住宅を建てるための打合せ!話を上手に進めるために・・・

はじめに

住宅を建てようとしたときに、そのプロセスの中で、最も重要なのが「家をつくるための打ち合わせ」です。
工事を依頼するメーカーや工務店の担当者となんども打合せをして

その時に自分の考えや、理想をつ伝え住宅に反映させていくことになります。
住宅を建てようと考えているときに、打ち合わせでどれだけ確実に相手に伝えられるかが

良い住宅を建てるカギともなってきます。
打合せで言ってることが相手に伝わってなかったなど・・失敗したと思わないで済むように

確認すべきポイントをしっかり押さえておきましょう。

多分、こうしてくれるだろう

言ったから大丈夫でしょう

言ってること(イメージや仕様)が良く分からないけどプロに任せてるからいいか

などといったような事は絶対にやめましょう。
家を建てるときは、それなりに自分自身も勉強しなければならないということも

頭の片隅においてもらいたいものです。

納得のいく打合せをするために

初めての打合せ前にしておくべきこと

住宅の全体のイメージを決めること

大まかな間取り、外観、内観はさほど失敗しませんが、詳細的なことに関しては失敗する場面が見受けられます。

・上手く伝えられない

・伝わっていない

・思ったイメージと違ったように伝わる

といったようなことがあります。

何故こうなるかというと

・自分自身がまとめきれていない

・何となくしか伝えてない

具体例をあげていない

プロなんだから悟ってくれるだろう

というようなことが多くあるようです。

これらを防ぐためには、家族全員でマイホームに取り入れたい要望などを話合い
具体的にまとめておくことが重要です。

  • 家の階数
  • 外観のイメージ
  • 部屋の数(広さ)
  • キッチンの間取り(対面式など・・)
  • そもそもの構造【木造・(在来、ツーバイなど)・鉄骨・RC(鉄筋コンクリート)
  • 業者をどこにするのか・・その他いろいろ

そうは言ったものの、なかなか具体的にまとめるのは大変です
イメージがつかない、まとまらない!そんなときは

書店(ネット情報でもいいです)などで売ってる住宅の本などを参考「こんな感じにしたいんです」
これを参考に図面(イメージ図)を作ってくれませんか?でもいいです。

とにかく、言葉でダメなら、写真やスケッチなどで伝えましょう
又思ってることを全てぶつけていきましょう。

※予算もある事なので、採用になるか、ならないかは別の話です。

予算を決める

まず一番最初に計画しなければならないことは予算です。
予算次第で建物をどこに、どう建てるのか?建物の大きさ?、仕様はどうするか?などで変わってきます。

いろいろ、展示場など見学していくと、およそどれくらい建物にかかるのか把握できてることと思います。
その中で、自分はどれくらいの金額までなら余裕をもって建てられるのか判断しなければなりません。

最初の打ち合わせでは、「予算的にどれくらいで考えてられてましたか?」と聞かれることもあります。
予算次第で出来ること、出来ない事がある程度決まってきますので

譲るところは譲って、譲れないところは譲らない!
まずは、そういうところから打合せは始まっていくものです。

又、建物の工事費用以外に、家具の購入、不動産所得税、など目に見えないお金がどんどん出ていきます。
なので、少なくても住宅ローンとは別に30万は何らかの費用に対応出来るように余裕をもつことをお勧めします。

 

住宅の打合せでよくある失敗

・自分の興味のある部分だけに力を入れる。

・興味が無い部分は考えたりしない。

・興味が無い部分を担当者任せにする。

・言った言わないの討論になった。

これをやってしまうと、バランスの悪い住宅が出来てしまう場合があります。

例えば・・・デザインを重視してしまい。使い勝手、断熱、防音などを犠牲にしてしまう。

・ロフトが欲しくて作ったが、今は全然使わなく物置になってる。
余計な工事費を使ってしまった。

・トイレの場所に注意を払わなかったので、来客中はトイレの音が気になって使えない。

・1階の天井を高くし過ぎて、2階の物音が気になる。

などの失敗例がいくつもあります。
自分の興味のあることに関してだけではなく、それ以外のことに関しても十分検討する必要があります。

又、打合せした内容は担当者に言ったから大丈夫!ではなく
前項でも言いましたが、自分自身でも必ず記録をし、担当者と共有することをお勧めします。

契約後に打合せすること

各部材の色、形、納め、仕様について決める

これは、業者の方でどんどん聞いてきますので、その都度対応していけばいいと思います。
聞かれるということは、それに対応しなければならない・・・ということにないります。

前記でも言いましたが、最低でも以下で言うような決め事にかんしては
あらかじめ計画をして、決めれるものは決めておきましょう。

おおざっぱに、最初の段階での決め事

断熱に関しての仕様、耐震等級のこと、サッシ形状や色、屋根色、玄関ドア
外壁の色、ユニットバス、キチン、トイレなど・・・を決めた後で内部の物を決めていきます。

建て方が始まるか始まらないかの時期に聞かれることは内部仕上げ材のような決め事です。
内容としては、内部建具、下駄箱、窓台、設備器具(煖房設備、照明器具、コンセントなどの位置)など

仕上げのことに関して次々と決めていくことになってきます。
その辺が決まってしまえば、最後の仕上げの材料なので少し余裕をもって決められます。

床クッション、壁、天井のクロス、玄関タイル、インターホンなど・・・
業者によっては、この辺は一度に決めてくださいと提案してくることもあります。

※内部の壁、天井の仕上げを決めるには、想像以上に時間がかかると思います。

この打合せで家の感じが全く違うものになります。決定するときは
イメージを家族全員で共有しておくようにしましょう。

打合せ記録、資料をファイリングする

打合せ記録は業者としても記録しますが、出来れば自分でも記録し、お互いに内容を照らし合わせる
といったようなことすると、お互いに確認し合えるので是非そうしてください。

また、ネットで検索した注意事項、ポイントなどの資料もスクリーンショットなどで保存したり
プリントアウトするなりしてファイリングしておくと、「なんで、こうしたんだだっけ」

「これ”最初に言ったことで、後から変えたよな」
といったようなときに確認出来たりします。

打合せ通りに工事が進んでいるか個々で確認

誰か一人を代表にして確認をしていくと、見落とす可能性もあるので
出来れば、家族で見学ついでに確認する時間を作ることをお勧めします。

打合せした通りに工事が進んでいるか?

決めたものが間違って取り付けられていないか?

器具、コンセントなどの取り付け位置の確認

打合せが終わってしまうと、後は打合せ通りに事が進んでいるかどうかの確認作業になってきます。
打合せで決めたとおりに、事が進んでいるかポイント、ポイントで確認することが大切です。

確認ポイントの時期

ここで言うポイントは、あくまでプロが検査をするポイントのお話です。
検査をするには、最適な状況があります。

細かい所までは記入しませんが参考にしてください。
みなさまには、このポイントが最適かどうかは別ですのでご了承ください。

  1. 基礎鉄筋組みあがり時(型枠を付ける前)
    確認事項 鉄筋仕様(継ぎ手長さ、かぶり厚さ、定着長さなど)
  2. 基礎コンクリート打設前
    確認事項 型枠状況、鉄筋かぶり厚さ
  3. 型枠取り外し後(埋め戻し前)
    確認事項 コンクリート出来形
  4. 建て方時
    確認事項 柱の建て入れの確認
  5. ある程度の下地が組まれて時点
    確認事項 金物の適正使用、屋根下地の確認、サッシ取付位置確認
  6. 床、壁、天井の各箇所のボードを貼る前
    確認事項 下地のピッチ、補強下地の確認、GW、シートの施工状況
  7. 仕上げ下地の確認
    確認事項 下地の状況確認、ビス等のピッチの確認

以上のようなことを確認できれば十分だと思われます。
これでも、省いていますが、実際このタイミングでこの回数を

時間を作って現場にこられるとなると来ることは難しいのではないかと思われます。
無理せずに、来られるときに来るようにしましょう。

タイミングさえ関係なくすると7回という回数は来られると思います。

まとめ

理想の家づくりのために希望はすべて反映させたいところですが、予算等の関係であったり、
希望を叶えると他が選べなくなったり、さまざまな要因がでてきて

理想と現実は必ずしもマッチするものではありません。
大切なのは、最初の希望と少し違っても実際に暮らしはじめて快適に生活ができること

家族それぞれのライフスタイルが充実することです。
そのために、納得がいくまで設計者(担当者)と打ち合わせを重ねるようにしましょう。

後悔しない家づくりを願っています。

工事現場でのリアルなつぶやき
>・・・建物を長持ちさせるために・・・

・・・建物を長持ちさせるために・・・

建物は月日の経過とともに、日々劣化していくものです、建物の状況を確認し、気になる点や破損個所があった場合、被害を広げない(修繕費用を抑える)ためにも早めに対処が必要とされます。

CTR IMG