暑くて寝れない!寝苦しさから解放される知恵。

対策/チェックポイント

暑くて寝れない!そんな原因を取り除こう

夏場は湿度が高く、部屋が暑くて寝られないという事が多々ありますよね。
日中暖められた空気が部屋の中にこもっていて部屋の温度が下がっていないこと

体温がなかなか下がらずに眠りにつきにくくなることが考えられます。
人は眠るとき徐々に体温が下がっていってから眠りに入っていきますが

暑くジメジメする夏はなかなか体温が下がらずに
寝にくい状況になってしまっているのです。

ということは体温を効果的に下げてあげたり
部屋の温度を適温にすることができれば眠りに入りやすくなる

という理屈が成り立ってきます。
さっそく対処法についてご紹介していきます!

夜に寝苦しいときの対策

寝苦しい夜の具体的な対処法は
まずは体温を効果的に下げる事です。それについてお話しします。

扇風機は足元からかける

暑くて頭がぼーっとしてくるとつい顔に向けて扇風機をかけたくなってきますが
実は扇風機は足元からかけた方が皮膚の温度が下がりやすいと言われています。

眠りにつくためには体温の低下が必要。
足から全身に浴びるようにした方が効果が高いと言われています。

リンパや太い血管を冷やす

熱が出た時などからだの体温を下げるために脇や首
足の付け根などにある「リンパ」や「太い血管」を冷やすようにすると

冷えた血液が全身をめぐるようになり、体温が下がりやすくなります。
寝苦しい時もこれと同様で、タオルで包んだ保冷剤などを脇に挟んだり

冷却シートなどを首筋や足の付け根に貼って
体温を下げやすいように工夫してみましょう。

汗を吸いやすい素材の服を着る

熱い日になるとキャミソールやランニングシャツなどの
露出の多い服装になる方も多いと思います。

中には裸で(〃ω〃)寝る方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも肌を露出しすぎるのは意外と逆効果で、服が汗を吸ってくれなくなるので

布団のシーツが汗でべっちょりくっついたりして
余計に暑苦しく寝苦しく感じることもあるんです。

できれば綿素材の半袖Tシャツなどをきて寝るようにしましょう。

汗を吸いやすい寝具に変える

洋服で調整する以外にも、寝具を変更したりシーツを工夫するだけで}寝やすくなることもあります。

たとえば麻の素材で出来たものやタオル地のものは除湿効果や吸水性があるため
汗を効果的に吸ってさらっとさせてくれますよ。

部屋を涼しくする方法

次は熱や湿気がこもった部屋を効率よく涼しく快適にする方法をご紹介します。
単純にクラーを使うといったことではなく、それ以外での方法を解説します。

節電のため、クラーを極力我慢したい方は是非参考にしてみてください。

エアコン以外で暑い夏を涼しくすごそう。
部屋が暑いときの対策 言うまでもないと思いますが部屋を暑くする原因は 「気温の高さ」と「湿度の高さ」です。 そのため、次の3つの対処法を行うと夏でも涼しく快適に過ごすことができます。 単純な事ですが以下に限ります。 ...

扇風機は置く場所で涼しさが変わる

扇風機は本体の後ろにある空気を取り込んで全面に押し出す構造のため
涼しい空気の前に置いておくと涼しい風を吐き出してくれます。

家の中よりも外の風が少し涼しいと感じられるときには窓やベランダの前に
扇風機を置いて外の涼しい空気を部屋の中に取り込むように配置すると良いです。

寝る10分前に扇風機を天井にかける

熱い空気は上の方に溜まりやすいため、扇風機を寝ている体に
かけているだけでは上空の温かい空気は外に逃げていきません。

寝る10分くらい前には首振り状態にして部屋の上方に扇風機を設置し
下向きにしてかける事を意識しましょう。

最初は暑い風がきますが、空気が回り始めれば
だんだん涼しくなってきます。

実はLED電球は涼しい!?

今はどの家庭も電球はLEDの電球を使用してることが多いと思われますが
もし、今でも電球がLEDでなった場合、電球をLEDに取り換えるのも良いでしょう。

なぜかと言うと、白熱電球よりもLED電球の方が
室温の上昇を防ぐことができます。

白熱灯とLED蛍光灯を比べるとLED電球の方が少ない熱量で発電するため
電球の表面温度が熱くなりません。

その表面温度は白熱電球が100〜180度と言われるのに対し
LED電球は50度ほどにしか上がりません。

小さい電球とはいえ100度以上にもなる白熱電球が何時間も部屋の中でついていたら
部屋の温度は当然上がっていくわけです。

さらにLED電球は白熱電球に比べると消費電力が80%以上も
低いと言われており、月の電気代に換算すると

白熱電球が1000円だとしたらLED電球は140円程度になります。
ほぼ1/10で済むのです。

まだおうちの電球が白熱電球という方はぜひ
LED電球への変更を検討されてみてくださいね♪

まとめ

今回は扇風機を効果的に使った体温と室温の下げ方や涼しく感じるための
寝具の選び方、寝る部屋をスーッと涼しくする方法についてご紹介しました!

エアコン以外でもこんなに快適に眠る方法があるんです。
一度お試しあれ。

体感で感じるほど変化があることを期待されると、難しいですが
全体的に室内の温度を少しでも下げるといった意味では効果が期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました