことで割高になると言ってもいいでしょう。

まとめ

どの工務店、ハウスメーカーでもいいのですが、
最近家を新築したという人は、最終的にお客様が支払った値段を坪で割ってみてください。坪いくらになっているのか、確認してみるとのも一つだと思います。

又これから家を建てるという人は、メーカーとメーカーを比べるのではなく
だまされたと思って、メーカーと工務店の比較をしてみてください。

その業者で建てるか建てないは、あとで決めればいい事なのです。
もし、知名度、会社の規模に拘りをもっていなければ検討してみる事をお勧めいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました