ペットと暮す家の間取りの取り方

目次

ペットと暮らすための間取りのポイントや
鳴き声・臭いなどの対策まで大公開

 

猫や犬は家族の一員で飼い主の子供と言っても過言ではありません。
そんな可愛いペットと暮らすためにはペットにとって快適な環境を

いろいろ考えつくってあげなければなりません。
健康や安全性などに配慮することはもちろん

ペットの修正や行動パターンをしっかりと理解してあげたうえで
快適に生活できるようにしてあげたいものです。

人にとってもペットにとっても暮らしやすい間取りを紹介していきます。
その間取についての注意点やポイントをまとめてみました。

ペットと暮らすための家づくりで大切なことは?

ペットと一緒に暮らすための家を建てるには
まずは、そのペットの習性やどんな環境がそのペットにとって良いのか

そういったこと十分に理解しておくことが重要です。
まずは、解っている範囲で犬・猫のそれぞれの特徴をお話します。

犬の特徴とポイント

散歩など体を動かすのが大好き。

基本的に自由に走りまわることが出来るような間取りを考えてましょう
隣の部屋に直線的に入れるようにすることで、距離が伸びます。

外を眺めるのが好き。

犬でも猫でも窓から外を眺めるたりするのが大好きです。
犬、猫はご主人の帰宅をずっと外を眺めて待っていることもあります。
そのため外を眺めることのできる窓をつくってあげることが望ましいでしょう。

狭い所に寝るのが好き。

犬はそれほどでもないのですが、猫の場合狭い空間で寝る事が多いです。
又、縄張り意識ガ高いため、自分の場所を確保する習性もあるので
専用の場所を作ってあげると良いでしょう。

一人ぼっちは基本的に嫌。

動物も人間と同じで、独りぼっちは嫌いです。
家族が集まるリビングなどに、くつろぎのスペースを作ってあげると良いです。

・暑さに弱い。

犬や猫は体温調節が苦手です。
体の熱を冷ませるような日陰になるスぺースがあると喜びます。

猫の特徴とポイント

高い場所が好き。

キャットウォークを作ってあげるのが理想的。
木造住宅であれば梁などを現わすだけで
それがキャットウィークの役目を果たしてくれます。

日向ぼっこのスペース(出窓)などつくってあげるといいでしょう。

日向ぼっこが好きな理由は2つあります。
体温調節とノミやダニなどの害虫駆除のためだそうです。

狭い場所が大好き。

先ほども言いましたが猫は狭い場所が大好きです。
少しの隙間があるとそこに入り込もうとします。
わざと、そういう空間も作ってあげると良いです。

・爪とぎ柱の設置は必須。

しっかり躾けることで、その柱以外では爪とぎをしなくなります。
またテリトリーを見まわる習性があるので
自由に歩きまわることができるように猫専用のペットドアも便利です。

ペットの特徴を理解し「動線」計画をする

最も重要なのは、犬や猫を自由に行き来出来る空間をどう作ってあげるか
考えなければなりません。

又、自由とはいえ制限すべき場所なども明確にすることも大切です。
犬であれば、毎日の散歩など外との出入りを快適にすることや

人と触れ合うのが大好きな犬の居場所もしっかり検討すべきでしょう。
それに引き換え、猫は適度な距離感が何より大切です。

その距離感を保ち、リラックスできる空間=高い場所が好きな猫の
休憩空間など慎重に検討しましょう。

つまりは、人もペットも心地よく暮らせる距離感をどう間取りに
落とし込んでいくかが大切ということです。

ペットと暮らす間取りのポイント!【プライバシーは大切】

ここでは、ペットと暮らす家をつくる際の間取りのポイントをご紹介します。
人だけでなくペットにとって居心地のいい空間とするために

ペットの習性や視点を大事にして空間をつくり上げることが重要です。
例えば、物入の半分をペット専用のスペースにしてあげたり

ペットが人の視線を感じさせないようなスペースも作ってあげると良いです。
ペットも人との距離を取りたいときもあるみたいです。

それと、物を置くための棚とペットが上り下りするためのステップを分けるなど
そういった工夫をする必要があります。

ペット専用プライベート空間も重要

上記でも少し触れましたが、人にもプライベート空間があるように
ペットにも寝室など個別にリラックスできる空間が必要です。

つまり「ペットコーナー」。
寝る際の寝室としても、休憩や食事する場所としても自由に使える

ペットコーナーは有効です。
特に猫は人目を気にする場合も多く、伸び伸び暮らすために

ペットコーナーを設ける必要があります。おすすめは、階段下などのデッドスペースを利用するといいでしょう。

人と触れ合うのが好きな犬は、リビングにペットコーナーを
設けることがおすすめです。

就寝の際は、特に人とペットそれぞれで休める空間が必要となります。
その他に各空間別で、ペットと暮らす際に

工夫した方がいいポイントをご紹介してきます。

ペットと暮らす際のリビングは、充分な広さを取る。

リビングは家族全員でくつろぐ場所ですもちろんペットも
一緒にくつろぐことが出来るように間取りも配慮する必要があります。

犬の場合は特に家族と一緒にいることを望むため、遊ぶ場所や休憩
食事する場所などリビングに設けることをおすすめします。

ポイントは、隣家と接していない壁際にスペースをつくること。
また、食事を安心して食べられるように、コの字やL字型の壁を設けて

少しだけ死角をつくることも大切です。ちょっとした収納スペースも設けて
エサやペット用品を収めておくと整理できて使い勝手もいいでしょう。

猫の場合は適度な距離感を非常に大切にするため
食事場所だけリビングに設けるなど工夫しましょう。

その他ペットが運動できる空間もリビング空間と一体となっていると
家族と一緒にふれ合う時間もうまれます。

床は滑りにくいものを選ぶ

動きまわるペットにとって、普通のフローリングは滑りやすく
股関節のケガの原因になります。

滑りにくいフローリングや滑り止めコーティングを施しましょう。
ペットが動く場所にはコルク材のタイルカーペットなども効果的。

もちろんペットのケガ予防以外にも爪によるキズ防止や防音効果もあるので
ぜひ取り入れることをおすすめします。

玄関から浴室やトイレの近い間取りが理想的

犬の場合は、毎日の散歩が欠かせません。
その散歩から帰って来たときに足を拭いたり、体を拭いたりするため

そういったケアをするのに、出来るだけ浴室、又は洗面所などが
近くにあった方が便利です。

さらに玄関スペースはケアするのに十分な広さをを設けることも検討し
出来れば、ペット用と、人間用と玄関真ん中に壁を設け

完全に別にしてあげ、そこに給水を引き込み
そこで、完全にキレイにして家に上げるといった間取りだと楽にケア出来ます。

そうすることで玄関のスペースを広くとることになってしまいますが
広さはペットのためだけではなく、収納を充実させることにも繋がります。

ただ広いだけの空間ではなく収納を必ず設けるようにするといいでしょう。

玄関ホールは、犬や猫が外に飛び出さなように制限すること

まずは、リビングから玄関ホールまで一直線で繋ぐ動線を避けた方がいいです。
必ず途中にドアを設けるなど工夫することです。

ドアを設けるのが難しい場合「ペットフェンス」を設置することも効果的です。
とにかく、一直線にペットが玄関までいけないようにすることが重要です。

また、ドアを設けた場合でも、ドアを開ける事を覚えてしまうペットも
中にはいるので、そういった対策も考えておくべきです。

またホールではなく、汚れた足のまま入れる
「土間」スペースもペットと暮らす家では便利です。

土間は玄関だけではなくそのまま庭に繋がるような配置にすることも可能。
外に出ることが難しい日でもペットの遊び場所としても有効です。

浴室は最も事故が起こりやすい場所の1つです

まずは浴室の扉の構造です。
押して開けるタイプの扉ではなく、ペットが開けにくいタイプの

引き戸や内開きにすることが理想的。
そして、入浴後すぐにお湯を抜く場合はさほど危険ではありませんが

とにかく、浴室の扉は必ず閉める習慣をつけましょう。
勝手に侵入して、水のためられた浴槽に誤って落ちてしまう

そういったケースも多く起きています。
扉だけではなく、浴室の蓋を必ず閉めておきましょう。

また洗剤や石鹸、シャンプーなどのペットが舐めて危険なものは
常に収納しておくことも必要です。

収納する場所は、扉付きで高い場所の戸棚にしましょう。
浴室は閉めきりにするため、浴室乾燥や窓などの湿気対策を

忘れずに行うこともおすすめします。

洗面所はペットのトイレを置くのに適した場所

排泄物の処理も簡単で、換気機能も必ず付いていることから
臭いがこもるのも防げます。計画する際は

トイレの置ける広さが確保できるか確認しましょう。

独立式のキッチンが最適

キッチン周りも事故の起きやすい場所です。
食べ物や調味料を誤飲してしまったり、火による火傷など危険が溢れています。

そのため、理想は独立式のキッチンを採用すること。
最近は、ダイニングやリビングと1つの空間となったLDKに対面式や

アイランドのキッチンが流行っているようですが
安全性を優先しキッチンは個室を設けることをおすすめします。

独立式でない場合にも、ペットフェンスなどを取り付けるなどで
侵入を防ぐことができれば問題ありません。

ペットの習性はそこまで多様ではないため、上記のようなポイントを押さえて
間取りに落とし込むことで人もペットも

安心で快適な住まいを実現することができます。

犬と暮らす家の間取りのポイント

犬は一匹でいることを極端に嫌い、とにかく周りと戯れて
遊ぶのが好きな習性があります。

その点を考慮した間取りのポイントを大きく3点に絞ってご紹介します。

走るなどの運動が大好きな犬を思いっきり遊ばせる動線確保が重要

  • ドックランで自由に駆け回れるようにする

ドッグランがあれば犬は自分のペースで運動出来るので、運動不足の解消や
ストレス発散に最適です。

ただし庭にドックランを設ける場合は、脱走防止や外との視線を遮るように
塀や囲いを必ず設けましょう。

また、ペットが口にすると中毒を起こす可能性のある植物もあるため
植える植物には注意が必要です。

また、お散歩や庭での運動が楽になるように、外から入ってくる際に
汚れを落とすための動線を考えることが重要です。

例えば、ドックランのある庭と玄関と洗面室を並列して
配置する間取りはおすすめです。

庭からウッドデッキなどを通して洗面室へ直接入れるようにすることで
お手入れスペースとしても利用可能です。

玄関に入らずに庭へ入れるような入口を設けることで
散歩から帰ってきた際もスムーズに足を洗い家の中へ入ることができます。

らに玄関アプローチからも庭からも行き来できる、足洗い場を設けましょう。
泥だらけに遊んでもそのまま家に入る前に

全て流して綺麗にしてから室内へ入ることができて便利です。
上記の掲載事例は実に効果的な動線です。

外側の入口から玄関までのアプローチを広く取り犬も遊べる中庭空間としています。きちんと塀もあるため飛び出し防止や、プライバシーも確保されています。

玄関に入る直前の左側に、汚れた足などを洗うスペースもあります。
駆け回れる快適なドッグランです。

庭のスペースが取れないという都心部などでは、屋上を利用することも可能です。
その際は、屋上部分に足を洗うスペースなどを設けることを忘れないでください。

  • 室内も運動スペースを考えて回遊動線はしっかり確保する

リビングにペットスペースを設けるという話は前回お伝えしましたが
さらにプラスして、そのペットスペース周辺を動き回れるように

リビングや廊下も含めた配置にすることがポイントです。
外に出ることができない日や、家で留守番をしている最中など

室内で運動できるようにすることでストレスを発散させることが可能となります。
回遊性のある動線を実現するには、やはりリビングの広さを

よく検討することが必要でしょう。

お出迎えをするのが好きな犬のために、窓を設置

見晴らし窓は犬の目線に合わせて、床に近い位置に配置するのがポイントです。
階段の踊り場など、犬の動きまわる動線を考え設置することをおすすめします。

お出迎えのために玄関脇に小さな小窓を設けるなど
さらに水飲み場も兼ね備えておくと便利です。

ペットコーナーはLDKのすぐ傍に設置する

孤独を嫌うペットにとっては、家族の居場所と近い
リビングにペットコーナーを設けることがおすすめです。

もちろんプライバシーが保てるような工夫や人との動作を分けて
リラックスできるような配慮も必要となってきます。

おすすめは、体温調整が苦手なことや外を眺めるのが好きな犬のために
サンルームやインナーテラスをペットコーナーにするというアイデアがあります。

窓に近いので外を見ながら快適に過ごせる点や
室温も比較的保たれるため、犬にとっては過ごしやすい環境となります。

猫と暮らす家の間取りのポイント

猫と言えば、自由気ままで気分屋というイメージがあります。
そんな猫と一緒に暮らす家を建てる際に、どんな点に気を付けるべきか紹介します。猫ならではの動線を作ってあげることで、快適な家になることに違いありません。

掲載事例:「ペットと暮らす都市型3階建て住宅」 大和ハウス工業株式会社

猫も動くのが好き!特に上下運動などの高い場所はお気に入り

  • キャットウォークは猫にとって必須空間

ポイントは躯体の梁などを利用してキャットウォークをつくること。
1・2階を吹き抜けにすることで高い場所への上り下りが可能となります。

特におすすめはリビングなどの吹き抜けに設置するキャットウォーク。
家族の集まる場に猫の居場所を作ることができます。

吹き抜けが根くても、天井から30㎝ほど下げて猫が通る
板を設置しても良いでしょう。

吹き抜けの場合はキャットウォークを利用して
1階と2階を行き来できるので、猫にとっても最適な移動空間となります。

  • キャットステップも配置して上下運動!

高い位置にあるキャットウォークまでの動線も運動の一環として
互い違いの造作棚を配置することで、さらに猫の楽しみが増えます。

それがキャットステップという上り棚のこと。
ポイントは、リビングにある飾り棚の一部を猫の通り道として利用することで

余分なスペースは必要ありません。
高い場所が好きな猫は、吹き抜けの空間を活用することで快適に過ごせます。

適度な距離感が保たれ、猫は近すぎないことに安心感を覚えます。
人は猫の存在を感じつつリビングなどでゆっくり過ごせるので

非常に効果的な間取りです。
さらにポイントとして吹き抜けの上部のキャットウォークスペースに

窓を合わせて配置してあげるととても良いです。
猫は日向ぼっこも好きなので、キャットウォークと

窓が隣接するのは理想的な配置です。

  • 猫通路を家の中に作ること

自由に動き回れるように、行き止まりを作らない通路を検討することも重要です。
キャットウォークもその一部として猫専用の廊下や通り道をつくることで

ストレスなく家を動きまわれます。
また壁などにペットドアを設けることも検討しましょう。

好きな時に通れるように「ペットドア」は必ずを取り付けること

猫通路が必要なほど、家中を歩きまわる猫にとって
壁やドアに専用の扉を付けることで、自由に部屋の出入りなどが可能となります。
鍵付きのペットドアもあるため、外出時などは閉めることもでき便利です。

日光浴も大好きな猫は窓辺スペースも居場所の1つ

猫は日光浴がとても大好きな生きものです。
窓から外を眺めて落ちつくスペースを作ってあげましょう。

窓前の棚の幅は猫が乗れる程度のスペースを設けてあげるとよいでしょう。

綺麗好きな猫の習性を理解して、トイレや汚れを落とすためスペースをしっかり確保する

排泄物を隠す習性のある猫が、トイレを落ち着いてできるようみ
人目が気にならない場所に設置することをおすすめします。

洗面所は処理もしやすいためおすすめです。
死角になるように壁などで囲うなど検討しましょう。

また毛並みを整えることや汚れを落とすために
猫用の小さなシンクもあると非常に便利です。

猫の行動を制限することなく自由な動線を計画することで
一緒に暮らすご家族とも適度な距離感が生まれ

お互いにストレスなく快適な家が実現できるようですね。

ペットにあるあるの困った問題の解決方法

ペットと暮らす家では、汚れ・音・臭いが主な困りごととしてあげられます。
今回は、そんなお困りごとを解決する方法として
注意すべき点を簡単にご紹介します。

汚れが目立つのは床と壁

床は汚れや傷に強い加工の施されたペット専用のものを選ぶといいでしょう。
汚れた場合を想定して、簡単に掃除ができることや

取り替えが楽にできるなどの点も考慮しましょう。
特に、カーペットでもフローリングでもタイル張りがおすすめです。

タイル張りは、汚れた部分だけ取り替えることができるので重宝します。
フローリングは水洗いなどの掃除が簡単です。またカーペットは

何より滑りにくく抜け毛が目立ちたないこと
洗浄もしやすい点で人気があるようです。

壁は、汚れに強いクロスはもちろんですが、腰壁がおすすめです。
ペットの高さに合わせて、床から90cm程の部分に

張り付ける板材などの壁です。
汚したり、壁にひっかきキズを付けられたとしても

際も腰壁だけ取り替えることができるのでペットを飼っている家には最適です。

鳴き声などの音を抑える工夫

ペットは吠えることもあるため、鳴き声を抑えることは重要です。
また外部への音漏れだけではなく、室内で動きまわるペットの足音は響きます。

外部の音漏れと合わせて足音対策をすることも快適な暮らしを
実現するためには重要なポイントです。

音漏れ防止にまず考えたいのは開口部。その開口部に当たる窓は防音効果以外に
遮音効果も期待できる「二層~五層」といった高性能サッシがおすすめ。

さらに窓にシャッターを設置することで、より音漏れを防ぐことができます。
足音の防止には、床をカーペットにすることが最適。

床材の中でも滑りにくさという点でも優秀なカーペットですが
音防止の効果も期待できます。

気になる臭い

ペットのトイレの周囲に換気扇などを備え付けるなどして
空気環境を常に整える必要があります。

またクロスや床材など消臭効果のあるものを選ぶことも重要です。
現在は「24時間換気システム」が備えられているので

常に空気の入れ替えが行われています。
それにプラスして、トイレの周囲に天井換気扇を設置しましょう。

臭いは天井付近に溜まりやすいため、天井に換気線を備えるのは効果的です。
上記のような困りごとの他にも、注意すべき点がいくつかあるので

少しだけ紹介したいと思います。

  • 浴室のドアは必ず閉める

浴槽に誤って落ち溺死するケースや、シャンプー・リンスを誤飲して
病院に搬送されることは決して珍しいことではありません。

そのため、ドアは常に締め簡単に開けにくい引き戸や内開きが最適です。
また、浴槽の蓋も必ず閉めておくことをおすすめします。

  • キッチンは進入禁止にする

特に猫の場合は、高い場所に上ることが好きため
ペットフェンスなどを設けても上からの侵入に要注意です。

エアコンやキャットウォークからキッチンへ侵入できるような
位置関係にならないよう配慮しましょう。

  • ペットが食べてはいけない植物は庭に植えない

庭はペットも元気よく駆けまわることができるため
ぜひ取り入れたいポイントです。

しかしその際に、植える植物に気をつけることが必要です。
身近な植物でもペットが口に入れると危険なものがあります。

チューリップや水仙、ポインセチア、シクラメン等。
庭に植物を植える場合は、ペットが誤飲しても問題ない植物を選びましょう。

まとめ

いろいろとペットの習性やそれに対応するための間取りのポイントを
長らくお伝えしてきました。

人がいろいなアイデアを出して計画を立てることで
ペットも快適に暮らせる家が実現します。

かといって、なんでも取り入れようとすると、費用の問題も発生してきます。
なので税金など様々なことを取捨選択していく必要があります。

そんな時に、建てる施工会社がどこであるかは非常に重要です。
皆さんの要望を理解し形にできる提案力がある会社を選ぶことが大切です。

そんな施工会社を選ぶコツは、その会社がペットと暮らす家を建てた
実績がどれ程あるかです。

実績があれば初めて家を建てる皆様には気づきにくい点や
心配ごとに対する回答も的確です。

しっかりした実績ある会社を選ぶことをおすすめします

ペットのことに限らず、専門的な業者を探したい方は以下の記事も参考に!

家を建てたいけど知識ゼロの自分はまず何をすればいいの!?

そして、ペットの暮らしを支えるアイリスオオヤマの檄選アイテムの紹介

https://ton-kati.com/cat-supplies/

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG