マキタのインパクトドライバーのお勧め!ドライバーはパワーがものをいう!

建設業
スポンサーリンク

使用目的別に分けてみました

インパクトドライバーと言ってもいろいろなメーカーから出ていたり

性能もいろいろあって何がいいのか解らないで、とりあえず安いのでいいかな?

なんて思って買うと後悔することになります。

これからDIYを楽しもうとする人は、14.4Vでも十分です。

しかし、ある程度慣れてきた人にとっては絶対もの足りないことになるでしょう。

プロ目線からお勧めを紹介します。

今回はマキタですが、メーカーでのお勧めは、プロが使っているメーカーで人気なのが

  1. 日立
  2. マキタ
  3. リョウビ

その他DIYを楽しむのであれば上記で紹介したのはもちろん

  1. ブラックデッカー
  2. パナソニック

などといったところでしょうか。

今回はマキタの商品を紹介します。

  • 紹介するドライバー以外に40Vというハイパワーのドライバーもありますが
    プロであればこのパワーを使うことが多少あるかな?というレベルです、慣れていないとパワーがありすぎて板材を貫通するような
    事態になります。確かに打ち込みは抵抗なく、入り込みますが注意が必要です。なので今回は40Vは紹介しません。

マキタ インパクトドライバー 18v

DIYには十分すぎるパワー

自分も18Vを使っていますが、65㎜、75㎜のビスならスムーズに打ち込むことができます。

90のビスになると、少し抵抗を感じるものの、わりとスムーズに行けます。

ちょっとした板を止める、家具を組み立てるなどに使う場合は

持て余しそうです。

基本的に構造物を制作するといった場合に使用するといったイメージです。

マキタ インパクトドライバー 14.4V

 

 DIY向きちょうどいいスペック

18Vよりはやはりパワーが落ちますが65㎜、75㎜のビスでも普通に打ち込むことができます。

ただ、ドライバーのモーター自体に負荷がかかっているので

長いビスを連続して打ち込むと電池の消耗が早いです。

多少負荷がかかった感じはするものの普通に打ち込むことができます。

90のビスになると、やはり抵抗を感じます。

家具の組み立て、垂木(45×45)程度の打ち込みであれば全然抵抗なく使用できます。

基本的に構造物も行けますが、ある程度薄い材料、家具の組み立て

などの制作するといった場合に使用するといと思います。

マキタ インパクトドライバー 10.8V

物作りというより板材の打ち込み作業向き

このドライバーはちょっとした板材などの打ち込み作業に向いています。

ビス長さで行くと45㎜以下の長さのビスを打ち込む作業といったところでしょうか。

わりと軽作業向きのドライバーです。

ある程度の木材などを使用して何かを組立てるなどの

作業をイメージしているのであれば、この商品は不向きです。

マキタ ペンドライバー

既製品家具の組み立て、電化製品の組み立て作業など

このドライバーは軽作業に特化している商品です。

ビスを打ち込むというより締め付けるといったイメージです。

既製品家具の組み立て作業、家電の分解、組み立てなどの作業に使われます。

なので、電気職人、電化製品のメンテなど、細かいネジの取り外しといったような

作業を行っている人は必見アイテムです。

まとめ

同じ、ドライバーと言っても用途と、作業内容で使用するドライバーを使い分けると

同じ作業でも作業効率がずいぶん変わってくるものです。

本格的な作業であればハイパワーののも

軽作業であればコンパクトなのも

ドライバーに限ったことではありませんが、建設作業では

いろいろな道具があります。

その道具の使い方次第で、作業効率が全然違ってくるものです。

状況と作業内容にあった工具選びが重要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました