大工さんの差し入れは何がいいの?

大工さんへの差し入れは何がいいの?

新築(工事)が決定し、いざ現場が始まると職人さんへの
差し入れはどうしたらいいのか?

なんていう疑問を持つ人がいるのをネット等で、よく見受けられます。
まず、その疑問の種類ごとに僕なりの考えをお伝えしたいと思います。

差し入れQ&A

現場の大工さんが選ぶ休憩時に欲しい差し入れ!

差し入れはした方がいいのか?

簡潔にいいます。
今の現状ではしなくてもてもいいです・・・

でも、差し入れした方がいいに決まってます。
貰えないより貰えたほうが誰しも嬉しいですよね?それだけの理由です。

プロで仕事をしているのはどの業種でも同じです。
基本的に差し入れは業者に(大工さん、他)に対しての気ずかいです。

大工さんも仕事としてやっているものの
お客様から、「ご苦労様です。良かったら飲んでください」

と差し入れられると嬉しいんです。
プロでやってる以上差し入れの有無で、仕事の善し悪しが決まってたまるか!

と思う人が、いるか解りませんが、それはたぶん忙しくて
持っていく時間がない、これ以上出費をしたくない

何がいいのか考えるのが面倒!などという理由付けをしたいのでは・・・
なんて思う訳ですがどうでしょうか?

プロとはいえ人間です。
優しくされたら優しくしてあげたい!

いじわるされたら、無視もしたくなるのは人間の自然な心理です。
何を言いたいか解りますよね?

品質、納まり等は仕事上変わることは無いのですが
職人さんの気持ちが違うんです。

ただ、現在の状況としては、差し入れしたいけど持っていく時間が
取れないという人がほとんどだと思います。

なので、大工さんもそれは承知していて
差し入れが有ろうと、無かろうと気にもしていません。

結果!気持ちよく働いてもらうことが出来れば良い出来栄えにもなるんです。
これは、大工さんに限らず、全ての仕事に関し言えることではないでしょうか?

よくテレビでみませんか?
(上司)  お疲れ!いつも頑張ってるな!
と言ってデスクの上に缶コヒーをさりげなくおいて
貰った本人が
(部下)  ありがとうございます!
といって少し照れ臭い感じを出すシーン!!

そんな程度でい~~~んです!

差し入れを持っていくタイミング(時間帯)

基本的には気持ちを伝えるためなので。タイミングはないのですが・・・
しかしながら、大工さん目線でいうと、休憩時間前のほうが良いと思われます。

基本的に休憩時間は10時と15時です。
それを逆算すると、差し入れの時間は9時50分か14時50分くらいがベスト!
※昼休み中はご飯を食べて、少し車などで横になる時間ですので出来ればそっとして欲しい時間帯です。

かなり上からものを言いましたが、そうしてもらえればありがたいと言う話です。
基本的にお客様の都合で大丈夫です。

大工さんの仕事の時間の詳細
※通常で考えられる時間帯なので多少違う場合があります。

7:30      これくらいの時間になると現地に集まり始めます。
7:50      仕事にかかる準備をし始めます。
8:00~10:00  作業時間帯
10:00~10:20 休憩時間
10:20~12:00 作業時間帯
12:00~13:00 昼 食
13:00~15:00 作業時間帯
15:00~15:20 休憩時間帯
15:20~17:00 作業時間帯

およそこのような時間配分とないます。

通常お客さんが差し入れをもって来たからと言って
作業中に手を止めることはほぼないです。

例えば、猛暑時に10:30に現場に飲み物を差し入れたとしましょう。
当然、手を止めることが出来ないため、もし飲むとしたら昼食時になるんです。

考えてみてください。
1時間30分も冷蔵庫に入っていない飲み物に手を付けるのは勇気がいるんです(^-^;

なのでそうなった場合、仕事が終わり。自分の家に持ち帰って冷蔵庫で冷やしなおして
次の日の通勤時、もしくは自宅に帰ってから飲むというようなことになるんです。

差し入れを持っていくことによる得点

以下に述べる事は差し入れが、さほど関係しない話です
これは言うまでもなく、現場を確認できるといった所です。

現場に足を運ぶことによって、自分の目で進捗状況
実際のスペースの確認などが出来ることです。

後は、大工さんとのコミュニケーションが取れることによって
自分が思う空間のイメージなどを

直接大工さんに言えるため、「イメージと違う!」
なんていうリスクも軽減できます。

後は、回数を重ねるにつれて、やはり大工さんも意識し始めるので
いつお客様が来てもいいようにと

現場を綺麗にしなければならないという意識が芽生えてくるので
現場が常に片付けされてくる。

ある程度大工さんと仲良くなることで
大工さんの出来る範囲内で棚とうの軽微な作業を

サービスでやってもらえるメリットも増えるかも・・・

差し入れは何がいいのか?

基本なんでもいいと思います・・・(気持ちが大事です)

食べもの・飲み物・現金

食べ物であれば、袋に入った煎餅などがいいかもしれません!
なぜかと言うと、基本的に現場は誇りが(木を丸ノコで切ったとき)などが
常に舞っています。しかも手は常に汚い状態なんです。
そういうことで直接手で掴まなくてもいいようなものが良いでしょう。

飲み物であれば、それこそなんでもいいです!
でも、ひとつ言わせてください。
もっていくのであれば、中身はなんでもいいのですが
容器の種類を同じ材質の物を常に持っていくのがいいです。
なぜなら、現場に残った缶、ペットボトル、紙コップ、袋などは
少なからず分別をしなければなりません。
素材が同じだと袋にまとめて捨てることができるのです。

現金!
これは少しいやらしい感じがしますね(^-^;
でも、これはこれでお客様にとっては利にかなっているかもしれません。
どうしても、忙しく現場にはいけない人がほとんどだと思います。
そうした場合に、最初の時点で
「少しですけどこれで飲み物など買ってください。」と
棟梁さんに渡すのも一つです。
大工さんのが1か月くらいでも毎日飲めるくらいの額でいいと思われます。

差し入れはありがたいけど・・・

基本的に飲み物であれば、寒い日は暖かいのみの物
暑い日は冷たい飲み物。
通常、これが普通です。

たまにあるのですが、箱でストックしておいた冷えてないジュース
暑い日に持ってきれくれる、施主さんがいるのですが・・・
ありがたいんですよ!!
しかし、暑い日に常温のジュースって、正直のめたもんじゃないです。

それと、2Lのペットボトルと紙コップを用意してくださる
施主さんがいらっしゃいます。
しかし、夏場では残った場合、次に飲めないほど暖かくなってしまいます。
そうなった場合処分に困ってしまします。

あとは、袋を開けたら食べきらないとならないお菓子
現場にはあまり向いていません。
出来れば小分けになったお菓子だと、現場で無駄にならないと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
職人さんの気持ちを代弁すると。冬以外は冷たいものを。

冬であれば、暖かい飲み物か常温でもいいと思います。
また、お茶菓子や季節によって体を冷やしたり温めたりできるものがあれば

尚喜ばれることだと思われます。
当時の僕は若かったこともあり施主さんには

まるで子供や孫のように可愛がっていただきました。
短期間ではありますが、そういった施主さんと職人さんの

信頼関係も大事だと思います。
是非、皆さんもご自身の大事な新築住宅を建てていただいてる

職人さんの労を労ってみてはいかがでしょうか。

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG