冬場の住宅の基礎工事はリスクを負う!?そして金額も変わる!

冬場の工事での一番のリスクは基礎の工事あります。
北海道(積雪のある地域)の場合、基礎も上物もそうですが、基本寒冷地仕様となります。

ピンとこない人は車を例に言うと、なんとなく解るかもあしれません。
北海度(寒冷地)で車を買うと、バッテリー、水系を送り込むポンプなど強化する必要があります。

なので同じ車を買っても値段が違うと感じたことがありませんか?
寒冷地を意識したことがない人はピンとこなところもあるかもしれませんが。

住宅(住宅の工事だけに限りません)においても同じことが言えます。
コンクリートはもちろん、建材に関しては(外壁材、サッシ、その他いろいろ)

基礎に関しては温度補正によるコンクリート強度の割増しなど
なので、東京と北海道で同じ大きさ、同じ間取り、同じ形(基礎の場合、土の中に埋め込む深さが違うので

地域によって形状(形)が変わります)で作った住宅だとしても
基礎だけでも数十万という金額の差は
当然ながら出てきます。

そういった違いから、基礎だけに限らず金額に大きな差が出てくるのです。

冬場の住宅工事での基礎に対してのリスク

寒冷地では、外気温によってコンクリート強度を使い分けます。
外気温が低いほど、コンクリート強度の高いもので施工します。

そもそも寒い時期に施工するコンクリートを「寒中コンクリート」と呼んでいます。
寒中コンクリートは、コンクリートが凍結する恐れのある期間に施工されるコンクリートのことで

日本建築学会において、しっかりとした施工指針にもなっています。
つまり、冬場のコンクリートにとって「非常に危険な時期のコンクリート」なのです。

かといって、適正な処理をすればそれほど危険なものにはなりませんので安心してください。
ただ、リスクの事でいうと通常の季節とはちがって、高くはなってくると思います。

又、上記でも言ったように、コンクリートに補正をかけて凍結を防止することとは別な方法として
凍結防止剤を直接コンクリートに混ぜて対処する方法もあります。

現場的にはリスクを回避する方法はあっても、以下で述べることは
どうしても回避出来ないことがあります。

それを頭に入れておいてください。

金額に対してのリスク

まずは全く同じ建物を建てようと思っても、たた冬場に建てたというだけで
金額が変わってくるということです。

これは、建て主からしてみたら重要なことですよね。
10万とかのレベルじゃないんですよ。

我慢出来るのであれば、特に基礎工事関しては冬の時期は避けて
春、夏、秋(秋でも気温が低くなる前)の季節に工事をすることをおススメします。

金額が変わる大まかな理由

基礎工事は地域によって、工事金額が変わってきます。

  • 地面への凍結深度があり地面より〇〇㎝以上基礎を埋め込んでください。
    というような規定があるからです。当然、基礎が深くなることによって
    基礎の深さの違いによって鉄筋、型枠、コンクリートなども変わります。
    それに関わってくる、手間なども費用として割り増しとなっていくのです。
  • 現場の養生(冬季養生ともいいます)これは、コンクリートの温度を下げないようにするためです。
    そのために、外気温は5度を下回ることのないように、基礎を全面養生(テント、シート等の囲い)をして
    その内部を集中的に暖房をし24時間テント内を暖めなければなりません。
    場合によっては、コンクリート内に熱線を埋め込んで内部からも暖める方法をとります。
    北海道は、最低気温が-10度を下回りますし、場合によっては-30度付近まで行きます。
    確実に大丈夫と言える施工をするには、それなりの経費をかけないと無理だということです。
    なので、テントを作って、ジェットヒーターを24時間つけてなどを行う人件費、電気代、暖房器具
    灯油代、夜間の見回り人などの経費が当然お客様の負担となってきます。
  • コンクリートには時期により温度補正(強度の割増し)がかかってきます
    強度を変えるだけで金額も変わってきます。
    又上記でも少し触れましたが、寒中コンクリートではまた費用が変わってきます。
  • 当然、現場では安全を確保するため、足場上の除雪作業はもちろん
    敷地内の除雪、駐車スペースの除雪などをしなければなりません。
    通常、冬場の工事は経費として上乗せされます。

施工、仕上がりに対してのリスク

当然、寒さ対策を完璧にしていれば、施工的には問題はないのです。
そうは言ってもいろいろとあるのです。

予算の事でいうと!
最終的に結局なくなる仮設(煖房するだけ)のために数十万も多く払えない。

自然現象のことで言うと!
注意を払って施工しているものの
強風でシートに穴が開いて室内気温がさがった!
雪でシートが押しつぶされた!
など、まれにあるのです。

基礎施工に対してのリスク

  • 雪が鉄筋、型枠の中に入ってしまうため、そこにコンクリートを流し込むと、雪の部分、氷の部分
    だけが空洞になってしまいます。
    当然、基礎の強度が保てなくなりますので、基礎を作る観点から見ると、品質的には落ちてきます。
    業者場としては温水を流し雪、氷をとかして施工します。しかし、その瞬間、鉄筋に冷やされた
    温水が凍り付き、コンクリートと鉄筋との付着がうまくいかないことがあったりします。
    コンクリートの温度でカバーできると思いますが、完璧ではないのです。
    ※これに関しては、お客様の予算だったりで囲いが出来なかった場合の想定です。
  • 現場周辺、現場内、作業場の除雪による経費、また、工期の遅れが生じてきます。
  • 最後の基礎の仕上げ(モルタル)が凍結して、剥がれてくる。
    水性塗料もモルタル同様です。
    油性だと問題ないのですが、最近は環境問題で水生の塗料が使用されるようになってきました。
    当然、水生なので凍結します。

その他リスク

  • 基礎が終わり養生を撤去してしまうと、これからやる大工さんは壁を張るまで
    野ざらし状態になります。当然、大工さん寒いんです。プロだと言っても寒いんです。
    そうなると、その状況から逃れるため、少しでも早く終わらせたいという心理が働きます。
    どんな優秀な大工さんでも乱れが生じるものです。
  • 木材に関しては、冬場は乾燥しています。今では住宅に使う木材は乾燥材を使って建てられています
    そうはいっても、木は伸縮を懲り返します。冬場に建てると伸縮した状態の木材を使うことになります
    そうなると、温かくなると当然膨張してきます。
    クロスの入れ隅に隙間が生じてきたりするのが、そのためです。
    どちらかと言うと膨張するより、伸縮する方が仕上げに対しての影響はすくないのです。
  • 外回りの外壁下地の合板張では、雪に付着すると溶けた水が残ってカビが生えたりする原因になる。
    これは夏も冬も濡れるということに関しては変わりはないのですが
    冬の場合、表面がうっすら凍っていると、その薄い透明な氷にに気づかず
    防水シートなどをはり、閉じ込めてしまうことがあります。
    それがのちに溶けた時逃げ場がなくなって悪影響を及ぼしたりします。

補 足

冬場の寒い時期にあたり前のようにコンクリート工事をしている現場を見かけますが
その度に大丈夫なんだろうか?ちゃんとやってるのかな?と不安を感じます。

寒中コンクリートとして施工をしていればほぼ大丈夫なところですが。
お客様の負担を考えると、温度補正だけで大丈夫な気温であれあば、そうした方がいいのかな?とか。

温度補正をするにしても、寒中コンクリートにするにしても、お金もかかりますし、工期も長くなります。
なので、お客様の負担を減らすためにと考える業者も少なくありません。

しかし、技術的に解って大丈夫と言ってるのか、そうなのか?といわれると
全てがそうでもないことでしょう。

寒い時期に基礎工事をすることになったのであれば、必ず施工会社にコンクリート対策を聞いてください。
「温度補正だけで大丈夫ですか根拠は?」と聞いてもいいんです。

本当に寒い時期では温度補だけでは不十分な場合ああります。
業者選びの際には、ぜひ、冬場の施工能力、知識を気にしてください。

たとえ、冬場の工事を考えていないとしても、「冬の場合、工事は大丈夫でしょうか?」と聞いてみると良いと思います。
その時に、簡単に「大丈夫!」と言われたら、ちょっと疑いの目を持つことも必要かもしれません。冬の

工事の難しさを知っている会社であれば、冬場の問題点、注意点をしっかり話してくれるはずです。
思い切って「寒中コンクリートで施工するんですか?」と聞いてみても良いと思います。

それに対する返事で、施工会社の技量、技術が分かると思います。

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG