引っ越し準備はいいけどペットはどうする?

引っ越し
スポンサーリンク

引っ越しでペットを連れていくには

自分もペット飼っていますが、いざ引っ越しをするとなったらどうしよう?と考えた時に
ペットがストレスを感じない方法とかいろいろ悩むと思います。

思うに車で一緒に連れて行くのが一番とは思いますが、果たして飼い主が近くにいた方がいいのか?
寂しい思いはさせるかも知れなけど、専門業者にお願いしてスピーディーに連れて行ってあげた方がいいのか?

ペットの連れ出す方法について考えてみましょう。

思いつく方法

自家用車で一緒に連れていく

自分的には一番お勧めだと思うのは、自家用車で一緒に連れていく方法です。
自分が飼っている猫ちゃんは車に乗るのがあまり嫌いじゃないということもありますが

そういった場合、猫でも犬でもそうだと思いますが、ペットに与えるストレスを
最小限に留めることができるのではないかと思うのです。

また、一緒に移動することによって、こまめに休憩を挟んだり、移動途中でトイレ休憩を設けることも可能です。そのため、飼っている犬や猫の体調に合わせて、マイペースで移動できるのではないかという考えです。

ま~”デメリットを考えるとしたら、車酔いする可能性と休憩中逃がしてしまう危険性がある。
そんな場合は、事前に酔い止めを飲ませておいたり、移動前の食事を控える

又、車から降りる前にちゃんとリードを付け、緩くないか確認するなどすればいいでしょう。
それと、トイレの件ですが車にはお出かけ用トイレを装備していくことをお勧めします。

交通機関を使って連れていく

これは微妙な感じはしますが、手段がなくどうしても使わなければならないという人がいるかと思います。
飛行機、電車、バス、新幹線などを使う場合です。
それぞれ、利用には 注意が必要です。

電車にて

ペット同伴の乗車が基本的にOKとなっている電車なのか確認しておくといいです。
手回り品料金の有無や、ケージの大きさの規定などが会社によって異なっているので

引っ越しの前に条件を確認しておきましょう。
以上の事も大事ですが、ペットを連れて乗る場合のマナーと心遣いには十分配慮する必要があります。

ペットはキャリーバックは他の人の邪魔にならないよう、必ず足元や膝の上に置きましょう。
またゲージの中を見えないようにすることがマナーです。

乗客の中には、犬、猫が苦手な人や、アレルギーの人もいます。
あくまでも公共の場ということを忘れないでほしいです。

バスにて

バスの場合も、手回り品の持ち込み扱いで、ペットとの乗車が可能。
追加料金も特に設けていないところが多いようです。

しかし、バスの場合は、運転手さんの判断で混雑時は乗車を断られる場合もあるので
ラッシュ時は避けるのが賢明。

また、やはり会社によって規定が異なっているので、乗車の前には必ず条件をチェックしましょう。
乗るときになってダメです!!なんて言われない為にも!

引っ越し業者にお任せする

引っ越し業者によっては、ペット輸送をオプションで受付けていることがあります。
アート引っ越しセンターでは、家財道具と一緒に新居まで移動できる車両を使った引っ越しを提供していますが

その場合はペットの同乗が可能です。ただし、遠距離の引っ越しには対応していません。
また、『愛玩動物飼養管理士』の専門資格を有したスタッフがいる引っ越し業者であれば

ペットをトラックに乗せて輸送してくれることもあるようです。
非常稀なケースではありますが、この方法であれば少しはストレスを緩和できるかもしれません。

ちなみに、ほとんどの引っ越し業者引越し見積もりサイト
では、ペット輸送業者を紹介したり、仲介するだけに留めています。
そのため、自ら専門業者へ依頼するよりも割高です。

ホームページ上で、正確な料金を提示していない引っ越し業者がほとんどですので
実際の費用は直接問い合わせるようにしましょう。

 

ペット引っ越し専門業者に任せる

ペットと一緒に移動したいけれど、自家用車がない場合や引っ越しでペットだけ輸送したい場合
もしくは、交通機関を使うことが難しい場合は、ペット輸送の専門業者へ依頼することを検討しましょう。

引っ越し業者へ依頼するよりも、費用を抑えることができると思います。
また、引っ越しの業者によっては、ペット可とされている場合であっても

輸送時の環境が万全ではなかったり、専門業者に丸投げしているケースが目立ちます。
ペットは大切な家族ですので、犬や猫の扱いに慣れているペット輸送の専門業者の方が

安心してお任せできるはずです。

ワンニャンキャブ

ワンニャンキャブは、動物輸送歴20年以上の専門業者です。動物園の動物輸送もおこなっており、経験豊富なスタッフが対応してくれます。

公式ホームページ上では、23年間無事故で対応していることを謳っているため、とても信頼できる業者だといっても良さそうです。

日本で初めてペット輸送事業を開始した、阪急国内空輸株式会社の協力会社として活動をはじめた経歴もあり、動物輸送後術や経験、知識は業界トップクラスです。

ワンニャンキャブ

ペットのストレス対策

最初の方でも言いましたが、飼い主が考えている以上に、引っ越しはペットにとってストレスとなります。
転勤族の人が飼っている犬や猫は、短命だという話もあるほどです。

この項では、犬と猫に分けてストレス対策について解説していきます。

犬のストレス対策

犬の場合だとできれば、引っ越しをする数ヶ月前から、留守番の練習や外出・外泊の練習をしておきましょう。
ペットホテルへ定期的に預けるのも一つの手です。

少しでも離れると不安がる傾向にある場合は、動物病院へ相談しながら対策を練る必要もあります。
また、引っ越し当日は、ギリギリまでいつもの環境で過ごすことができるようにしてあげましょう。

できるだけケージ・キャリーケースへ入れる時間を短くしておくといいと思います。
そして、使い慣れているタオル、玩具などを常に側へ置いておきましょう。

環境が変わったとはいえ、普段自分が使っていて匂いがついてるものが有れば安心すると思います。
引っ越し後については、最低でも数日間は愛犬と一緒に過ごすようにし外出を控えます。

可能な限り、旧居で生活していた環境に近い雰囲気にした方が、早く新居に慣れることができるはずです。
そして、異変を感じたり、落ち着かなかったり、下痢をするなどして体調不良が続くようであれば

早めに病院へ連れていくようにしましょう。

猫のストレス対策

犬の場合と同様で、引っ越し当日は直前まで環境をそのままにすることをお勧めします。
輸送の為にケージに入れるのも、出発ギリギリまで控えた方が無難です。

そして、引っ越し後はいち早く生活スペースを確保し、旧居での生活環境に近い雰囲気を作ってあげます。
トイレ、水、餌の配置をいつもと同じようにするだけでも、ストレスを軽減することが可能です。

また、動物病院で尿スプレーを入手しておき、縄張りを広げるための手助けをすることも重要となります。
しばらくの間、ケージの扉は開けたまま放置し、飼い猫が自分から行動範囲を広げていくのを

気長に見守ることもポイントです。
引っ越し後、数日経過すれば、自然と興味を持って部屋の中をうろつくようになります。

このようにして、飼い猫が自分で行動範囲を広げて、宅内にある部屋1つ1つに慣れていくやり方が得策なのです。それから猫の場合、ちょっとした隙間から脱走することがあります。

しばらくは、窓やドアを締め切ることも忘れてはいけません。
万が一脱走した場合、慣れていない環境下ということもあって、迷子になることがあります。

交通量が多い地域だと、交通事故にあう危険性も否めません。
つまるところ、犬も猫も、新居の部屋の環境に早く慣れることができるよう

時間をかけつつ見守っていくことが大切なのです。
ペットにとって、生活環境が変わるということは、命にかかわることでもあります。

引っ越し前後は、些細な変化であっても見逃さないようにしましょう。

まとめ

人間も引っ越しは疲れますが、ペットはそれ以上に疲れストレスが溜まります。
場所の変化、見たことのない人物、景色、匂いなど・・相当のストレスなはずです。

又、自分にとっては子供みたいな存在だと思っていても、不特定多数の人に合う場合
その中には、大嫌いな人もいれば、アレルギーの人も居たりすることを忘れないで行動しましょう。

ペット共々安全に引っ越しを終え、新しい生活環境で楽しい生活が出来ることが一番です。

引っ越し準備の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました