団地を重機で解体!事故防止への配慮と解体作業状況。

工事内容

この度は、解体工事を受注し実際に解体した現場を紹介したいと思います。

構造としてはRC造(鉄筋コンクリート)2階建ての物件です。

当然ながら、基礎の解体もあるのですが、RCの場合

建物の解体より、基礎の解体の方がなかなか難しいこともあります。

後に説明していきたいと思います。

本体の建物以外に物置、自転車置き場なども解体予定です。

解体工事現場で起こりうる事故

解体工事の現場は通常、新築現場より事故が起こるリスクが多いです。
現場が動いているときは、常に足元が廃材等で散らかっている状態ですので

廃材につまづいて転ぶといったような怪我が多発します。
転ぶ程度であれば、バンソーコで何とかなるレベルです。

しかし、そうでない場合も当然ながら想定されます。
後、重大災害につながりうる事故としては

【重機に巻き込まれる】【高所からの転落】【壁、天井なのどの崩落】など
色々な事が考えられます。

当然、重機がダンプなどが常に現場に出入りすることによる
第三者への事故も想定しなければなりません。

とにかく解体現場は、作業の計画も大事ですが、安全対策が最も重要となってきます。

現場施工にあたっての安全対策

解体工事を行う際は、工事現場で想定される事故を起こさないよう
「労働安全衛生法」「労働安全衛生規則」「国土交通省のガイドライン」などの定めに基づいて

さまざまな安全対策を打ち立てる必要があります。
この工事に関しては、公共工事なので設計の段階で全て前記の内容を取り入れています。

大まかには、施工計画書(どうやって解体するのか、重機の配置、人員の配置など)
工事にあたって、考えられる全ての工事を前もって計画して

官公庁になどに提出しなければなりません。
又、業者の活動としては、どの現場もお行っていますが

毎日の安全対策として「危険予知活動(KY・KYK活動)」を実施しています。
これは、工事の際に起こり得る事故、工事現場に潜んでいる危険を現状把握に基づいて予測し

それに対して解決策を施しておくことで、事故を未然に防ぐという活動です。
実際に工事を行うにあたっては、解体業者は現地を事前調査し

建物の構造や建材、境界線の外壁や地中物の状況などを確認。
その現場で安全性を確保して工事を行うためにはどのような

準備と手順が必要かといったことを確認します。
工事準備の過程では、解体作業を安全に行うための足場の組み立ては必須です。

粉塵や解体物の飛散などを防止するためには、養生シートで建物を囲うことで
近隣の住宅への被害を防止します。

解体に際してアスベストなどの有害物質の扱いが想定される場合は、それに対する対策も行います。

実際の工事状況

仮囲い足場

仮囲いは、第三者が立ち入り出来ないように現場場内を区切る意味で設置されます。

足場については、作業はもちろん!
解体時のホコリ、破片等が周辺に飛び散ったりしないようにすることと
足場に防音シートなどを張って、周辺に重機、解体時の騒音を少しでも軽減するために設置します。

内部解体

最初に行う作業としては、どの解体工事現場もそうですが

内部を解体することから始まります。

最近では、ゴミの処理に関しての規定が年々厳しくなってきているので
現場から出るゴミ(廃棄物)は全て、現地で仕分けしなければなりません。

この作業が、大変なのです。
分別としては、ボード、鋼製建具、床シート、畳、断熱材、ガラス、木材、鉄材、備品など

全て仕分けしなければなりません。
RCの場合は断熱一つにしろ、住宅と違い引っ張って取れるようなものではありません。

例えば、RC造の場合は打込み断熱、吹付断熱だったりすので
バリなどで削って除去していくようなイメージです。

又、木製建具にしても、ガラス、ドアノブ、本体といったように3種類に分別される事になります。
そういった作業を全て終えて、初めて重機による解体作業が開始知れます。

外部解体

この作業が始まると、周辺の住民さんへの配慮に気を使うようになってきます。
重機が通らないと作業できない、当然多少の音がでることに関しての

苦情が殺到してきたりする作業です。
作業的に不可能なことに関しては我慢していただく他ありません。

とにかく、なるべく迷惑をかけない、事故を起こさない!
その、根本的な事だけを考え作業していかないと作業が進んでいきません。

基礎解体

基礎解体

建物本体を壊し終わったら、いよいよ基礎の解体となります。
RCの場合は躯体も基礎も廃棄物の種別としては同じとなります。
ただ、コンクリートの厚みなど、壁とは違い厚いものとなっています。
重機による作業でも、そう簡単に壊れるものではなくなってきます。

杭解体

前記でも言いましたが、この作業がなかなか難しいのです。
解体は基本的に、地中にある物も全て撤去して解体完了となります。
なので当然、杭も撤去しなければならないという事になります。
この現場の場合、長さ10Ⅿの杭が地中に埋まっています。
特殊な機械を使って撤去していきます。

 

鉄の柱状の物はケーシングと言って中が空洞になっています。
杭の径より太いものを選んでいるので、これを回しながら杭の長さ10mに達するまで
回しながら打込んでいきます。
杭と地盤の縁を切って引き抜きしやすくるための作業です。

 

杭を引き抜きしている状況です。

まとめ

以上、このような作業をして解体作業が終了していくわけです。
解体作業は、とにかく入念な計画が必要となってきます。

住宅でも、規模は違ってきますが似たような事が言えます。
周辺の住民への安全はもちろん、作業員の安全も確保したうえで

作業するようにしなければなりません。

 

東京、神奈川、千葉、埼玉での解体工事のご相談受付センター

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG