引っ越しの時に出る不用品を上手に処分する方法!

引っ越し

引っ越し時に出る不用品を上手に処分

引っ越しをしようと計画し、いざ!片づけを始めると
必ず出てくるのが、大量の不用品。

新居に引っ越しするタイミングで、今まで使っていた家具や家電を
買い変えたりすることで、必要のなくなったものを処分したり

また、引越しを機に心機一転のつもりで今まで手放せなかったものを
処分する人もいるでしょう。

小さいものは家庭ゴミとして、日ごろからある回収日に合わせて捨てられますが
大きな家電や家具などは不用品処分業者や行政の制度を利用して

正しく処分しなくてはなりません。
以下では、引越しの際の不用品処分の方法をご紹介します。

安く引っ越ししたいのは当たり前!方法さえ知れば解決。
安く引っ越しする方法 新たな生活をしようと引っ越し時期が近くなるとワクワクしてくるものです。 最初のうちは準備は自分でやろう! なんて張り切って行動したものの、実際に行動に移すと これがなかなか大変なものです。 そんな中気...

引っ越しの不用品を処分する方法

引っ越し業者に処分してもらう

引越し業者によっては、不用品の買取や引き取りサービスをオプションで
提供している会社もあります。

見積時に相談をしてみましょう。

費用:買取は0円/引取りは業者により費用が異なる
メリット:手間がかからない
デメリット:引っ越し業者が限られる。
買取・引き取りに条件がある場合もある。

引越しと同じタイミングで不用品の処分を行うことができるので
手間がかからないのが最大のメリットです。

引越しの見積り時に、買取の査定や引取りの可否の確認をしてもらえます。
不用品が出そうな場合には、事前に引っ越し業者さんに相談しておきましょう。

いざとなった時のために、不用品はまとめて整理しておきましょう。

リサイクルショップで買い取りしてもらう

自分でリサイクルショップに不要品を持ち込む方法もあります。

費用:運搬費用のみ
メリット:処分費用がかからない。
リサイクルショップと買取価格の交渉が可能。
デメリット:買取してもらえないものもある。
自分でリサイクルショップまで運搬しなければならない

リサイクルショップで買い取りをしてもらえば
当然、処分費がかかりません。

持って行ったりするのは手間はかかりますが
モノによってはまとまったお金が手に入る可能性もあります。

ブランド品や故障していない比較的新しい家電製品などは
ほぼ、買取してもらえる場合が多いです。

事前にリサイクルショップに買取品目や値段を相談してみるとよいでしょう。
ネット上で査定をしてもらえる、不用品買取の一括査定サービスもあります。

簡単に査定金額が算出されるので、およそいくらになるのかも解ったりします。
相場を把握するためにも活用してみてもよいかもしれません。

オークションで販売する

個人が個人に販売できるオークションサイトを利用する方法もあります。

費用:配送費用
メリット:お金が手に入る。
処分費用がかからない。
リサイクルになる。
デメリット:出品登録や交渉などの手間がかかる。
配送の手配が大変。

商品を必要としている人に、スマホで手軽に販売できるのが
オークションサイトのよいところです。(メルカリなど・・)

買い手が見つかったら、自分で梱包して配送をしなければならないので
大型商品の売買は大変です。

交渉次第ですが、送料も自分で負担しなければならない場合もありますので
いくらで販売するか、相場を確認してよく検討してから出品しましょう。

思い切って欲しい人に譲る

買取店に持ち込んだり、ネット販売をするとなると
「いろいろ手間がかかって面倒」だという方は

思い切って欲しいという人がいれば、譲ってしまいましょう。

費用:場合により配送費用
メリット:手間が少ない。
必要としている人に使ってもらえる。
デメリット:自分で配送しなければならない場合もある。
収入にはならない。

知人やSNSを通じて欲しい人を見つけたり
地域の施設の掲示板などで欲しい人の募集をかけたりと

知り合いでなくとも欲しい人を見つける方法はあります。
配送はどちらが担当するかなど交渉の必要はありますが

本当に必要としている人に譲るのは、気持ちのいいものです。

粗大ごみに出す

一番スタンダードな方法が、自治体の粗大ごみに出す方法です。

費用:1つあたり200円~500円程度
メリット:自治体による収集なので安心できる
デメリット:申し込みが必要。
直前の申し込みはできない場合もある。
玄関まで自分で運ばなければならない。

自治体の粗大ごみ収集受付に申し込みをすれば
玄関前まで収集に来てくれます。

収集費用は粗大ごみの大きさにより異なりますが
1つあたり200円~500円程度のものが多いでしょう。

家電を出す場合には、家電リサイクル券が必要なものもありますので
注意が必要です。

家電の不用品処分方法については、後ほど詳しく解説します。
このように、不用品処分にはいくつかの方法があります。

処分方法によっては、全ての不用品は受け付けていない場合もありますので
いくつか方法を組み合わせると、より安く処分できるのではないでしょうか。

見積もりを数社から取り寄せれば金銭的なことも吟味できますし
より便利に出費を抑えることが出来るでしょう。

まとめ

引っ越しは、不用品を処分する良い機会ですが
逆に、最も面倒な作業の1つでもあります。

引っ越しが決まったら、早めに処分する方法を決めて手配を進めておきましょう。
粗大ごみで処分すると費用がかかりますが、買取を依頼したり

オークションを利用したり、欲しい人に譲ったりすることで
環境にも優しく、処分費用もかかりません。

新居を住みやすいものにするためにも
不用品はそれぞれに適した方法で正しく処分することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました