アクリル塗料の特徴と費用について

アクリル塗料の特徴

アクリル塗料とは、アクリル系合成樹脂成分を主成分とする塗料のことです。
アクリル塗料の最大の魅力は、何と言っても価格の安さです。

加工がしやすいのが特徴でさまざまな物に使われている塗料です。
しかし、現在の住宅事情でいうと、フッ素樹脂、シリコン樹脂などの塗料が開発され

アクリルはほぼ使われる頻度はなくなってきています。
現在の主流の塗料は「シリコン樹脂塗料」と呼ばれるのです。

アクリル塗料の耐用年数

アクリル塗料は安価である反面、耐用年数は3~8年と短いため
どうしてもメンテナンスをする回数が増えてきたりします。

数年しか持たないという事を理解したうえで業者に依頼するのであれば
費用が安く済むので理想な材料と言えるでしょう。

アクリル塗料(塗装)のメリット

価格を安く抑える事が出来る

フッ素塗料やシリコン塗料と比べるとかなり低価格であるため、施工費用を抑えたい方に最適です。

ツヤと発色の良さがある

色が豊富で発色が良いというところです。
拘った色を理想とするひとには向いている塗料でしょう。

施工的に扱いが簡単で失敗が少ない

素人がDIYに使用しても問題なく塗装できるほど扱いやすい塗料なので
施工に手間がかからず失敗する心配がほとんどありません。

 

アクリル塗料(塗装)のデメリット

耐久性が低い

耐用年数は3~8年ほどで、5~10年のウレタン塗料、7~15年のシリコン塗料と比べると
最も短いことがデメリットとされます。

外壁や屋根を塗装するにあたり、塗装代以外に足場代が15~20万(形状で変わってきます)
別にかかってくるため、アクリル塗料が安くても足場代はどんな塗料を塗ろうが

変わってきませんので、頻繁に塗り替える計画で安く抑えよとしても
足場を組む代金分を考えると逆に高くつくこともありるので注意が必要です。

又、汚れがつきやすいという難点もありますので、長く暮らすつもりの家には使用しない方が無難です。
倉庫や小屋には適していると言えますが、耐用性を求められる屋根の塗装などにはおススメ出来ません。

※樹脂の劣化を防ぐ新技術が施された「ラジカル制御型」のアクリル樹脂塗料は、高性能で塗膜の品質が長持ちします。

ひび割れが生じやすい

アクリル塗料の塗膜は、ひび割れができやすいという弱点もあります。
ただ、種類にもよりますが「弾性アクリル塗料」は伸びが良いため

ひび割れ(クラック)の発生をある程度防ぐことが可能です。

 

アクリル塗料(塗装)の費用相場

外壁塗装で「アクリル塗料」が使われにくい理由とは?【費用・メリット・デメリット】

アクリル塗装にかかる費用の相場は、1㎡あたり1,000~2,000円程度です。
これを一般的な30坪の戸建てに換算すると、60万円前後の金額となります。

関連記事

どんなペンキを塗られるのか施工前に知るべき 外壁でも、屋根でもいいのですが業者にお願いする場合 「外壁が傷んできたので塗装をしてください」とお願いするのが大半だと思います。 お願いするところまでは良いのですが、その後どんな種類[…]

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG