DIYに必見アイテム!壁の下地を簡単に見つける方法!

DIY工具、エクステリア

DIYをする前に

最近、DIYが流行っていて、多少の家のことならプロに任せるのではなく
自ら作業をしてしまう方がかなり増えてきています。

ココでは壁に物を付けるときに絶対的に見つけなければならい
下地を探すアイテムを紹介したいと思います。

壁下地の基本

壁の下地に使われている材料を説明したいと思います。

【在来工法】
在来工法の壁下地は柱と間柱で組み込まれています。
柱(105㎜×105㎜) ピッチ910㎜又は1820㎜
間柱(30㎜×105㎜) ピッチ455㎜

【2×4工法】
ツーバイも材料の寸法が違うだけで基本的に同じです。
パネル間柱(38㎜×89㎜) ピッチ455㎜
ツーバイはパネルをつないでいくため、ジョイント部分は38+38=76㎜となります。

基本的には柱のピッチは1820以内なので図の両サイドは柱材となります。
アスノンと書いているなは外壁面となります。
内壁も位置が変わるわけではないので一緒です。

これを解っておくとどこか一か所下地を見つければあとはピッチの通りに
下地が入っているので探しやすいと思います。

下地を見つけるために

通常仕上がっているので下地がどこにあるのか解らないです。
そこで下地を見つけるためのアイテムをここで紹介していきます。

まずは木造で下地をさがすのであればこれがおすすめ。
この商品は針を差し込み下地を探す方法です。

石膏ボードにはさほど抵抗なく刺さっていきます。
石膏ボードを貫通し、木下地にあたるとそれ以上針が入っていかなくなります。

ホームセンターでも売ってますので足を運んでもらえればすぐ手に入ると思います。
下記商品は木造兼軽量鉄骨下地用となっています。
どこ太の詳細は画像リンクを参考にしてください。

※針穴はあけた人は解りますが、そうでない人はほぼ解らない位の小さい穴です。

もう一つはどんな下地にも対応可能な優れもの!

壁うら探しの詳細は画像リンクを参考にしてください。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました