エアコン以外で暑い夏を涼しくすごそう。

対策/チェックポイント

部屋が暑いときの対策

言うまでもないと思いますが部屋を暑くする原因は
「気温の高さ」と「湿度の高さ」です。
そのため、次の3つの対処法を行うと夏でも涼しく快適に過ごすことができます。

単純な事ですが以下に限ります。

  • 部屋の温度を下げる
  • 部屋の湿度を下げる
  • 体感温度を下げる

です。非常に当たり前のことです。

しかし、これらを上手く行うことによって効率的に暑さを軽減することができます。次から詳しくその具体的な方法をご紹介しますので、参考にしてください。

暑さ対策はエアコンを使わなくてもできる。

エアコンを使わずに出来る暑さ対策をご紹介します。
ポイントは部屋の中に「空気の流れを作ること」です。
エアコンを使用しないので経済的に有効な方法です。

扇風機をフル活用

部屋に入ると熱気がこもってもわっとしている時って多々ありますよね。

そんな時はまず扇風機を使って、部屋にこもった熱気を
外に排出することが重要となってきます。

窓から少し離した位置に扇風機を置いて、窓に向かって使用します。
できれば扇風機を二台使って、一台は首降りの状態で部屋の上方に向かって

風を送り、もう一台を部屋の外に向かって置いた状態で使用します。
すると循環した空気が外に逃げてくれるので

部屋の湿気と暑さを外に逃がしてくれます。

換気扇を使う

換気扇も部屋の中の空気を外に逃がしてくれるので有効です。
調理中も換気扇を回すことで暑い空気が外に逃げていくため

部屋の温度が上がりにくくなります。
ただし、外気温より下がることはありませんが、熱気がこもるのを

多少は軽減できるはずです。

部屋の入口は開けておく

ベランダや部屋の窓を開けておくのはもちろん
ベランダや窓に対面する部屋の入り口や玄関のドアを開けておくと

家の中の風が通りやすくなります。
空気が流れることによって体感で涼しさを感じることが出来るでしょう。

玄関のドアを開けておくときは防犯のため
必ずドアチェーンを付けたまま行いましょう。

暑さ対策には部屋の温度と湿度を出来るだけ上げないように
工夫することが最も重要となってきます。

カーテンは閉める

窓やベランダから入ってくる日光は、部屋の温度をどんどん上昇させていきます。
基本的には日光を直接部屋に取り込まなければ、温度の上昇はかなり

軽減させることが出来ます。
なので、日中でも暗くなってもかまわない場合はカーテンを閉める

窓やベランダから入ってくる日光は部屋の温度をどんどん上昇させます。
全くカーテンをしないよりもはるかに気温の上昇を防ぐことが出来ます。

ただし、風が通らないと蒸し暑いので風が通るくらいの隙間を
横5cmくらいは開けておとより効果が期待できるでしょう。

すだれを使う

カーテンと同様ですが日光の熱を遮るのに有効です。
またすだれよりも大きく立てかけて使う「よしず」も効果的です。

海の家などに立てかけてあるのがよしずですが
サイズが大きいのでマンションなどでは扱いづらいことがあります。

それに比べてすだれは小さく100均でもよく見かけるので
手軽に取り付けられたりするので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

打ち水

夕方や早朝の気温が下がっている時間帯に外に水をまきましょう。
水が蒸発するときに地面の熱を奪う「気化熱」により周辺の気温が下がります。

五感で涼しさを楽しむ

インテリアに工夫を凝らすことで、五感で感じる
「涼しさ」を演出することも可能です。

「触覚」

クッションカバーをリネンに変えてみたり、いぐさやバンブーなどの
天然素材のラグマットを使用することで肌触りが良く
蒸し暑い夏のリビングも心地良く過ごせます。

「視覚」

インタリアのアクセントにブルーやグリーンなどの
寒色系アイテムを取り入れると、目から涼を呼び込むことができます。
この季節は、インテリアショップでもガラスの器やシーグラスなどの
小物類がたくさん出てくるので、夏用アイテムとして
新しいインテリアグッズを揃えてみてはいかがでしょう。

「聴覚」

風鈴に代表されるように、澄みきった音に耳を傾けることで
心身のクールダウン効果につながります。
川のせせらぎや波音など、室内で流すBGMをサマーサウンドに
変えてみるのもオススメです。

「味覚」

キュウリ・トマト・ナスなどの夏野菜は、舌で涼感を味わえるのと同時に
ビタミンやミネラルがたっぷり含まれているため
夏バテを乗り切る栄養素も豊富です。
水分のおかげでカラダを冷やしてくれる効果も。
食べすぎには注意しつつ、食卓に旬の食材を採り入れましょう。

「臭覚」

寝苦しい夏の夜は、枕元にアロマディフューザーを置いて
ミントやユーカリなどの清涼感ある香りに包まれるのも心地良い時間
ベルガモットやネロリ、ゆずなどの柑橘系アロマには
リラックス効果があるため、暑さ疲れを癒して安眠へと誘ってくれそうです。

直接的に体を涼しくする。

保冷剤を使って涼しくなる

ケーキなどを買うとついてくる保冷剤を凍らせておき、タオルやハンカチで巻きます。それを、首の左右やわきの下に巻いておくと体が涼しく感じられます。というのも、首やわきの下には太い動脈が走っているので、この部分を冷やすと冷えた血液が全身に巡り、体温が低下するのです。

汗をかきやすい子どもをチャイルドシートに乗せるときも、この部分を冷やしてあげると汗が出にくくなりますよ。

冷水で涼しくなる

せっかくお風呂から上がっても、またすぐに汗をかいてしまったら、せっかくのサッパリした気分が台無しですよね。入浴後に汗を引かせるには、最後に足を冷水につけると効果的です。冷水によって一時的に皮膚表層の血液量が増えるので汗は出るのですが、結果的に汗の全体量を減らすことができます。

食べ物で涼しくなる

スイカやキュウリ、冬瓜など、ウリ科の野菜には体温を下げる効果があるという説があります。特に冬瓜は漢方薬に用いられるほど、利尿作用があると考えられており、むくみ取りや夏バテ対策にピッタリ。他にもトマトやなす、とうもろこしなどの夏野菜も同様です。旬のものをたくさんとることは理にかなっているのですね。また、バナナ、パイナップル、メロンなど、南国産の果物も熱を下げる働きがあるという説があるので、夏は積極的にとりいれましょう。

どうしてもエアコンを使いたいあなたへ

1~2年に1度はエアコンをクリーニングする

エアコンは使いたくないとは言え、最近は猛暑の日も多く
クーラーを使わないとあぶない日もありますよね・・・

でも、エアコンのクリーニングってなんか高く付きそうだし
クリーニングの時期が解っていても、放置し。

最近のエアコンは自動お掃除機能もついているものが多いですが
それでも1~2年に1回くらいはメンテナンスしないと

冷房効果が落ちてしまいますし、カビも増殖してしまいます。
そうわ言っても、自力で掃除するのって大変だし

素人が中まで掃除するのも壊してしまいそうで不安だと思います。
そうなると、やはりプロにおまかせするのが一番です。

ただし、金額には要注意!!

通常エアコンクリーニングの相場はお掃除機能が付いていなければ
15000万前後で、お掃除機能がついていると基本的に1万円くらい高くなります。

業者によって違ってくると思いますが。
自分は最近ダスキンに依頼しましたがお掃除機能つきでで200vのものでしたが

クリーニング以外に抗菌仕上げをしてもらい26000円程度でした。
もし、知り合いなどにクリーニング業者などしってる方が居ない場合は

エアコンクリーニングはプロにおまかせ!【ユアマイスター】

を使って探してみるのも一つの手です。

まとめ

夏の暑い時期はいろいろと体調も崩しやすい時期です。

上手に暑さ対策を行って夏を涼しく快適に過ごしましょう。

熱中症対策のためにもあまり無理はせず

エアコンも上手に使うようにしましょう。

我慢して体調を壊すようなことが無いように

体の体調と相談しながら使うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました