押し入れVSクローゼット収納使い勝手の1本勝負

工具、建材/インテリア
スポンサーリンク

押入れ VS クローゼットどっちがいいの?

普段生活していると、間取り、その他でいろいろと不便に感じることが多々あるのではないでしょうか?
その中でも、収納スペースに関しては、もの申したい事がたくさんあるのでは?

自分の家もそうなんですが・・・
自分の家のことはさて置き、一般的な声を参考にどんな事を収納に求めているのか少し書いてみました。

最近の部屋ではクローゼットタイプが主流となっていますが、後に押し入れタイプにした!という声も
度々聞きます。

衣類(特にロングコートなど)を綺麗に収納できて、取り出しも楽なクローゼット
衣類(長物は除く)その他備品、来客用の布団などを多目的な用途として使える押し入れ

どっちが良いのでしょうか?答えは使う人のみぞ知るとは思います。
それぞれの特徴を少し書いて行こうと思います。

押し入れ、クローゼットのメリット

押し入れ

メリット

家族や来客が多い家庭では押入れなどの奥行きのある中段が有った方が
布団などを収納しておける。又収納力はクローゼットより有る。

枕棚などが上部に有ったりして、奥行もあるので大きめの物や普段使わない物など
奥のほうにしまっておくことが出来る

横板があるためデットスペースも出来にくく、収納空間の密度はクローゼットよりあるので
多目的収納としても使用できる。

デメリット

一般的に中間当たりに、中棚という棚仕切りがあります。
この仕切りによって収納スペースが上下2つに分かれるのですが、長物の衣類(コートなど)を
収納する時に邪魔になりがちです。

奥行きがあるためどうしても2列になる場合があり、奥の物を取り出す時など
おもいきり手を伸ばさなければ届かないことがある。又ついつい奥の物は放置しがちになってしまいます。

押入れは基本的に引き違いの建具にしていることが多いため、構造上片方しか開けられません。
扉のように全開放できないため、大きな物の出し入れが大変になりがちです。
また、全体を見渡せないため「必要な物を見つけてすぐに取り出す」という動作がしづらいところがあります。

【余談】

メリットといって良いか解りませんが、自分がまだ若いころ部屋を少しでも広く使えるように
押し入れを、ちょっとした寝床として使ってました(笑)

写真は違いますが、こんな感じです。
建具2枚を外し、ちょっとしたステップを付けて上に寝る!
下は収納として使用してました。

注意!
昔ながらの家では中段の棚は5㎜程度のうすいべニアとなっています。
直接上がるとベニヤが割れてしまいますので気を付けてください。

クローゼット

メリット

天井付近から床までスペースがあるので、ワンピースなど丈の長い衣類や
背の高いものを収納するのに便利ですよね。

ハンガーにかけて収納しているため何をしまっているか分かりやすい。
また取り出し楽である。

たたむのが難しい冬もののアウターやスーツなどシワが付いては困る!
というような人は、そいいった手間を省くことが出来る。

デメリット

ハンガーパイプが最初から設置されているので、もし服を掛ける以外の用途で使う場合
引き出しやラックを中心にした収納計画を立てたいという人にとっては
パイプが案外邪魔になったりする。

扉を折りたたむように開けるタイプがほとんどで、押入れのようにスライドして開閉するものとは違います。
そのため扉が前に出るスペースを確保しておかないとならないので、家具の配置の制限がある。

アンケートを調べたらこんな回答が

クローゼット

  • クローゼットのほうがハンガーにかけて服もしまえ、下のほうにもいろいろ置けるので便利だから。
  • クローゼットはハンガーがかけられるし、押し入れは奥行がありすぎて散らかる。
  • 冬服をしまうのにクローゼットがないと不便だから。クローゼットがあるとおしゃれが楽しくなる。
  • クローゼットの方が洋服をちゃんと収納できるしイマドキでオシャレでカッコイイから。
  • クローゼットは家具としてだけでなく、インテリアの一部として部屋におけるから。

押入れ

  • 来客用の布団や季節ごとの寝具を収納できる押し入れがないと不便だと感じている。
  • 衣類より布団類の方が場を圧迫するため、押し入れがあるとそれらを収納できて便利だから。
    また、押し入れの場合、布団類以外にも大型の荷物などもしまえて便利だと思うから。
  • 急に誰か来た時の押入れの万能感は、クローゼットより上だと思っています。
  • 押し入れのほうが何を置いてもいいので気楽に物を押し込むことができました。

まとめ

さて!押し入れVSクローゼットなどとタイトルを付けたのですが
皆様の中で勝負はついたでしょうか?

自分的には押入れの勝ち!なんて書いてておもってしまったのですが。

押入れ、クローゼットについてまとめてみました。

押し入れ

やはり、押し入れはかさばる寝具を収納することに実力を発揮しているようです。
家族や来客が多い家庭には押入れの方が収納力があり、使えると感じるのかもしれないですね。

また、高さも奥行もあるため大きめの物や普段使わないけど捨てられないものなども
奥のほうにしまっておくことが出来る懐の深さも兼ね備えていますよね。

横板があるため、デッドスペースも発生しにくく、収納空間の密度はクローゼットよりも高められそうです。

クローゼット

クローゼットは押入れに比べて奥行が浅いことも特徴の一つですが、奥行が浅く、横幅が広いほうが
何をしまっているか分かりやすく、また取り出しやすいことから使い勝手が良いと思っている人が多いようです。

また、洋服をハンガーにかけて吊るしておけるため、畳むの難しい冬物のアウターやシワが付いて困る
スーツなどを持っている人にとってはクローゼットが欠かせないようです。

以下のリンクは、単体での枕棚設置、枕棚、中段のセットなど後付けでも出来る棚です。
少し前までは大工さんが細工をして設置していました、見た目としては手作り感がありますが
手作りなだけにかなり強度があります。しかし、近年は大工さんの手間代を払うよりは、安くなり、見た目もおしゃれということから
セットの棚板を設置することが多くなっています。

参考までにメーカーお勧めプランを入貼り付けしてます。

枕棚・中段セット / すっきり棚

コメント

タイトルとURLをコピーしました