屋根の雪下ろし危険です!解っているけど・・・

対策/チェックポイント
スポンサーリンク

積雪地域に住んでる人たちは雪が多くなるとどうしても除雪から逃れるkとは出来ません。
地上での除雪は「面倒だな」などといって我慢して作業をすればいいのですが
豪雪地域では屋根の上の除雪も必要とされてきます。

慣れている人は普通に屋根の上に上がって除雪をしています。しかも年配の方が・・・・
我々も見慣れてはいますが、普通に考えると危険極まりない行動だということです。

屋根の除雪でケガをしている人はかなり多くいます、又死亡事故も起きている状況なのです。
それでを解っているけれど、やらなきゃ家を壊すことになりかねないという現実があるのです。

屋根の雪下ろし危険です!を少しでも軽減するために

屋根の雪下ろしをする必要性を知ろう

基本的にある程度雪が積もった雪下ろしをしよう!
と自分自身でタイミングを決めて雪下ろしをしていませんか?

現状での屋根の積雪をみて、次に雪の降る予報と照らし合わせ、これ以上屋根に雪が積もったらまずい!
なんて状況を考慮して雪下ろしをしてください。

出来ればお金のかかる話なのですが、業者に任せるのが良い方法だと思います。
事故などにあってケガ等をしたことを考えると、今後の自分の生活にも関わってくることになります。

雪下ろしをする時の天候

結論は気温が低い時にやりましょう。
これは本当に自分も経験あるのですが、好きこのんで寒い日にやりたくもないのです!

しかし、雪がじわじわと解けている気温の時は屋根上は非常に危険な状態と言えます。
寒い時は屋根面と屋根に接した部分が氷になって屋根に付着した状態となっています。

なので、氷によっですべり落ちない限り転落することはなのですが
気温が温かい場合、屋根面と寒さによって付着していた氷全体が分離してしまいます。

そこにたまたま上がった場合、雪事地上に転落することになるのです。
これが一番の転落事故の原因だと考えます。

どうしても、屋根の雪下ろしをしなければならない場合は寒い日を狙って作業しましょう。

屋根の雪下ろしをする準備

自分の身を守るために

言うまでもないのですが、危険な作業だとは皆さん知っているのではないかと思います。
まずは、自分が落ちるかも知れないということを前提に、どうしたら落ちないで済むのか?

そういった事を想像し、対策をしてから屋根の上にあがる事をお勧めします。
我々の業界ではKY活動と言っていますが、屋根に上がったらどんな危険があるのか?

それを把握したうえで、その危険をどうすれば回避できるのか?
その回避できる行動、作業を終えてから本格的な作業に取りかかっています。

ということを考えたてから作業に取りかかりましょう。

【KY活動】
簡単に言うと、事故を起こしそうな所、起こす原因となりえる事などを話し合い
そういった状況を先取りして潰していくことを目的としています。

まずは雪をどうすれば楽に下せるのか?より、どうしたら転落事故を起こさないで作業を安全に出来るのか?
それを第一に考えて作業するようにしてください。

周囲の人、物を守るため

雪下ろしでは自分の身を守ることが一番重要な事ですが、次に周囲の状況も把握することも大切になってきます。
これから雪を下ろそうとする場所の下壊れたら困るようなものなど置いてないか?

下す場所に人が入る恐れがないか?あるとした立ち入り禁止の表示などする等の対象をすること。
自分は大丈夫でも第三者にケガをさせたりする可能性も十分に考えらえます。

作業する人数

例えば、ハシゴを支えたりする人、万が一の場合助けてくれる人はいるのか?
そういった人員を確保してから作業するようにしてください。

事 例
雪下ろしをしていて、雪と共に地面に転落をしました。
幸い下に積雪していた雪があって体には大きなケガもなく無事ではありました。
しかし・・・
体の半分以上が雪に埋まり身動きが出来なくなってしまい、数時間がたっても
戻らないのを不審におもい探し始めたそうです、その時は結構雪が降っており
雪下ろしをしないと家がつぶれる恐れがあると思い作業に至ったそうです。
結果、その時点では命に係るケガをしているわけでもなかったのですが
雪が降っていて姿が見えなくなってしまい。
発見が遅くなり命の危機があったという話です。
たまたま、屋根の雪をかいていることを知っていた、不審に思ってくれる人がいた
ということがあって発見に至りましたが、どちらかの情報がかけていたら
発見には至らなかったと思われます。
屋根の雪をかいていたことを知らなければ
見当違いのところを探して、一晩過ぎていたかも知れません!
そうしたら確実に命が危険にさらされます。
不審に思ってくれる人がいなければ
探すことすらなされないでしょう。
決して一人では作業を行わないこと、家族や知人、近隣住民に援助してもらうことをしてください。

屋根の雪下ろしの手順

1・ ハシゴの固定と足場の確保

作業中にハシゴがズレたりしないように軒が棟の位置に真っすぐにハシゴを建て込みます。
昇降する際は必ず誰かに地上での補助をしてもらいましょう。

2・ 命綱を固定するアンカー又は物などの強度を確認する

落下を防止するための命綱です。
その命綱が落下の衝撃に耐えることが出来なければ何の意味も成しません。
全体重をかけてグラつきがないか確認を必ずしましょう。

3・ アンカーと命綱を付けたらそれに安全帯を繋ぐ

屋根に上ったらアンカーと命綱を繋ぎます。
基本的に命綱は屋根から落ちない長さに調節をした上で安全帯と繋ぎます。
安全帯の長さは軒先から1ⅿ程、最近の安全帯は1M程度の長さしかないのでそれ以上伸びることは無いです。

4・ 雪下ろし作業

安全を確保したうえでいよいよ雪下ろし作業となる訳です。
ヨコ葺きの場合は別ですが、蟻掛けの場合は屋根の突起した部分に上がるように心がけてください。
表面積が少なくなる分、滑りにくくなります。

まとめ

雪下ろしは単純作業で実際、下すだけの事なので簡単そうに見えるものです。
ですが、実際てとても体力のいる重労働な作業で危険も伴います。

その為、若い、高齢にかかわらず、むやみには行って欲しくない作業とも言えるのです。
このままでは雪のせいで危険を伴う、と感じたその時だけ作業を行う様にしてください。

そして少しでも自分では安全に作業が出来ないと思ったら
絶対に自分で無理して行わず業者に作業依頼をしてください。

事故を起こしてからでは遅いのです。

あの時こうしてればよかった!
無理にやる必要はなかった!
業者に頼むか迷っていた!

と思って事故を起こした時の後悔ははかり知れません

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました