型枠工事での柱と梁の枠組み

工事実例
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

実際の現場の状況をお届けしています。

前回は1Fスラブの状況でしたが、今回はいよいよ躯体1Fの躯体工事へと進んできました。

現在は柱の枠を組み立てをし、その柱の枠に梁の枠を架けるという作業になっています。

実際の状況は写真にて!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

柱と梁の型枠が決まってきたら、スラブの枠組みです。

要は1階の壁と2階の床のコンクリートを打設するための作業です。

4階までこの繰り返しの作業となります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました