災害がおきた時の注意点

対策/チェックポイント
スポンサーリンク

災害時に対処すべきこと!

地震、豪雨、大雪などの自然災害発生時には直接被害だけでなく
二次被害として断水、停電、交通機関の停止まどの様々な被害が発生することがあります。
こうした災害発生時や復旧の際に、ご注意しておきたいポイントをご紹介します。

第一に!
災害時は安全確保を最優先そして行動しつつ、メディア、近所の人との情報収集
自治体等の避難指示に従うことがいいと思われます。

地震の発生

発生時屋内にいた場合

リビング・他

良く非難する場所としてトイレなどと書いてあるのを見かけます。
確かにトイレは空間が狭く4隅には柱が立っていることが多いのですが

実は身を守るというときだけに特化した場所と考えた方がいいかもしれません。
なぜなら、身を守ることは出来るかも知れませんが、非難することが難しくなる場合が多いのです。

それはテーブルの下に身を隠すといった行動も同様と考えます。
まずは安全ゾーンへ避難することが大切です。

安全ゾーンというのは「転倒落下物の少ない閉じ込められない場所」です。

「机の下に身を隠す」というのも間違いではありません。
例えば、それしか方法がない場合、ほかに避難する余裕がない場合

極めて耐震性の高い建物の中にいた場合などは「机の下などに身を隠す」行動で良いと思います。
しかし、どんな状況であっても「机の下に身を隠す」が正しいと決めつけるのはかえって危険なことなのです。

古い建物だと倒壊する可能性があります、また倒壊しないまでも天井が落下したり
ドアが変形して閉じ込められたりした場合に、万一火災が発生したりガス漏れが発生した場合

机の下に身を隠していたら逃げられなくなる恐れがあるからです。
ですから机の下だけにとらわれず、小さな揺れや、緊急地震速報のときにドアを開けるなど避難路確保し

安全ゾーンへ退避することが大切です。

キッチン

もちろん地震も怖いのですが、地震で怖いのは二次災害である火事です。
たまたま調理中だった場合はその場で火を消しましょう。

しかし最近のガスコンロは大きな揺れを感じるとガスが自動的に止まる
自動遮断装置つきのものが多いかと思います。

この記事を見たのであれば、自動遮断装置付きなのかを確認しておくことをお勧めします。

確認できる状況であれば確認しに行ってもいいですが
自動遮断装置付きであれば身の危険を冒してまで、火を消しに行かなくても大丈夫です。

キッチンには地震の揺れによって落下して大げさに言えば凶器に変わる道具類がたくさんあります。
電化製品や割れやすい食器や瓶もこれに相当します。

どちらかと言うとキッチンは危険地帯です。
なるべく離れて、揺れがおさまるのを待つようにしてください。

トイレ、お風呂

トイレ、お風呂場は狭いスペースで柱が多くて安全だと言われています.
確かにそうなんですが、気を付けてほしい事があります。

家に負荷がかかって変形が生じたり、傾いてしまった場合にドアが開かなくなって
閉じ込められてしまう場合があります。

そうなった場合避難することが出来なくなってしまいます。
まずは冷静にドアを開けて避難経路を確保してから揺れがおさまるのを待ちましょう。

発生時屋外にいた場合

周囲を見渡す
・まずは危険予知をして行動する
(これはなかなか難しいと思いますが、普段から自分の行動範囲に危険があると思うところの
意識して、危険個所を把握しておくことを、おすすめします。)
周囲に倒れたら自分に被害がでるような物がないか。
上部から落下する恐れのあるものが無いか。
(古い建物で空き家で倒壊しそうな家、古いブロック塀、屋根瓦、看板、冬の場合は落雪など)

浸水の時

そもそも台風、集中豪雨が発生してる状況です
・避難情報、自治体の防災情報を常に意識して収集する
避難準備、避難勧告、避難指示などの情報が常に出されているので
それに見合った行動をするため。

河川の水位の情報または確認(確認は、はん濫注意水位までとしてください)
・地域の自治体には危険な場所等などの防災マップがあるので事前に把握しておくこと。
また、避難場所等も載っているので自分が何処に避難すればいいか確認しておく。

【段階説明】
➀自治体等待機水位(消防、自治体などが待機する目安)
はん濫注意水位(市町村からの避難準備情報などが発表される目安)
③避難判断水位(河川はん濫の発生を注意する水位)
④はん濫危険水位(河川が氾濫する恐れのある水位や安全に避難するために避難を開始すべき水位

情報、状況確認によって避難する準備、避難場所への移動などを進めることができるため。

停電の時

停電の場合は備えさえあれば何とかなります。
・電池の在庫と懐中電灯の置き場所の確認(ポケットラジオ的な物もあれば良い)
 また、冬場の停電に備えポータブルストーブなども用意しておこう。
夜間に停電になった場合にすぐに対応できるため。

災害時の電源確保のために
災害時に電源は必要不可欠 災害が起きた時は、いろんな面で大変なことばかり起こり得ます。 その中でも困るのは電気、電源ではないでしょうか。 災害規模にもなりますが、電気に支障がでる災害だった場合 電気が復旧するまで、乾電池の備蓄に...

台風(強風)の時

窓、玄関などは鍵を閉める。
・風が強くなってきたら、鍵を閉める。窓シャッターがある場合はシャッターも閉める
鍵を閉めることで、剛性が多少強くなり、鍵を閉めることにより風によるがたつきを防止できます。
また、シャッターを閉めると風で飛んできた物がガラスにぶつかる事を防止できます。

※(ガラス破壊の防止ができます)

ガラス飛散防止対策
・ガラスに内側から飛散防止フィルム、布テープを格子状に貼る
(カーテンも出来ればしめる)
万が一、風により飛散物がガラスにぶつかった場合、破片等が飛び散らないようにするため。

風により破壊されたトタン、工作物に近づかない
・万が一破壊されたトタン等の飛散物、飛びそうな工作物があった場合
近寄らないこと。
突風により飛散物に巻き込まれてケガをする危険性があるため。

 最 後 に

災害はいつ起こりうるか想像もつきません!やはり、災害直前に行動するとなると
難しいものがあります。
普段からの心掛けが、いざという時にスムーズに行動出来たりします。
こんな確認シートがあるのでチェックするのも一つです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました