他人にケガをさせた・他人の物を壊した!そんな時の個人賠償責任保険について。

対策/チェックポイント

はじめに

「個人賠償責任特約」というのは、火災保険や自動車保険などの主契約となる保険に特約としてつけることができるものです。

そして、この「個人賠償責任保険」とは、家族の誰かが
必ず入っておいたほうがいい保険だと言えます。

火災保険で大切な家をお金を出さずに直す火災保険の請求方法
火災保険を請求する案件 火災 失火や落雷、爆破などで建物に損傷を受けた。 風災 台風、竜巻、防風、雹などで建物に損傷を受けた。 雪災 豪雪、雪崩などで建物に損傷を受けた 水災 豪雨、台風で洪水、土砂崩、川の氾濫などで建物...

個人賠償責任保険とは?

個人賠償責任保険とは、日常生活において第三者にケガをさせたり
第三者のものを壊したりした場合を補償する保険です。

自動車やバイクなどの所有者に義務づけられている自賠責保険
(自動車損害賠償責任保険)と違い

個人賠償責任保険の場合はあくまでも加入は任意です。
自分の場合は自動車保険に特約としてつけていますが

自分または同居の家族の誰が入っているかわからない人は
これを機会に、火災保険や自動車保険などの

契約内容を特約まで含めてきちんと確認しておきましょう。
その際は、個人賠償責任特約の保険金額も念のため確認し

示談交渉サービスがついているかどうかも確認しましょう。

個人賠償責任保険が補償するケースは?

そもそも個人賠償責任保険とは何なのかというと
以下のような事故で法律上の損害賠償を請求された場合の補償をするものです。

個人賠償責任保険の補償の対象となる主なケース>
・洗濯機のホースが外れて、マンションの下の階の部屋を水浸しにしてしまった
・住宅の2階からうっかり物を落とし、通行人にケガをさせてしまった
・子どもが自転車で通学中に通行人にぶつかり、ケガをさせてしまった
・アパートの駐車場で遊んでいた子どもが隣の車を傷つけてしまった
・子どもが野球をしていて、他人の家の窓ガラスを割ってしまった
・飼い犬の散歩中、犬が通行人にかみつき、ケガをさせてしまった
・買い物中にお店の商品のグラスを落として壊してしまった
・ゴルフのプレー中、誤ってボールを他人にぶつけてケガをさせてしまった

近年、自転車事故の損害賠償に備えるための自転車保険などの加入を
義務付ける自治体が増えています。

なぜかと言うと、若い世代の運転による自動車運転事故でも
相手が重い障害を負ってしまうなどの場合で

1億円近い賠償金額となるケースも実際に起きているのです。
そのような高額な損害賠償となる事故が起きる確率は低いとは思いますが

もし、起きてしまった事を考えると、ぞっ!っとしますよね。
そんなとき、自転車専用の保険に加入していなくても

家族の誰かが個人賠償責任保険に入っていれば安心です。
個人賠償責任保険は、自転車事故も補償対象ですし

家族全員を補償対象としているからです。
また、保険金額も、1億円や3億円といった高額補償が一般的ですが

なかには金額無制限で補償している保険会社もあります。
そして、保険料は、保険金額による違いや保険会社による違いがありますが

年間で1000円~3000円程度と比較的安価となっていますので
もしもの場合に備える掛け捨ての経費としては

負担感のないものだと言えるでしょう。
ただし、以下のような場合は、個人賠償責任保険の

補償対象外となりますので注意が必要です。

個人賠償責任保険補償の対象外となる主なケース>
・仕事中に事故を起こした場合
・借りていたものを壊してしまった場合
・故意やケンカによりケガをさせたり、物を壊してしまったりした場合
・車両(船舶・航空機等を含む)による事故の場合
・戦争やテロ、地震や噴火、津波などの大規模な災害による損害
・家族にケガをさせたり、家族のものを壊したりした場合
・心神喪失が原因で他人にケガをさせたり、物を壊してしまったりした場合
・プライバシーの侵害など、形のないもの

安心のためには示談交渉サービスをつけておいたほうが無難

示談交渉サービスがついている場合は、相手方との交渉を
保険会社がやってくれますが、ついていない場合は

相手方との交渉を弁護士などに依頼する必要性が出てくる可能性があります。
安心のためには示談交渉サービスをつけておいたほうが無難でしょう。

前記でも言いましたが、これを機会に
まずは個人賠償責任保険への加入状況を確認しましょう。

家族の誰かが入っていればOKですので
火災保険や自動車保険の特約として入っていないかどうかを

チェックしてみてください。
クレジットカードにオプションとしてつけられる場合もありますので

クレジットカードの特約として加入している可能性もあります。
重複して加入しておくことも可能ですが

あくまでも損害賠償を受けた金額が補償されるだけですので
2つ3つ入っていても、保険料のムダになるだけです。

くれぐれも、「一家に1つ」という感覚できちんと加入しておきましょう。

万が一に備えて加入してみては?

個人賠償責任保険は、単独で販売している保険会社が少ないので
火災保険や自動車保険の特約と付保したり

または子どもの病気、ケガの保障と
セットになっているものに加入する方法があります。

また、クレジットカード等にも付帯されているケースもあります。
火災保険や自動車保険の加入時等に

身近なプロの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました