屋根が破損、剥がれた!そんなとき・・お金をかけずに火災保険で修繕できる?

対策/チェックポイント

はじめに

結構、知らない方が多いので、是非この記事を見て知って頂きたいと思います。
屋根が破損した場合の修繕費が保険でなおせる可能性があります。

せっかく火災保険に入っていて、知らずに自腹で工事をしてしまうのは
非常にもったいない話です。

ただ「、火災保険を使うには条件など気を付けなければならない事もあります。
上手く火災保険を使うためのポイントをお伝えしようと思います。

火災保険を使って屋根の修理を考えている方は、火災保険で修理を依頼する場合の
無料調査のサイトを使って適正に処理してもらい

下りた保険金のみで修繕をするような対処をしてもらいましょう。

火災保険で大切な家をお金を出さずに直す火災保険の請求方法
火災保険を請求する案件 火災 失火や落雷、爆破などで建物に損傷を受けた。 風災 台風、竜巻、防風、雹などで建物に損傷を受けた。 雪災 豪雪、雪崩などで建物に損傷を受けた 水災 豪雨、台風で洪水、土砂崩、川の氾濫などで建物...

火災保険を使うことで無料になるの?

え!?屋根修理で火災保険が使えたの?あなたが何も知らず後悔する前に。

屋根の修理は火災保険を使えば自分で費用を出さなくて済むのは本当です。
火災保険には【風災】も補償があります。

申請をして【風災】だと保険会社の方で受理されれば
業者の出した適正な見積もりであれば、保険金を受け取ることができます。

よって実質、自分の出費はゼロとなる訳です。

  • 屋根に限ったことではありませんが月日がたった劣化で
    屋根が傷んでいたりする場合は火災保険が適用できなません。

どんな状態が火災保険を適用できるのか詳しく見てみましょう。

近年、火災保険によるトラブルが多々確認されています。
保険金を使って「無料」「0円」で屋根修理が出来ます!
といったうたい文句にのって工事をしたら実は詐欺だった・・・
そんなトラブルが全国的に発生しています。
適正に使えば良いものですが、悪用する業者もいるので
このようなことになっています。
ページ下の方で詳しくトラブル・詐欺についての
予防策も書いているの是非参考にして下さい。

屋根修理の火災保険は「風災」だと保険金がもらえる

火災保険を使って実質負担金ゼロで直すことが出来ます。
ただし、なんでもかんでも直せると言うわけではありません。
それには、一定の条件を満たす必要があります。

  • 「風災」だと認められること※経年劣化・地震の影響ではないこと
  • 屋根修理が必要になってから3年以内であること
  • 屋根修理の費用が20万円以上であること
  • 代行申請ではなくあなた自身で申請すること

これらすべての条件に合う場合のみ、火災保険会社から
あなたに保険金が渡されて、実質負担ゼロで修理ができるわけです。

上記で説明した条件が一つでも合わない場合は
保険金を受け取ることができまえせん。

屋根修理業者などから「絶対に保険金はもらえるので」
といった言葉は信用してはいけません。

そもそも、保険金を出すのは修理業者ではなく、保険会社なのですから。
修理業者の甘い話には十分注意をしましょう。

※返事をする前に、自ら下調べをすることをお勧めします。

又、保険会社にも物件を確認する専門技術者(建築士)が居ます。
業者側があまりにもかけ離れた金額の提示や、施工方法をすると

保険会社の方で受理されないことも有ります。
お願いする業者も良心的なところにお願いするようにしましょう。

「風災」とは?

「風災」とは、台風・強風・雹(ひょう)・大雪などの
自然災害のことを指します。

これらの影響で以下のような屋根の状態になれば「風災」として
認められやすい状況でもあります。

  • 雨漏り
  • 棟板金の浮き
  • クギ・ビスなどの浮き
  • 屋根材のズレ・割れ
  • 漆喰の崩れ
  • 雨樋の破損

この中でも、棟板金に関しては強風が吹くと浮きやすくなるので、「風災」として認められやすいです。

しかし、悪徳業者は強風で棟板金が浮きやすいことを知っているので
「棟板金が浮いているので必ず保険金がおります」と

確証の無いことを言ってくることも。
屋根修理業者の言葉をそのまま鵜呑みにせずに

まずは必要な知識を付けていきましょう。

屋根修理の火災保険会社

参考までに、火災保険の会社をリストアップしておきます。
火災保険はたくさんありますが「風災」に対して屋根修理の保険金を
出してくれる有名どころの会社は以下の保険会社が当てはまります。

  • セゾン自動車火災保険
  • 損保ジャパン
  • SBI損害保険
  • セコム損害保険
  • 三井住友海上火災保険
  • 東京海上日動火災保険
  • AIG損害保険
  • 楽天損害保険
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 日新火災海上保険
  • 富士火災海上保険
  • 朝日火災海上保険

これだけ多くの火災保険会社が「風災」を補償しているプランを持っています。
他にも記載されていない保険会社も多数あると思います。

「風災」を補償している火災保険会社が分かったら
申請の流れを見ていきましょう。

(無料修繕への道へと徹底サポート)

屋根修理の火災保険の申請の流れ

  • STEP1:優良な屋根業者に見積もりをしてもらう※屋根の状態・修理費用があとで必要なため、事前に見積もりをするとスムーズです。
  • STEP2:保険会社にあなた自身で連絡をする
  • STEP3:屋根の状況を伝える
  • STEP4:申請書類を用意する※申請会社によって揃えるものが異なる場合があるので、保険会社に必要書類をきちんと聞いておきましょう。
  • STEP5:保険会社の鑑定人に症状を鑑定してもらう
  • STEP6:保険が適用か適用できないか確定
  • STEP7:保険の適用であればもらえる金額が確定

どんな保険会社であっても、およそはこのような流れになるはずです。
この流れの中で、注意してほしいのが、「申請は自分自身で申請をする」

基本的なことです。
しかし、中には火災保険を悪用する業者もいます。

例えば、屋根修理業者は「傘保険の申請を代行します」といった
話を持ち掛けてきたりします。

申請を代わりにしてくれるなら簡単だと思う方もいますが
甘い話には裏が必ずあるため、申請代行について詳しく見てみましょう。

【注意事項】
火災保険の保険金は、実際に工事をした後の費用を負担してくれる訳ではなく
工事前の屋根修理の見積もり費用に対してどのくらい出せるか判断されます。
そのため、屋根修理を実際に行う前に申請が必要となります。

火災保険の申請代行って?

火災保険の申請代行とはどういうものなのか、以下の図をまずはご確認ください。

火災保険の申請代行の図"

上記の図でも分かるように、申請代行とは言ったものの
結局はあなた自身で保険会社とやり取りをする形です。

保険金の申請を代行すること、また申請で虚偽の報告をすることは
保険会社から告訴を受ける理由にもなるので

申請代行を名乗る屋根修理業者との契約は絶対にしてはいけません。
あくまで、業者は申請に係るサポートが出来るという話なのです。

申請代行の言われたとおりに「ウソの申告」を行ったことが原因で
あなたも巻き添えを食らう場合もあるため、申請代行業者との

契約は危険な事だということを覚えておいてほしいです。

屋根修理で火災保険を悪用する業者の手口

先ほども少し触れましたが、屋根修理をする場合
火災保険を利用してあなたを騙そうとする悪徳業者がいるのも事実です。

屋根修理には資格が必要なく商売がしやすいため
このようなことが起きています。

どんな手口であなたの懐に入り込んでくるのか詳しく見ておきましょう。

  • 手口1 訪問販売でいきなり訪ねてきた
  • 手口2 火災保険で屋根修理ができるというチラシが入っていた
  • 手口3 「無料」を強調したセールストークされた

火災保険を悪用する屋根修理業者が使うのは、この3つの手口です。

悪徳業者の手口1:訪問販売でいきなり訪ねてきた

特にトラブルになるのが訪問販売

火災保険にかぎらず訪問販売での屋根修理にはトラブルが多いので
訪問販売で屋根修理を契約するのは絶対にしてはいけません。

悪徳業者の手口2:チラシが入っていた

火災保険で屋根修理ができるというチラシが入っていたら気を付けてください。
そもそも、一体そのチラシは誰が入れたのでしょうか。

チラシを一軒一軒回って入れるというポスティングを行う会社もありますが
訪問販売の会社がチラシを入れていることが多いんです。

訪問販売で直接契約はしてないけど、チラシの会社に連絡して契約してみたら
訪問販売をしている会社だった…

こういう危険性もあるため、甘いうたい文句をしているチラシの会社には
絶対に連絡しないでほしいです。

悪徳業者の手口3:「無料」を強調したセールストークをされた

火災保険を使えば保険金が降りて、無料で屋根修理をすることができる
可能性は高いです。

しかし、お客様の状況によっては保険が適用できないケースもあったり
屋根修理業者と契約後に「追加費用」「高い解約金」が

発生するといったこともあります。
「無料」と聞くとたしかに響きはいいですが

必ず裏には屋根修理業者が有利になる状況が作られていることがあるので
絶対に「無料」を強調する業者と契約はしないでください。

屋根修理で火災保険でよくあるトラブル・詐欺

「屋根修理は火災保険を使って0円で出来る」と言われると
お金に関しては誰もが敏感なので、このようなことを言われたら嬉しいものです。

しかし、「無料」「0円」ということを悪用して商売をしようとする
屋根修理業者がたくさんいます。

すでに全国的に何件もトラブル・詐欺という形で
消費者センターへ報告が上がっているので

事前にトラブル・詐欺の原因を覚えて被害に遭わないようしましょう。

万が一トラブルに発展してしまいそうな時は消費者センター相談しましょう。
【独立行政法人 国民生活センター】

トラブル1:必ず火災保険が適用できるとウソをつく

屋根修理で火災保険の適用はできますが、絶対に保険金が降りるわけではない。
火災保険の適用範囲外であったり、そもそも条件を満たしてないこともあります。

しかし、悪徳な屋根修理業者は「必ず保険金で屋根を修理できるので
安心してください」と、こういったウソを平気でつきます。

業者の言ったことをそのまま信じるのではなく
複数の屋根修理業者に見積もりをしたり

第三者機関の専門知識をもつ人に聞いて、知識を付けるのがオススメです。
このトラブルを回避をするには?火災保険を専門にしている屋根修理の業者には

このようなウソを付いてでも契約を取ろうとする
風土・社内体制になってしまっているところもあります。

1社だけでなく複数の見積もりを行うことで
屋根業者が言っていることの情報の正しさを判断することができます。

火災保険で屋根修理を行う時は、最低3社の業者から話を聞きましょう。

トラブル2:当初の見積もり以外の工事をしてくれない

火災保険の適用ができて、いざ工事を行おうとした際に、当初の見積もりでは発見できなかった不具合が新たに発見されたとします。

しかし、その不具合の修理は見積もりの範囲外(保険金の範囲外)ということで、当初の見積もり以外の工事をしてくれない、屋根修理業者も存在しています。

火災保険を適用しての屋根修理をメインに行っている業者の場合、こういったことがよく起こるので、注意が必要です。

 

このトラブルを回避をするには?

最初から優良業者を選ぶことで
このような自体を防ぐことができます。

また、工事の前に複数の業者から見積もりをとって
他会社と比較することで業者の良し悪しが分かるため

屋根修理の前に相見積もりをすることをお勧めします。

トラブル3:途中解約だと割高な解約金がとられる

火災保険を使って屋根修理業者に工事をお願いしていたが
この業者に不安がある…

そのため、途中で解約しようとしたところ
「工事費用の半分が解約金としてかかります」と

割高な解約金が発生することが発覚。
こういった理不尽なことが起きる場合もあるので

最初の業者選びから気を付ける必要があります。

このトラブルを回避をするには?

悪徳業者の場合、契約書を発行していない・契約がわかりずらい場合もあります。あなた自身の被害が大きくなることがあるため

必ず契約を行う前に全ての契約内容を確認しておきましょう。
また、契約内容の説明が不十分・分かりづらいなど

少しでも契約内容に不安が残る業者とは契約をしてはいけません。

トラブル4:代行で申請しておくとウソをつく

火災保険に関しては、保険の加入者以外からの申請は受け付けていないため
必ず保険加入者本人から申請をする必要があります。

屋根修理の業者が「火災保険の申請はこちらで代行する」と言ってきた場合
その業者との契約は絶対にしてはいけません。

トラブル5:前金で支払ったのに工事に来てくれない

火災保険の申請代行で屋根修理を行う場合、保険金が入ったタイミングで
全額先に支払う契約にされてしまうことがあります。

このような場合、保険金で工事費を全額前払したのにかかわらず
お金だけを受け取って工事に来ない悪徳業者が中には存在しています。

このトラブルを回避をするには?工事の全額前払いや
工事費8割もの金額の前払いなどを要求してくる屋根業者は大変危険です。

このような契約を提示してくる屋根修理業者とは、絶対に契約してはいけません。

トラブル6:契約内容を書面で渡さない

契約内容の書面には大切な内容がたくさん書かれています。

  • 工事費用
  • 見積もりの内訳
  • 解約料
  • クーリングオフについて

こういった情報をあなたに渡さずに工事を進めようとする屋根修理業者がいます。例えば、この業者に不安があるから「クーリングオフをしたい」

すでに着工してしまったけど途中解約したいといった場合に
クーリングオフを適用してくれない・途中解約に割高な金額を請求される。

契約内容の書面がないだけで、あなたに多大な不利益が発生することもあるので
注意が必要です。

このトラブルを回避をするには?

契約書は何かあった場合にあなたを守ってくれる大事なものとなります。
そのため、契約書を渡さずに契約を進めようとする業者がいたら

絶対に契約してはいけません。

トラブル7:見積もり金額より保険金が低かったため追加費用を請求

屋根修理業者に「火災保険の保険金で無料で修理できる」と言われたからと言って、必ずしも業者が見積もりした金額分の保険金をもらえるとはかぎりません。

火災保険へ申請して、実際にもらえる保険金は
当初見積もりをしていた金額よりも少ない場合もあります。

こういった場合、業者が「無料だと言ったから契約した」といっても
もらえる保険金が見積もり金額に達しないため

追加で費用を請求されてしまうことも。

このトラブルを回避をするには?

火災保険でもらえる保険金が、見積もり金額よりも少ない場合は
どうなるのかを事前に確認しておきましょう。

業者の言う「保険金で0円で修理ができます」というのは
根拠のない説明でしかありません。説明を過不足無くしてくれ

信頼できる屋根業者を見つけるのが、一番の回避策です。

トラブル8:屋根修理業者にウソの報告を保険会社に伝えるよう言われた

火災保険で屋根修理を行おうとする業者の中には
保険会社から保険金を高くもらって、それを利益としようとする業者がいます。

実際の屋根修理に掛かる費用は50万だとしたら
火災保険会社に申請するときは80万円であなたに申請させて

30万円分の利益を得るといった方法です。
知識が少ない方は、悪徳業者の言ったまま進めてしまうと

保険会社にウソの申告をしたとして、そうさせた屋根業者だけでなく

あなた自身も告訴される可能性があります。

このトラブルを回避をするには?

事前に複数の屋根修理業者から見積もりを取り寄せて
どのくらいの金額が相場か確認しておくことで

余分な保険金の申請をせず適正な金額の保険金をもらうことができます。

屋根修理で火災保険を使うには優良業者を選ぼう

屋根修理で火災保険を使って費用を安くできることは
非常にメリットがあります。

しかし、火災保険を使って悪さをしようとする業者と
知らず知らずの間に契約してしまった場合

金銭的にも・精神的にもダメージが大きくなることもあります。
確かに火災保険は便利なものですが、それを扱えるきちんとした

知識・お客様のことを一番に考えてくれる優良業者を選ぶ必要があります。
屋根修理で火災保険を使う場合は、屋根修理の優良業者を選びましょう。

あなたの家で出ている症状が火災保険の適用範囲かどうかを調べたい方は

火災保険で大切な家をお金を出さずに直す火災保険の請求方法
火災保険を請求する案件 火災 失火や落雷、爆破などで建物に損傷を受けた。 風災 台風、竜巻、防風、雹などで建物に損傷を受けた。 雪災 豪雪、雪崩などで建物に損傷を受けた 水災 豪雨、台風で洪水、土砂崩、川の氾濫などで建物...

屋根に不安を感じているあなたへ

まとめ
火災保険を使えば屋根修理が無料になる?
火災保険を使うことで、屋根の修理を無料で実施できる場合があります。
ただし、いくつかの条件に合致しないと火災保険は適用されません。
火災保険で屋根を修理するときの流れは?
まず屋根業者から見積もりを取得し、保険会社に連絡して
屋根の状況を伝えます。
その後、申請書類を用意し保険会社による鑑定を受けたのち
適用可否が確定するような流れになります。
屋根修理を火災保険で行うときのよくあるトラブルとは?
主なトラブルとしては、業者が「必ず火災保険が適用できる」と
言っていたにも関わらず結局適用できなかった
業者が施主と保険会社にそれぞれ虚偽の報告をして差額を受け取っていた
といったものが挙げられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました