引っ越し作業は大変、懐かしい物が出てきてはかどらない!

引っ越し
スポンサーリンク

荷造りをスムーズに済ませたい

まず、引っ越し作業(荷造)をする前に転居手続き、住所変更、見積もり、業者決めなど・・・
やらなければならないことが山ほどあります。しかし、生活をしている以上前もって全ての荷造りは

なかなかできないのが現状だと思います。
時間ばかりが過ぎて、片づけたものを又使うなどといって引っ張り出すこともあるのでは?

いつまでたっても片付かない。それが現実ではないかと・・・
荷造りを業者に任せるといった手もありますが、お金もかかります

余裕をもって作業に取り掛かる事と、使用する物(運ぶ物)、捨てるもの(運ばない物)を
明確にして作業に取り掛かると意外とスムーズに終えるものです。

スムーズに荷造りをするために

自分も何回か引っ越しをしたり、業種がら作業を手伝ったりととしてますが
自分流になってしまうと思いますが、こうしたらいいのでは?
というような事を少し述べたいと思います。

先に使わないであろう物を片付けるといいと思います

引越しの荷造りで先に手をつけておきたいのが、普段使わないもの
または不用品が多くしまわれている押入れ、物入の奥にある物などです。

不用品の処分にも時間がかかりますので、荷造りと同時に進めていきければいいと思います。
ダンボール箱に入るものは段ボール箱に、来客用の布団などは布団袋にそれぞれ

荷造りが終わった状態で押入れに戻しておくのがコツです。
荷造りが終わった荷物を押入れに戻しておくことで、部屋も広く使えその後の梱包作業をする

スペースを確保することができます。
また歯ブラシ、洗面用具、台所用品など引越し直前まで使用するもの、タオルや石鹸、着替え

雑巾、ゴミ袋など引越し先ですぐに使うようなものは手持ちの荷物としたほうがいいでしょう。
転居先ですぐになかったら困るのがトイレットペーパーだったり、手洗い石鹸などです。

引越し前は最低限の買い物で済ませようと、消耗品類は『向こうで買えばいいか。』と考える人が多いものです。
転居先で近くにコンビニなどがあればいいのですが、トイレットペーパーは待ったなしの生活必需品です

忘れずに用意しておきましょう。
またドライバーやカッターなども色々な場面で重宝する道具なので

トイレットペーパーと合わせてすぐに使えるようにしておきたいものです。
たとえば、洗濯機の給水栓の取り付けなどは業者のオプション作業となっていることもありますので

自分で作業するとなった時にドライバーがないことには洗濯機が使えないということにもなります。
また、電子レンジのアース線接続など、自分で行う必要がある作業には多くの場面でドライバーが重宝します。

100均などで売られている安価なドライバーセットでも十分ですが、プラスとマイナス
それぞれ大小のサイズが揃っているものがおすすめです。

入口(玄関)から遠い部屋から順に片付ける

荷造りをしている間も引越し当日までは普段どおりの生活をしています。
廊下や玄関、家族がくつろぐリビングなどに荷物で溢れ返ったり、積み上げるような状況に

るようなことは避けたいものです。
引越しの荷造りをしながらでも快適に暮らすためには

玄関から遠い部屋から始めるほうがいいのではないかと思います
荷造りを終えたダンボール箱などは、その場ないしその部屋に次々と積み重ねていくことになります。

玄関近くの部屋から荷造りを始めてしまうと部屋に入りづらい、外に出づらいといったことになります。
ご家族が多い引越しで部屋を1つ開けることが出来れば「荷造りが終わった荷物はこの部屋に。」という

部屋をひとつ決めておくと良いです。
そうすることによって、運搬時に一か所の部屋からのみの動線となるため効率がよくなります。

又、部屋各所に傷をつけたりするリスクも減るためお勧めしたいと思います。

 

段ボールの箱は軽い物は大きい箱・重い物は小さい箱に

引越し業者が用意するダンボール箱を利用される方がほとんどだと思いますが、
このダンボール箱にはサイズがあり、それぞれに適した荷物というのがあります。

仮に持ち上げることができたとしても、ダンボールの底が抜けてしまったりといったことにつながります。
たとえば衣類用の大きなダンボールに、本やレコードなど小さくて重量のあるもの

箱の容量いっぱいに詰めてしまうと、これは引越し作業員でも持ち上げることができないかもしれません。
ダンボール箱への箱詰めの基本は、軽い物は大きな箱に、重い物は小さな箱にと覚えておきましょう。

例えば、大きい段ボールに単行本などを詰め込んでしまうと以下の感じになってしまいます。

ダンボールが重たすぎて持ち上げられない作業員
詰め方によっては、ちょっとした作業員いじめになりかねませんので注意してください。

荷造りの終わったダンボールには、引越し先でどの部屋に運び込むかがわかるような記載があると
引越し作業がスムーズに進みます。

又、自分もいちいち支持をしなくて済むので、その分他の作業に専念することが出来るでしょう。

 

例)2階洋間、1Fキッチン、2階6畳間など

このとき、ダンボールを積み重ねてもわかるように、行き先の部屋をダンボールの側面に書くのがコツです。

転居先で使う場所は、箱の側面に書きましょう。

文字がはっきり見える太字のマジックがおすすめです。

行き先の部屋は黒のマジック、割れ物や壊れやすいものには赤のマジックでワレモノと追記するなど
2色のマジックを使い分けると作業員的には良いと思います。

余裕があれば親切でやってあげてください。

荷造りするうえでの注意点

引越し業者が箱詰めや梱包をした場合を除き輸送後に荷物が破損していた場合などは
外観に大きな外損がなければ荷造りをした側の責任になることを覚えておいてください。

荷物にはそれぞれ適した荷造りの方法があるみたいです、自分もそんなに詳しくはないのですが
引越しの現場では引越し作業員に荷造りの改善を求められるケースもあるらしいです。

引越し作業員が実際に行う荷物にあわせた箱詰め、荷造りのコツなどをご紹介します。

冷蔵庫

コンセントを抜くと庫内が外気温に戻っていく段階で結露が発生したり
冷凍庫内の霜が溶ける段階で水が出ます。

引越しの前日、または遅くとも6時間程度前までに冷蔵庫、冷凍庫を空にしてコンセントを抜きます
このとき冷蔵庫、冷凍庫の扉は開けたまま底に厚手のタオルなどを敷き

結露や霜が溶けることで出た水分を吸収させ、庫内を乾燥させます。
又、コンセントの線などは束ねてテープ棟で本体に着けておくといいです。

食器類

器類の梱包には、引越し業者が使う専用の緩衝材があればベストですが
自分でやる場合は専用のものが無いので、新聞紙で割れないように包むことで十分代用可能です。

新聞紙1枚を広げて軽く揉みほぐして空気を含ませてから使うのがコツです。
食器をひとつずつ丁寧に包み、重たい食器を下に軽い食器を上に、お皿は平らではなく立てて並べていきます。

こうすることによって上からの加重がかかった場合に割れにくくなります。

衣類

コートやスーツなど長物衣類は業者の用意するハンガーボックスで
衣類をハンガーにかけたまま運ぶことができます。

そうでない場合は圧縮袋などに衣類を入れておくといいかと思います。
プラスチックの衣装ケースなどは中身が入ったままでも運べるのでそのままでも問題ないです。

テレビ・ビデオ

テレビアンテナの脱着、配線などは基本的に有料オプションとなるはずです。
コンセントの抜き差しぐらいはしてくれると思いますが

引越し業者の作業範囲は基本的に機器の運搬、設置のみとなります。
テレビ・オーディオの配線、インターネットの接続など、ご自身で行う自信の無い場合には

このような有料オプションを利用するのがいいでしょう。
自分でやる場合は、配線がどうなっていたかを解るようにしておきましょう。(写真を写すなど)

洗濯機

洗濯機の取り付け、取外しともに標準サービスとしている引越し業者が多いですが
有料オプションとしているところもあるので注意してください。

とうぜんですが衣類はすべて取り出し、水をきちんと抜いておきましょう。
ドラム式洗濯機の場合、輸送用の固定ねじ(輸送ボルト)がないと洗濯機が故障する可能性があります。

失くしてしまった場合にはメーカーへの問い合わせをおすすめします。

家具・ベット

家具類、ベッドは引越し業者が分解、組み立てを行うケースがほとんどです。
分解、組み立てにはあらかじめ家具やベッドに付属する専用工具が必要となる場合があるので

このような専用工具は引越し後もなくさないようにしないといけません。
また、現在の住居に吊り上げ、クレーン作業など特殊作業で搬入した家具などがある場合には

あらかじめ引越し業者にその旨を伝えることが必要です。

これが出来れば次のステップですね

簡単に引っ越し準備の流れを書いている記事も参考にしてください。

まとめ

  • 引越し荷造りスタートの目安は2週間前
  • 普段使わないものを先に、使うものを後に
  • 玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に
  • 軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に

さらにダンボールに入るものは徹底的にダンボールに箱詰めすることです。
箱詰めすることでダンボールを重ねることができ、荷造りのスペースも確保できるようになります。

ひいては引越し当日の作業もスムーズになり、荷物破損のリスクを減らすことにもつながります。
何よりきちんと荷造りされた荷物は、引越し作業員も丁寧な荷扱いをするものです。

お互い気持ちよく作業を終わらせたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました