現場監督の仕事ってどんなことをするの?

住宅悩み解決
スポンサーリンク

現場監督の主な仕事内容

現場監督の仕事内容は、当然ながら作業員とは違い作業員とは比べ物にならないくらい
現場の全体を把握しなければならないでしょう。

又、現場だけではなく、現場で働いている人の性格、健康状態
など、あらゆる場面、状況にも対応できるスキルを身につける必要があります。

作業員で例えると、作業員は自分の仕事に責任を持つだけで他の作業の責任は負わなくてもいいのですが
現場監督は作業員すべての仕事と現場全体(お金のこと、納まり、人員の人数、工法、工程、安全計画など)

はもちろんですが、現場全てのことに対して責任を負わなくてはなりません。
建設現場で事故が起きれば、その責任はミスをした作業員にのみ課されるわけではなく

現場監督も監督責任が問われます。
又、施工上のミス、現場ごとの利益の追求、近隣住民への対応など様々な責任が現場監督にのしかかってきます。

そんなことを意識して作業しつつも
工事が始まったばかりでは、作業員の連携がとれてなく作業員同士がばらばら状況です。

気持ちをひとつにまとめるため、職人に対しても労働環境、仕事のしやすさ、話し合いの徹底などの
対応もして行かなければなりません。

良い工事(管理)をすることにより、利益も上がり、お客様等に喜んでもらえたなら
現場監督冥利に尽きるでしょう。

同じ現場監督と言っても管理体制が違う件

建築工事の現場監督だけにフォーカスしますが仕事内容は

ゼネコンハウスメーカーとで異なります。

それぞれの仕事内容は下のようになると思います。

ハウスメーカー(住宅やアパート専門)

個人住宅がメインで木造の管理が一般的です。たまに集合住宅なども担当します

現場には常駐せず、担当者1人で5件~10件程度見回ることが一般的です
(ある程度の規模の公共工事をやっている会社からすればあり得ません。)

材料等は会社のシステムなどで簡単に発注できたりするので便利です。
(数量などは大工さん任せになることも)

担当物件が遠いと移動で1日が終わり=残業につながります。
(これが大変なんです)

施工写真は職人まかせで大ざっぱ
(現場常駐をしなければ工程写真を写せるわけがありません)

ゼネコン(住宅はもちろん、公共工事、各種構造物の建築)

一応、自分の会社もこれに当たります

小型物件~大型物件を幅広く施工します
(公共施設~構造(木造、鉄骨造、RC造)を問わず様々な工事をします)

公共工事においては現場稼働時は常駐が義務付けられている
(気持ちは的には常駐が無い方が助かる場合も)

建材は緻密な打ち合わせによって決定し、監督の裁量で決定できる場合も
(通常設計屋さんの指示に従う)

施工図や作業指示書と呼ばれるものをとにかく描きこみ常に支持を出す
(これが現場を進めることより難しい)

施工中の写真は工種事でその工程の手順までを詳細に撮影しまくる。

 

ハウスメーカーの場合、一人で担当する物件が多いため品質管理については
実際に工事をしている職人さんたちの手にかかっていると思っていいでしょう。

現場監督と言っても施工管理というよりは、施工段取りのみをする!
といった方がいいかも知れません。

ハウスメーカーよりも和風建築に拘りがある、昔ながら大工がいる工務店などのほうが
品質管理の面では管理が出来ていると思います。

現場監督の役目

現場監督は、限られた予算と人員を活用して効率的な仕事を行い、質の高い完成品をつくらなければなりません。
特定の条件下で工事を完成させることが現場監督の役割です。

しかも、それらを無事故で達成しなければならないのです。
言葉で言うとこんな感じですが、これがなかなかのもんで・・・

金額が決まっているけど、施工上違うやり方をしなければ納まらない、見積りをした項目にはない工事が増えた
なんて事が日常的にあります、こんな時ですら冷静に対処し何もなかったかのように

予算内で納めることができる。
いろいろな事を処理して現場を進めていかなければならないという重大な役割なのです。

必要な能力

能力としては、基本的にまず資格を取得しなければ始まりません。
個人技術力(各職種に対しての知識だったり、納めかたの発想だったり)勉強をして得たことも大事ですが

なんといっても積み重ねた経験にまさる能力はないですね。
いろんな現場、職種などを仕切ってきた監督は、工法だったり、対処方などはやはり能力的に勝ります。

能力としては、低コストで施工できる能力、納期内の完成させる能力、完成品の質の高さを確保できる能力
そして作業中の安全を維持できる能力など、現場監督として身に着けなければならない能力と言えます。

監督の役目でも少し触れましたが、下記のような状況における割り切れる能力(技量)もひつようかと思います。

無事故で完成させるという目的だけに注力すると過剰な安全対策をしてしまい
高コストの工事になってしまったり。
監督の考えにもよりますが、こだわりを持って作業をするのは良いことです。が・・・・
品質の高い工事をすることによって、それもまた高コストになります。
現場監督のさじ加減でお客様のの指定する仕様だったり
品質だったりを追求し見合った施工をする能力が必要です。
それ以上の事もダメ!それ以下もダメ!ならどうすればいいのだ?的なことはこの業界は結構あるんです。

施工管理技士の主な国家資格

建築 1級建築施工管理技士 2級建築施工管理技士

土 木

1級土木施工管理技士
2級土木施工管理技士

建築機械 1級建築機械施工技士 2級建築機械施工技士

電 気 1級電気工事施工管理技士 2級電気工事施工管理技士

管 工 1級管工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士

造 園 1級造園施工管理技士 2級造園施工管理技士

 

まとめ

現場監督には総合力が必要です。
学校で言うと、数学だけ100点で国語も英語も理科も社会も60点の人よりは

全教科まんべんなく70点を獲得する人のほうが現場監督に向いています。
置き換えると、現場の納めや工事が綺麗だとしても、予算をオーバーしてしまっている。

これは、客様的には上出来ですが、会社的には不合格なのです。
逆で例えると、企業としてどうなのって話にもなりますが、お互い納得出来れば良いのです。

なんて・・・・総合的に判断し割り切れる能力と言ったところでしょうか。
したがって現場監督を目指す人は、自分の強みと弱みを理解したうえで

弱みの克服に取り組んだほうがいいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました