積雪による問題、周辺とのトラブルとなる原因を作らないために

対策/チェックポイント
スポンサーリンク

雪の降る地域では毎年大雪に備えて、住民や自治体の雪による対策が行われています。
知らず知らず雪が原因で周辺に迷惑をかけている場合があります。
そういった原因を確認できるようにまとめてみました。又、その対策方法の解説していきたいと思います。

積雪対策の必要性

雪は豪雪地帯に限らず、最近では異常気象などで雪が降らない地域であっても
雪が積もったりすることがあります。当然、雪が積もると様々な障害が出てきます。
交通機関の規制だったり、道路通行規制、積雪のため車が出せない、積雪による事故など・・
そんな状況に備えて慌てることが無いように準備しておく必要があります。
ここでは実際、積雪で問題となりうる事例をいくつか紹介していきたいと思います。

新築時に考慮すべきこと

屋根の形状

雪が降る前はさほど気になりませんが、降った時の落雪で周辺に迷惑をかける形状ではないかを
確認しておかなければ、後々大問題に発展しかねません。

降り積もった雪は、融解を繰り返し密度が多くなって重さも数倍になる場合があります、
又、目で見えてる部分は雪であっても、その下は氷となっている場合がほとんどです。

そういった場合、カーポートや車、ガラスや外壁、設備の破損ほか、人への被害などの問題を引き起こします。

対策
新築の場合は打合せをしている時点で、そのことに向き合い屋根の形状を決めるといいです。
中古物件購入等の場合は
屋根から雪が落ちないようにするために。雪止めを付けたり、屋根にヒーターを付けたり
屋根から滑り落ちた時の勢いで隣にまで雪がいかないようにするための金物などを設置することで
その辺は防ぐことができます。

建物の配置

雪国では何もしてなくても、屋根から落ちた雪が隣の家の敷地に入って迷惑をかけたり
もっと言えば屋根から落ちた雪が蓄積しその圧迫により隣のフェンス等を変形させたり

隣の家のエアコンの室外機や物置などを壊してしまう危険性もあります。
又、降った雪を体積する保管スペースの確保や、融雪機などの設置をすることも考慮すべきです。

対策
これは敷地に余裕がある場合でないと難しいかもしれませんが、隣地境界線から建物を出来るだけ離すことです。
屋根下側(雨、雪が落ちてくる方向)に畑、子供の遊び場、などのスペースを確保することで
冬の時期になった場合、そのスペースが自然に雪の体積場として活用できるようになり
隣人へ迷惑をかけないようにすることが出来ます。
そのスペースは少なくても隣地境界線から2500㎜以上離れていればいいでしょう。
ペースがない場合は融雪機を購入し常に雪を溶かす方法など
予算があれば地中に埋める融雪機もあります。

カーポート、ガレージの設置

新築をした後に物置やガレージのあどを設置することが多々あると思います。
そういった場合でも雪の事を考慮して決めなければなりません。

何に関しても言えることなのですが、雪国で使用するものによっては寒冷地仕様でなければ
ならないという場合が多々あります。

ガレージに限ったことではありませんが、外壁、サッシ、タイルなど何に対しても言えることです
これは見た目ではほぼ解らないのですが、作り方(構造)、配合、成分などが違うということです。

そういったことから積雪の量や温度などによっていろいろなタイプがあることになります。

対策
物置、カーポート、ガレージでもそうですが、積雪量のタイプ別に種類があります。
例えば、有名メーカーのガレージ、物置などでは一般形、積雪45㎝タイプ、積雪75㎝タイプ
積雪100㎝タイプなどがありますので、その地域にあったタイプを選ぶと大丈夫です。
地元(同じ地域)業者であれば言わなくても対応してくれると思いますが
そうでない場合は必ず「この地域の積雪はこのぐらいですが、対応できますか」と
聞くことが大切です。

現状で家がある場合に対策すべきこと

窓に雪が覆いかぶさる

雪が多い地域では積もり積もった雪が窓ガラスにまでおよび、ガラスを破損してしまうことがあります。
雪かきや屋根の上の雪下ろしはそんなトラブルを防止するためにも欠かせない作業となります。

雪が降る季節になったら専用のパネルなどで窓の周りに雪囲いを作り
窓周辺に雪の重みがかからないようにすることも有効な雪対策です。

カーポート・ガレージの屋根上の積雪

積雪が進むと雪の重量に耐えられなくなって、カーポートが倒壊、破損してしまい
車にも甚大な被害が出るおそれがあります。

上記でも述べたように、豪雪地帯では雪対策用の梁のしっかりとしたカーポートを設置してると思われますが
積雪地帯ではないところでは、積雪20㎝ほどの耐荷重のカーポートが多く使われています。

そういった場合、積雪量が20㎝になる前に、こまめに雪かきをすることが有効な対策になります。
当然、積雪地域でもそうですが45㎝タイプは45㎝になる前

75,100㎝タイプはその前雪下ろししなければなりません。
積雪荷重はその場の気候状況などで変わってくるので、積雪は同じでも重さが違う場合もあるので

あくまで目安の積雪量だと認識していた方がいいと思います。
結果、その前に対策をすることで、大切な車を守る事にもなるのです。

住宅周りの積雪

積雪地域では、住宅周辺にも気を配らなくてはなりません。
自分の敷地内の雪の除去作業にともない、その雪を捨てる場所を確保しておかなければならないのです

なぜなら、そのを直接公道に捨てたり、下水道、川に捨てるのは法律で禁止されています。
そういった状況の中で、捨てる場所がない!融雪機もない!という理由から

水やお湯をかけて溶かすという考えに及ぶ人がいるかも知れません。
雪国にずっと住んでいる人であれば、余程の理由がない限りやることはないですが

そうでない地方から来た人は後のことを考えることが出来ないため
普通にお湯などをかけて溶かそうとしてしまうことでしょう。

しかし、それはやめた方がいいです!
雪にかけたお湯は結局、凍結するんです。そうした場合路面はアイスバーン化してしまい

お子さん、高齢者なには危険すぎる状況を作り出してしまいますので絶対にやらない方がいいです。
対処としては、速攻性には欠けますが融雪剤を使用することをお勧めします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました