玄関ドアを介護用に取り換えするために。

リフォーム

玄関ドアを介護用に取り換えるためのポイント

健常者の人が介護のために、手すりをつけよう!
こうした方がいい!

なんていろいろ考えてみるものの、結局は介護される側の人間しか
解らないことの方が多いと思います!

この記事に関しては、玄関ドアに限定していますが
段差等はもちろんですが、玄関ドアも考慮する必要があります。

どんな位置にどんな物があればいいのか解るのは、介護歴のある方
実際に介護された方のみぞ知ることがたくさんあります。

取り換え工事をするにあたって介護保険制度を使って
介護のための設備の工事をしようとした時は

施工会社を通して介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談する必要があります。工事前に申請をしておき、承認されれば介護保険制度を使って

補助金を受けとることが出来るのです。
せっかくの制度があるので利用しない手はありません!

補助金を受けるには

そもそも、リフォームによる助成金を受ける場合は、要介護認定を受けた者が
居なければ受けることは出来ません。

まだ元気に動けたとしても、手足にしびれがあるなどといった症状がある場合は
まずは要介護認定を申請することから始まります。

申請は各市町村の窓口で対応しているのでお問い合わせしてみてください。

介護保険を利用すると上限20万円までの工事に対して助成金が支給されます。

介護保険が支給されるための規定は以下の通りです。

介護保険が支給されるための規定

  1. 利用者が要介護認定で要支援又は要介護に認定されていること。
  2. 回収する住宅の住所が利用者の被保険者証の住所と同一であり
    利用者が実際に一緒に生活していること。
  3. 利用者が福祉施設に入居していたり、入院中ではないこと。
  4. 支給は一人1回20万円の工事まで
    ・利用者の収入に応じて1~3割を自己負担し。20万を超えた場合は
    全額自己負担となります。
    ・給付方法は原則として償還払い方式となります。
    利用者は工事施工業者に全額支払い、後から保険者(市区町村)から
    改修費の9割~7割が給付されます。
    ・20万円までは分割払いも可能
  5. 住民登録地の1つの住宅につき原則1回限りの支給となります。
    ただし、一つの住宅に要支援、要介護者が複数いる場合は
    利用者ごとに支給限度額が設定され
    重複工事でなければそれぞれが申請可能となります。

工事が完了するまでの工程

介護認定を受ける

自治体より要支援または要介護の認定を受けます

ケアマネージャーに相談

ケアマネージャーと住宅改修プランを検討し施工業者を選択します。

施工業者との契約

ケアマネージャー同席のもと、施工業者に改修する場所や
工事内容を確認してもらってから、見積もりを依頼します。
後日見積もりを確認したうえで契約となります。

市町村に申請書類の一部を提出

提出書類は以下の通りです。

・住宅改修理由書

・工事見積書

・工事図面

・改修前の写真と改修後の写真(施工業者にお願いするのも可)

施工・完成

受理されたら日程を調整して、工事開始となります。

施工業者に工事費の支払い

利用者はいったん全額を工事施工業者に支払いをします。
施工業者から領収書を受け取ります。(領収書は提出書類に含まれます)

市町村に支給申請書類を提出

・改修前、改修後の解る図面や写真

・領収書

・工事費の内訳書

・住宅所有者の承諾書(所有者が異なる場合のみ)

住宅改修費用の支給

支給限度20万円の枠内費用の9割~7割が市町村から支給されます。

実際に施工する場合

工事をする前の計画のポイント

ケアマネージャーと要点を打合せすることが出来ても、実際に介護をする側の
使い勝手もとなてきます。
ここでは、それぞれポイントを説明していきます。

介護する人の視点も忘れない

介護リフォームと言ったら。介護を受ける側の人のために改修工事をする
なんてイメージを持たれる方が大半だと思いますが。

住宅介護は介護する介護者がいて初めて成立します。
そのため、介護リフォームは本人だけではなく介護する人にも

配慮された内容でなければなりません。
介護する側にとっても使いやすさを追求するべきなのです。

身体状況にあったリフォームを考慮すべき

介護用にリフォームすると言っても、家の構造や介護される側の
身体状況、筋力量、思考力などで変わってきます。

そのためリフォームではこれが正解!といったことはないのです。
全てにおいてケースバイケースという事になります。

例えば、「車いすを使っている方」といっても、いろいろで
自分の力で自走出来る人!
自力では自走出来ない人!それぞれです。

車椅子を使用しているという意味では同じですが
その人の状況により、どのような介護が必要なのか考えて

リフォーム計画を立てなければなりません。
とりあえず、手すりや、スロープ設置すればいい!ではなく

障害者の部位や、自力でどこまで出来るのか?
その人の状態を把握したうで改修計画を立てる事が重要です。

実際に玄関を取替え工事をする

玄関を取り替えると言っても工事費はもちろん!
日程など、どうなるのか解らない人が大半だと思います。

玄関を取り替えると言っても、理由は様々だと思います。
「腐食が進んできたので取り替える」
「セキュリティーを強化したい」
「介護をスムーズに行えるようにするため」など・・・

いろいろな理由があることでしょう!

リフォーム用ドアに取替えた時の事例や金額などを説明した記事は
以下の記事に書いてありますので、参考までに見ていただければと思います。

玄関をリフォームする場合!施工業者がズバリ金額を教えます。
玄関リフォームする場合!相場とその方法(金額を暴露) 玄関は一般的に住宅の顔だと言われています。 人間もそうですが、顔は毎日洗いますよね? 住宅も同様、玄関は不特定多数の人が最初に見る場所です。 そういう場所であるからこそ、キレ...

まとめ

いまの時代は介護についていろいろな制度が構築され
介護される側の生活を守ろうとする動きが進んできています。

自治体の助成金はもちろん、各団体の補助金の交付などを行っている団体も
あったりしますので、いろいろ調べてみると良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました