マキタ電動工具を初心者から上級者まで使いこなせる丸ノコおすすめ!

工具、建材/インテリア
スポンサーリンク

マキタのお勧め丸ノコ!素人からプロまで幅広く使える優れもの!

そもそも丸ノコは円形の刃を回転させることによって
木材、金属などを切断する電動工具です。

手で切るのとは違い、正確性、スピードともに比較にならないほど
作業効率に差が出ることでしょう。

ただ、丸ノコは便利な道具である一方、使い方を間違うと
大怪我をすることになります。

便利で良い!というのは違いないですが
用途によって最善なものを選んぶことが大事です。

今回はいくつかのモデルを紹介したいと思います。
また、選び方についても少し説明させていただきますので

参考にしていただければと思います。

丸ノコの基本

一般的には大工さんが使っている=木材を切る!
そういったイメージだと思います。

まさにその通りです。

ただ、場合によってはサイディングを切ったり、ちょっとした金属を
切断するときにも使ったりしています。

そういったことから、同じ丸ノコとは言ったものの、少しばかり仕様が
違ったりしている物もあります。

丸ノコで木材を切る

木材のカットする丸ノコはいくつかあります。最も手軽なのが
手持ち式丸ノコです。

軽量なモデルが多く、女性でも片手でスムーズに切断することが出来るのが魅力。
ただし、フリーハンドで使用するタイプなので、正確に切るには練習が必要です。

 

 

卓上丸ノコ

架台と丸ノコが一体となっているため、下方向に押してあげるだけで
切断できます。
水平方向の角度を調整することが出来きます。
手持ち丸ノコとは違い、架台と一体となっているため、角度を調整してしまえば
固定された状態で切断できるので、ブレずにキレイに切断することが可能です。

又、縦方向の角度ですがずaのように片方のみ45度限定です。

上図のように、点線部分のように切断する場合でも
角度を調整してセットすることで簡単に切断することができます。
この卓上丸ノコの角度に関しては、左45度のみとなっています。

マキタ LS0840F 216mm卓上丸のこ (蛍光灯付/チップソー別売) 【送料無料】

 

 

卓上スライド丸ノコ

より幅の広い木材を切りたい場合には、卓上丸ノコのアームが前後にスライドする「卓上スライド丸ノコ」がおすすめです。

水平方向の角度を調整することが出来きます。
縦方向の角度も調整が可能。

手持ち丸ノコとは違い、架台と一体となっているため、角度を調整してしまえば
固定された状態で切断できるので、ブレずにキレイに切断することが可能です。

又、縦方向の角度ですがa、bのように角度が自由に設定できます。

上図のように、点線部分のように切断する場合でも
角度を調整してセットすることで簡単に切断することができます。
角度に関しては、通常は左45度、右5度までとなっています。
製品にもよりますが、左45度、右45度になる製品もあります。

 

丸ノコでサイディングを切る

サイディング(建物の外壁に使われる素材)や金属を切るときに
おすすめなのが「集じん丸ノコ」です。

木工用の丸ノコでも切ること自体はできますが
空気中に粉じんが舞い上がってしまう恐れがあります。

集じん丸ノコは、切断時に出る粉じんを集めるダストボックスが付いているので
周囲に切り粉、特にサイディングはセメント系の粉塵をだしますが

それを防ぐことができます。

紹介した丸ノコには給電方式の違う物があります

コードありタイプ

AC電源に接続して使うコード付きのタイプは
安定したパワーが持続することが最大のメリットでしょう。

又、本体価格コードレスと比べ安いのが特徴です。
当然ながら、長時間使ってもパワーが落ちないので、切断作業がスムーズです。

190mmや216mmなど外径の大きい刃(チップソー)に
対応した機種も豊富に揃っています。

コストを抑えたい方におすすめですです。
ただし、電源とケーブルで繋がれているので、電源のない所では当然使えません。

又、延長コードの届く範囲でしか作業できませんので注意が必要です。

コードレスタイプ

バッテリーを搭載したコードレスタイプは、取り回しやすさが魅力。
移動しながら使う場合や、コンセントが近くにない場所での使用時に重宝します。

かつてはAC電源タイプに比べてパワーが足りないと言われていましたが
最近はパワフルなモデルも多数登場しています。

とくに18V以上のコードレスタイプ丸ノコは
コードありタタイプと遜色がなく、お勧めです。

使い勝手に優れたコードレスタイプの丸ノコですが
バッテリーを搭載しているため本体が多少重く

使用時間にも限りがあるのが難点です。
特に厚みのある材料などを連続して切っていると、電池の消耗が早くなります。

また、バッテーリーが調子悪くなってきて、取り換えようと思ったときは
バッテリーの価格が高いのでその辺も頭に入れておきましょう。

 

刃の大きさで切れる範囲が変わってくる

最大切り込みの深さをチェック

丸ノコの刃を選ぶ際にこだわるべきは「最大切り込みの深さ」です。
刃の外径が85mmのものだと、最大切込みの深さは25.5mm。

同様に、外径125mmなら37mm、外径147mmなら47mm、外径165mmなら56mm、外径190mmなら69mm、外径216mmなら80mmまで

深く切り込むことが可能です。
どんな木材を普段多く切るのか、また大きい材料もたまに切る!

といった人は状況に合わせて購入するようにしてください。

外径125 56p

外径147 52p

外径165 60p

外径190 72p

外径216 70p

 

歯数をチェック

丸ノコの刃を選ぶ際は、「歯数」もチェックしましょう。
上記で紹介した丸ノコの刃もそうですが
歯数が39以上のものから100以上のものまで多彩に揃っています。

刃の外径が大きくなるほど歯数は増えますが40~70歯程度のものが一般的です。

切断面をなめらかに仕上げたい場合は、歯数が多めの丸ノコがおすすめ。
切り口の仕上がりよりも切断作業のスピーディーさにこだわる場合には
歯数が少なめの丸ノコが適しています。

刃が少ないとバリが出やすくなりますが、切断時の抵抗が減るため速く切れます。一般的に歯の数は「P」で表示されているので、確認してみてください。

刃のサイズをチェック

丸ノコは、刃が消耗してくると切れ味が衰え、絶断面が荒れてしまいます。
刃を買い替える際は、必ず購入時に付いていた刃と同じサイズのものを

選んでください。
丸ノコは、刃のサイズに合わせてボディやカバーを設計されているので

異なるサイズの刃に付け替えることはできません。
なお、刃のサイズが合っていれば他メーカーのものでも使用できます。

マキタ丸ノコおすすめ商品

コード付きタイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ 電動丸ノコHS6301SP※北海道、沖縄、離島配送不可【smtb-s】
価格:23760円(税込、送料無料) (2020/5/8時点)

プロ仕様のパワフルさとシャープな切れ味が魅力。
約5500回転/分のパワーでしっかり切り込める、作業性能に優れたモデルです。

さまざまな木材や合板をスピーディーにカットすることができます。
刃外径165mmで、最大切り込み深さは約57mm。45°傾斜が可能で

その際の切り込み深さは最大38mmです。
セイフティカバーには「切り込み深さ目盛」が付いています。

この目盛にベース下面を合わせるだけで
切り込み深さを設定することが可能です。

また、前面に大型トップガイドが付いているので
墨線と刃先を合わせやすく、正確な切断ができます。

作業中は、ブロワ機能で刃先周辺の切りクズを吹き飛ばせるので
墨線が見やすくなる点も魅力です。

刃の上部には安全のためのブレードカバーを採用。
カバーの内側は切りクズをスムーズに排出させる構造になっています。

モーター部がフラットになっているのも本製品の特徴。
横置きしたときにしっかり安定するので、刃の交換を安全に行えます。

また、丸ノコの寿命を左右するベース素材にはアルミダイキャストを採用。
滑りがよい上、変形もしにくいので長く愛用できます。

コードレスタイプ

この1台で、型枠・きざみ・造作作業ができる、使い勝手のいい丸ノコ。
AC電源タイプとほぼ同等のパワーを有しています。

刃の外径は165mm、最大切り込み深さは約66mmで
二寸二分の厚さも一発で切断可能。ベース素材は、変形しにくいアルミ製です。

搭載しているモーターは、ハイパワー大型ブラシモーター。
刃が1分間に5000回転するので、切断作業がスムーズです。

切りにくい素材を切る際にモーターに負荷がかかると
切断スピードを自動で変速します。

精密なカットを実現するためには、ベース側面と
刃の平行度を保ちながら切断しなければなりません。

しかし、本製品には、平行度をより高精度に保つための
固定ツマミや微調整機能が付いているので安心です。

また、アンギュラ(角度)ガイドとベースが別になっているので
切り込み深さをスムーズに調整できます。

そのほかにも、切りクズを後部に吹き飛ばすブロワ機能や
切り込み深さストッパー、切断中に墨線を確認しやすい構造

左5°傾斜切断機能などを採用。
効率よく、安全な切断作業をサポートします。

なお、バッテリー・充電器は別売りなので注意しましょう。

防塵タイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ 充電式防じんマルノコ 125mm KS521DZ 本体のみ
価格:25672円(税込、送料別) (2020/5/8時点)

約4300回/分の高速回転で、切断効率と作業性に優れた防じん丸ノコ。
小型で軽量なリチウムイオンバッテリー搭載したことで

従来品と比べて約2倍の切断スピードを実現します。
刃の外径は125mm、最大切り込み深さは約37mmで

本体は高さ206×長さ330×幅132mmとコンパクト。
プロはもちろん丸ノコを使い慣れていない方にも使いやすい1台です。

本製品はデジタル通信による最適充電ができるのもポイント。
ニッケル水素差込み式バッテリーにくらべて

バッテリー寿命までの総作業量が約3.3倍と長持ちします。
メモリ効果がないので、継ぎ足し充電も可能です。

また、自己放電の少ないバッテリーなので
長期間使わずにいても満充電時のように快適に作業できます。

刃・モータ・ハンドルを最適なバランスで配置した設計により
使いやすさをアップ。

薄暗い現場での「見にくさ」をサポートするLEDライトや
刃先位置目印、工具レス調整トップガイドなど

使用感を高める機能も多数搭載しています。
また、ベース素材は歪みにくいアルミ製なので、長期間快適に使用可能です。

なお、本製品は本体のみなので、バッテリーと充電器は別途購入しておきましょう。

お手軽コードレスタイプ

手軽に使えるコードレスタイプの丸ノコ。
バッテリーを含んでも約1.4kgという重量は

コードレスタイプの丸ノコでは世界最軽量クラスです。
充電式インパクトドライバーと同程度の軽さで

これからDIYを始めるという方でも扱いやすいのが魅力。
長時間の作業でも疲れにくいというメリットがあります。

本体の寸法も300×170×154mmとコンパクト。
外径は85mmで、最大切り込みの深さは25.5mmです。

ブロワ機能が搭載されているため
切り粉を吹き飛ばしながら効率よく作業を進められます。

手軽さを重視して丸ノコを選びたい方におすすめです。

左効き用

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ電動工具 165mm逆勝手マルノコ 5632BLA(チップソー付)
価格:20020円(税込、送料別) (2020/5/8時点)

左利きの方におすすめの逆勝手の丸ノコ。
これを右手で使うと墨線が見やすくなることから、右利きの方でも使用できます。

本製品は刃外径165mm、最大切り込み深さ約57mm。
1分間に4700回の回転パワーでしっかりと切り進めます。

持ち手部分は滑りにくく握りやすいソフトグリップ仕様。

ブレーキも搭載しているので、安心して切断作業を行えます。
刃先や墨線が見えにくいときはライトを点灯させることで、

スムーズに作業できるのもポイント。
歪みなどの変形が起きにくいアルミベースなので、安定した切断ができます。

最後に一言

丸ノコは、プロはもちろん!
DIYライフをより一層楽しいものにしてくれる道具です。

一見危険そうに見えますが、正しい使い方を守れば問題なく使えます。
今回ご紹介した丸ノコの選び方を参考に

自分にとって使いやすい丸ノコを手に入れてください。

使用の際は取り扱い説明書をよく読んで、ケガの無いように使用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました