雨漏りから大事な家を守るために

リフォーム
スポンサーリンク

雨漏りから大事な家の修理を任せるために

最近、日本では異常気象による災害が多々起きています。
このような自然災害が起こると、現在お住いの家にもどうしても影響が出てきてしまいます。

自然災害、その他の影響で、自分の家に支障が出た場合、ほぼ早急に対処しなければ
ならないような案件がほとんどです。

そういった場合、保険の確認はもちろんですが、平行して業者に修理費がどのくらいの費用がかかるのか?
見積もりを提出してもらわなければ保険屋さんに請求することは出来ません。

雨漏り修理に至るまで

台風、凍結などの原因によって雨漏りが発生した場合、やはり焦ってしまいますよね。
そんな時は、慌てずに業者さんに連絡をして状況を確認してもらうべきです。

ただ、業者が確認してきたとしても、あくまで状況確認(雨漏りの場所の特定など)
くらいしかできないことが大半です。

そういった状況は大抵の場合、天候が荒れているので、天候が回復してからじゃないと修理も出来ません。
なのでその場で、「雨漏りを止めてください」と言われたとしてもかなり難しいです。

出来ることとしたら、お客様に処理方法を教えられるので、その教え通りに
お客さま自身で処理することとなるでしょう。

雨漏り依頼時に業者に伝えるべきこと

  • 雨漏りが発生している場所(床、壁、天井など)出来れば詳細を伝えましょう。
    例)床に水が溜まっているけど、水が流れてきたところを辿るとサッシ付近から伝って床にたまってる。
  • 雨漏りしている部屋の階数
  • およその築年数

ご加入中の火災保険を活用して、お家を無料修繕する

依頼を受けた業者による調査

依頼を受けた業者は、話の内容からおよその原因を思い浮かべながら現場に向かっています。
現地に到着したらまず、雨漏りの状況を確認します。

それが何処から侵入してきている水なのかを特定しなければなりません。
天井などであれば、点検口がある場合はそこから人が入り点検するなどしなければなりません。

目視による確認

実際に雨が降っていれば何処から侵入してきているのか目視して確認します。
後日談になった場合は、侵入してきた形跡が消えてしまっている場合もあります。そうなった場合

散水による確認

単純にここではないか?と思われるところに水をまいて、雨を再現します。
そうすることで、雨漏りの場所を特定して修理する箇所を決定します。

調査が終わったらいよいよ見積もりです

これは状況によって全然違ったものになります。
とりあえず、考えられる工事の項目を記載してみたいと思います。

足場を組み立てる(1~2日程度)

屋根などの作業名なる場合は状況次第で、足場を組み立てなければ作業が出来ないことがあります。
一般的な大きさの家であれば、約1日で足場が組めますが、大きい家だっり、形が複雑な場合は
もう少し日程が必要とされる場合もあります。

屋根工事(1~10日程度)

何らかの原因で屋根に釘の太さほどの穴が開いていた!なんて場合は補助作業としてパッチをして直す。
といった方法だと1日で終わります、
それとは違い、屋根全体が錆てしまっていて、何処から水が浸入してもおかしくない状況であれば
張替えなければならないということも考えられます。
そうなった場合はやはり10日程度の日程は必要となってきます。

屋根(コーキング)工事(1~2日程度)

基本的に屋根には収まりの関係でどうしようもない場合以外は
コーキングで水を防ぐというような考えで納めるようなことはプロなら絶対にしません。
確かに水を侵入させないために行うものですが、プロとの違いは、あくまでもコーキングは
簡易的な防水であると考えています。
なのでコーキングが切れて水が浸入したとしても、大丈夫なように収めるのが一般的です。
コーキングが切れたら、そこから構造体の内部に水が入るなんて怖いことは業者は絶対にしません。
気を使って施工していても入るときは入るのですから!

外壁(コーキング)工事(1~2日)

雨漏り=屋根とは限りません!壁からだって入るのです。
特にサッシ廻りであったり、外壁のジョイント部分であったり。外壁についてる器具廻り
外壁自体の劣化など・・・そういった所が原因で雨漏りすることもあります。

外壁(劣化、破損などによる)張替え(1~3日)

※足場、外壁目地コーキングの日程などは含めていません。
外壁の破損であれば、屋根同様に部分的にコーキングで納めて様子みましょう。となるか
張替えということになります。
外壁の劣化であればこれはもう張替えをした方が良いかと思います。
予算に応じて対処することをお勧めします。

内装工事(部屋一か所のみの部分補修1~2日+クロス1日)

壁、屋根からの雨漏りにより、ボードがふやけてしまった。
その時は大丈夫だったけど、後にシミが出てきたなどという場合があります。
そういった場合、外回りの壁なら状況により変わりますが、壁内部のグラスウールを取替えたり
壁のボードを入替えたりしなければならなくなる場合もあります。
そういった場合は部屋の部分補修であれば2日程度もあれば十分です。

業者選びで注意したいポイント

これはあくまでポイントであります。
これを満たしていればいい業者とは限りませんし、満たしていないからと言って悪い業者とも限りません。

屋根に上がってちゃんと調査をし。散水にて確認をする

雨漏り修理を10年以上経験してきたベテランの人でも、原因特定に100%成功するわけではありません。
それだけ難しい作業です。
原因を疑われる場所を特定できたら、外壁又は屋根など登って直接目で確かめることは最低限の条件です。
もちろん目視調査だけでは不十分で、水をまいて雨漏り状況を再現する散水調査も必要となるでしょう。
これをやらない業者は原因が解っていないのに、工事をします。といってるのと同じです。
どう考えてもおかしい話ですよね。こんな業者には気を付けましょう。

作業前に原因や作業内容の説明をしっかりしてくれる

原因はなんだったのか?それに対しどんな修理の仕方をするのか?
作業前に、しっかりと原因や修理の内容を説明してくれる業者を選びましょう。
説明のない業者では、依頼者の不安な気持ちが消えませんし、誠実な業者とは言えません。
トラブルになる可能性も高いでしょう。

詳細で解りやすい見積書を提出してくれるか

最初にも言った通り、状況も確認しないで見積書をだすということは
適当な見積りを出しているということになります。
信頼関係があるのであればまだしも、そうでない場合は見積もりを出してもらい
納得したうえで工事に取り掛かってもらうことにしましょう。
疑問に思うことはしっかり確認するべきです。

これは無いと思われますが前払いを要求してくる

理が完了する前に、前払いを要求してくる業者は止めましょう。
トラブルになる可能性が高いです。
修理が完了した後にお金を払うようにしましょう。

まとめ

今回は雨漏り修理の期作業期間と内容をご紹介しました。
業者や作業内容・台風などの繁忙期間かどうかによって変わりますが

一般的に簡単に治りそうなら1~2日程度、少し大掛かりになると1週間又は2週間くらいで
完了できることが多いようです。(なんでそうですが場合によります)

悪天候での作業はできないため、雨が多い時期の作業は思ったより時間がかかることもあります。
既に雨漏りが起きていることがわかっているのであれば

できるだけ雨の少ない時期に行っておくことがおすすめです。
また雨漏りは台風などの自然災害が原因だった時、条件を満たせば火災保険が適用されます。

火災保険を取り扱った業者もあるので、原因があやふやな場合、調査を依頼してみるのもいいかもしれません。

https://minamamori.com/knowledge/repair/
https://yourmystar.jp/relivers/rain-leaking-repair/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました