安く引っ越ししたいのは当たり前!方法さえ知れば解決。

引っ越し

安く引っ越しする方法

新たな生活をしようと引っ越し時期が近くなるとワクワクしてくるものです。
最初のうちは準備は自分でやろう!

なんて張り切って行動したものの、実際に行動に移すと
これがなかなか大変なものです。

そんな中気になってくるのは、引っ越し料金ですよね!
引っ越し料金は定価がありません。

住宅も一軒一軒価格が違うように、引っ越しも同じような感じです。
引っ越しの条件、引っ越し時期、業者の都合などで料金が変わってきます。

誰にでも安くできる引っ越しのコツは以下の3点だけを覚えてください。

① 3~4月の引っ越しは避ける(日にもよって価格の違いがあります)

② 不用品の荷物は出来るだけ減らす

③ 1社だけの見積もりで決めないで最低3社の見積もりを比較する

これだけでも、かなりの節約になるはずです。

※2~4月の引っ越しでも出来るだけ多くの業者から見積もりを取ることで
比較できる分安い業者を探せるでしょう。

引っ越し業者の多忙時期の傾向を月ごとに解説

1月 この時期は引越し件数がとても少ない時期です。
引越し業者の多くは1月4日頃が仕事始めとなりますが、年が明けて早々に引っ越しをする計画を立てる人は少ないです。
中旬、下旬と引越し件数は少しずつ増えていきますが、1年を通して引越し料金は高くなりにくい傾向にあります。
2月 新生活を始める準備をするにはまだ少し早いですが、3月4月に向けて少しずつ予約をする人が増え始める時期です。
2月は国民の休日が少ないため、土日に予約が集中しやすいのが特徴。
料金を抑えるなら平日を狙いましょう。
3月 引越し業界の繁忙期がスタートする時期。
進学、入社、転勤などに合わせて引越しをする人が増えます。
特に3月の下旬は、希望の日に予約が取れなくなってしまうことも。
3月の引越しを考えているのであれば、早めに行動しなければいけません。
4月 4月になれば引っ越しを終え新生活も始まり、3月よりも空いているのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
件数はそれほど変わらないので要注意。
特に4月上旬は3月下旬と同じく予約が取れないこともあります。
中旬は一旦落ち着きますが、下旬になるとゴールデンウィークが近づくためまた件数が増えてきます。
5月 ゴールデンウィーク中は引っ越す人が増え、料金も高くなります。
3月、4月の繁忙期に比べると予約は取りやすいですが、ゴールデウィークの前半の日程から埋まっていくため、余裕を持って引越し業者を探しておくことをお勧めします。
ゴールデンウィークが終わると一気に空きが出るため、可能であれば連休を避けるとよいでしょう。
6月 引越し業界の本格的な閑散期がスタートします。
この時期は比較的予約は取りやすいですが、6月は国民の休日が少なく土日に予約が集中してくる傾向があるみたいです。
どうしても土日に引っ越したいという場合は、早めに見積もりを取っておきましょう。
7月 7月もまだ閑散期は続きます。
上旬は梅雨の影響もあり、引越し料金もそれほど高くない傾向にあります。しかし、下旬になると学校の夏休みが始まります。
3、4月の繁忙期に比べると少ないですが、引越し件数が増え始める時期です。
8月 学校が夏休みの8月は、家族での引越しが増加します。
大きなトラックから埋まっていくため、荷物が多いという方は早めに見積もりを取りましょう。
8月の中でもお盆は避ける人が多いので狙い目かもしれません。
9月 夏休みが終わり閑散期に入るかと思いきや、9月は意外と引越しをする方が多い時期です。
というのも、10月から転勤や単身赴任の辞令が下りた人が引越しをするため。
そのため特に9月下旬は引越しをする方が多くなります。
10月 閑散期とも繁忙期ともいえないのが10月。
上旬は9月の下旬に引き続き転勤などで引越しをする方がいますが、そのほかはそれほど多くはありません。
比較的予約が取りやすく、日程によっては値引き交渉にも応じてもらえる可能性があります。
11月 11月は6月と並ぶ閑散期。
引越し業者も件数を増やしたいと思っているはずなので、余裕を持って相見積もりを取り値引き交渉をしてみましょう。
ただし11月23日の「勤労感謝の日」が金曜日や月曜日に当たると三連休となるため、引越しが集中する可能性があります。
12月 上旬〜中旬頃はそれほど多くありませんが、学校が冬休みに入る頃から予約が埋まり始めます。
大掃除と同時に引越し作業を行い、新居で年始を迎えようと考える方が多いようです。
年末は引越し料金も高くなるため、費用を抑えたい場合は料金が下がる1月まで待つのも一つの手です。

 

不用品の荷物は出来るだけ処分する

不用品を処分することによって、荷物が減ってトラックのサイズを
小さくすることが出来て、さらに作業員の人数も減らすことが出来ます。

その分引っ越し料金が安くなってきます。
しかも、それだけではなく他にもうれしいメリットがあります。

メリット1. 不用と思っていたものが、わずかでも収益になる

まだ使えるのにごみとして出すことは罪悪感があって
なかなか捨てられずにいたりしていませんか?

使えるから大事にとっておいてるとは思いますが
大概の家では使うことなくスペースを余分に使っているだけとなっているのでは?

今まで出番のなかったものや使わずに収納スペースを占拠していたものに
査定が付いて、わずかでも現金収入になるのは、ありがたいことです。

それらを必要とする人に使ってもらえるなら、一石二鳥です。
思い切って整理する勇気をもってもらいたいです。

メリット2. 引っ越し前の荷造りも、引っ越し後の開梱もラク

そのうち使うかも知れない!と今まで使っていないものを荷造りして
運んで行っても、結局は収納スペースの奥に追いやられ

日の目を見ることはないかもしれません。
そうなると、次の引っ越しまで存在を忘れ去られる

ダンボールになるのではないでしょうか。
引っ越しは、そういったものを一掃するチャンスです。

荷物が少なくなると、引っ越しのダンボールなども減らせるため
壁際に運んで積み上げておくのも簡単です。

ダンボールに詰めて荷造りをするのも
新居で荷物をほどいて所定の位置に収めるのも、ぐんと楽になります。

メリット3. 部屋が広々使えて、快適な生活ができる

不用品を減らせば、収納スペースを侵食することもなく
ゆったりと取り出しやすく収納できます。

部屋を広々と使え、掃除もしやすく、気持ちにも余裕が出てくるでしょう。

メリット4. ごみの減量化になり、エコに貢献できる

何よりも、使えるものを使いたい人に買ってもらうことにより
ごみの減量化につながります。

これは結果的に、エコに貢献できることになります。
そして今後の買い物の際にも、本当に必要なものかどうかを

考えて購入できるので、無駄なものにお金を使うことがなくなります。

注意!一番やっちゃダメな1社検討

この会社が有名だしここにお願いすれば間違いない!
一番やってしまいがちなパターンですが

このお願いの仕方は損をしてる場合があります。
自信が引っ越し条件に対して、適正な価格くかどうなのか

解らないまま依頼していることになります。
A社が7万円だったとしても、同じ条件、日程で

B社が5万円の見積もりを出してくるかも知れません。
さらに言えばもっと安い可能性だって否定できません。

引越しの相場(適正価格)を知るためにも
見積もりの比較は必ず行うようにしましょう

これは引っ越しに限ったことではありません。
住宅業界も同じことが言えます。



一括引っ越し見積もりサイトのメリット・デメリット

メリット

自分で問い合わせるよりも数社の見積もりを簡単に得られる

引っ越しに限らず、住宅などのリフォームでもそうですが
お願いするときは、いくつものお店をまわるなどして条件や価格を

比較検討するという方は多いでしょう。
家電などもそうですが、買うときにインターネットで

価格を比較している人もかなりの数になるはずです。
引っ越し会社の場合も同様で、どれだけ多くの見積もりを比較できるかが

自分に適した会社選びの鍵になります。
とはいえ、自分で会社ごとに1件ずつ問い合わせをするのは予想以上に大変です。

どれだけ頑張っても、3社程度にとどまってしまうでしょう。
しかし、引っ越し一括見積もりサイトであれば

簡単に複数の見積もり依頼をすることが可能です。
なかには、100社や200社など数多くの引っ越し会社と

提携しているようなところもあります。
対応可能な会社から見積もりを取り寄せて比較検討することができますので

効率的に比較することが出来るはずです。

相場と底値が把握できる

引越しは人によって事情などで、人それぞれでかかってくる費用も
ケースバイケースで時期によっても変動してくるため

一般的な相場というものが、自分に当てはまるとは限りません。
荷物を搬出する引っ越し前の住まいは、マンションなどの集合住宅なのか

それとも一戸建てなのか、引っ越し先の住居はどういうタイプなのか
1人暮らしか家族で住んでいるのか、引っ越しの移動距離は

近距離か遠距離か……そうした条件のひとつひとつが
料金の見積もりに影響してきます。

また、同じ会社でも、用意しているプランやキャンペーンの有無などによって
価格帯はさまざまです。

以前、引っ越しのときにお願いした会社で安く引っ越しができたからといって
今回も安いとは限りません。

そこで、たくさんの会社から見積もりをもらうことができれば
今回の引っ越しにおけるおおよその相場と底値を把握することができます。

すると、それ以降の値段交渉もしやすくなるでしょう。
“自分だけの引っ越し相場”をつかむことができるのはとても助かります。

料金を抑えやすい

相見積もりをすれば、それだけ多くの選択肢を用意するということです。
そして、そのなかで安いところを選ぶことが可能になります。

また、それぞれの会社にとっては“競争相手”が生まれることになります。
引っ越し会社に見積もりを依頼すると

「ほかの会社にも見積もり依頼をしていますか?」と聞かれることが多いですが
他社からも見積もりが出てくるとわかれば

各社は他社の見積もり金額を意識せざるを得ません。
つまり、引っ越し一括見積もりサイトを利用しているということは

「複数の会社に相見積もりを依頼している」ということと同意であり
それは引っ越し会社も承知しています。

ですから、あまり高い見積もりでは他社に負けてしまうという
意識が引っ越し会社に生まれ、それを踏まえて

安い料金を提示してもらえる可能性が高まるということです。
したがって、自分で個別に問い合わせをするよりも料金を抑えやすくなります。

自分のスタイルに合った1社を見つけられる

人によって希望する引っ越しのスタイルが違うため
引っ越し会社を選ぶポイントは異なります。

「荷物の大半は自分で運ぶから、大きい家具だけを
引っ越し会社に頼むことにして費用を安く抑えたい」という人もいれば

「忙しくて時間もないし、大変だから、梱包から荷解きまで

すべて引っ越し会社にお願いしたい」という人もいて
そのバリエーションは実にさまざまです。

依頼者だけでなく、引っ越し会社にもいろいろなところがあります。
全国各地に拠点を持つ大手チェーンでは

ネットワークを生かした営業力で安く提案してもらえることも考えられますし
地域密着のなか小規模の引っ越し会社であれば

気配りと小回りのきいた引っ越しをお願いできるかもしれません。
たくさんの会社から見積もりを取り寄せ、多くの選択肢を得ることができれば

今回の自分に合った1社を選んで
引っ越しすることができる可能性が高まります。

デメリット

電話やメールによる連絡が多くなる

当然ですが一括サイトを利用すると、数社からのメールや電話が来たりします。
メールであれば都合のいいときに確認できますが

なかには仕事中に電話が掛かってきたというケースもあるでしょう。
対策としては、見積もり依頼時に希望の連絡方法を

選べるサイトを利用することです。
電話連絡の希望日時や方法(メール)などを選べるサイトです。

自分の好みや都合に合わせて連絡方法を選ぶことができれば
見積もりのやりとりをスムーズに進めることができます。

そうして希望の連絡方法を選んでも
それとは別の方法で連絡がくることもあります。

内容によってはどうしても電話でないと難しいこともあるかもしれませんが
営業効率のために希望を無視されているのであれば

メールでの対応を希望する旨を改めて伝えましょう。
また、引っ越し会社からのメールにそのつど返信するのは

効率が悪くなりがちです。
ある程度見積もりやメール連絡が増えてきた段階で内容を確認して比較検討し

候補から外れる会社があれば一度にお断りするメールを
送るといったような方法をとると効率的です。

ただし、こちらの効率だけを考えてやたらとメールの返信を
何日もとめておくのは先方に失礼です。

ケースバイケースで考えましょう。
メール対応の効率を上げるには、お断りの文面など

やりとりによく使う文例を控えておいてコピー&ペーストすればスムーズです。

選択肢が多くなりすぎてしまう

選択肢を増やせることこそ一括見積もりサイト最大のメリットですが
「多すぎて選べない」というデメリットに転じてしまうケースもあります。

適したところを選ぶには面倒がらずに比較検討をきちんと

おこなうのが鍵ですから、工夫して乗り切ることが必要です。
そこで、引っ越し会社を選別するために

自分のなかに一定の基準を持っておくと、スムーズに絞り込むことができます。
見積もりまでの時間や件数、料金の高さなど

機械的に処理できる基準を設定すると実用的です。

初回の見積もりと訪問見積もりにギャップが生まれる

一括見積もりサイトを利用する際は
さまざまなことを書きこまなければなりません。

なか荷物の内容や量に伝え漏れがあると
訪問見積もりで実際の荷物を見てもらったときに

料金が変わってしまう恐れがあります。
なるべく具体的に荷物を書きこめるところを選びましょう。

リストアップして書きこむのは面倒でも
のちのギャップが少なくなります。意外にも

大きなものほど見落としがちです。
部屋のなかの家財を数え上げて満足していたら

バイクを忘れていたといったケースもよくあります。注意してください。

見積り比較をするには一括見積りサイトお勧め!

引越し見積もりサービスは、見積もりの比較を効率的、効果的に
おこえるサイトです。

通常、一社一社連絡して行う手間のかかる作業が
1分程度の入力で終わるのは非常に便利でおすすめ!

しかし、引越し一括見積もりサービスはいくつもあって
メリットもデメリットもそれぞれあります。

自分が納得できるサービスを利用できることが一番です。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

コメント

タイトルとURLをコピーしました